【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

ホームページ(Webサイト)は自社制作?外注?それぞれのメリット・デメリット

ホームページ(Webサイト)は自社制作?外注?それぞれのメリット・デメリット

ホームページ(Webサイト)を自社で制作をお考えの方もいるでしょう。ホームページを自作する場合は一定の知識や技術が求められるため、外注に制作を依頼した方が良い場合があります。
そこで今回は、ホームページ制作における自作と外注、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。まだ自社サイトを開設したことがない方や、リニューアルをご検討中の方は、ぜひご覧ください。

ホームページ(Webサイト)を自作するメリット

自社のホームページ担当者が、最初からホームページを制作する場合、費用の安さ、自由度の高さ、手軽さの面でメリットがあります。
以下では、ホームページを自作するメリットについてご紹介します。

【メリット1】費用が安い

費用が安い自社でホームページを制作する場合は、外注費がかからないため、費用が安く済みます。人件費を除くと、サーバーやドメインのレンタル料、ホームページ作成ソフトの購入費程度で済むでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【メリット2】自由度が高い

自社制作のホームページには制限がないため、デザイン・レイアウトの変更はもちろん、機能の追加も自由に行えます。作り込み次第では、自分たちが持つアイデアや要件を満たすホームページを制作できます。
目的やテーマが決まっている場合は、自作でも見栄えと使い勝手の良いサイトに仕上がるでしょう。

【メリット3】いつでも更新が可能

ホームページを外注した場合、制作会社に更新作業を依頼することが一般的です。そのため、自作する場合は、更新作業を外注に依頼する手間を省けます。
更新を簡単に行えることは、自作するメリットといえるでしょう。

ホームページ(Webサイト)を自作するデメリット

低コストで自由度が高く、更新も手軽な自作ホームページですが、メリットばかりではありません。
以下では、ホームページを自作するデメリットについてご紹介します。

【デメリット1】Webの知識・技術が求められる

Webの知識・技術が求められる前項でお伝えしたメリットを得られるのは、あくまでも社内にWebの知識・技術を持ったスタッフがいることが前提です。

1から知識・技術を習得して制作に臨むこともできますが、教育コストがかかってしまいます。また、スタッフが十分な知識や技術を身に付けていなければ、サイトの公開が遅れてしまう可能性があることもデメリットです。

 

 

 

 

 

 

【デメリット2】相談できる相手がいない

相談できる相手がいないインターネットは情報収集の手段として欠かせないツールです。例えば、お問い合わせフォームの不具合を放置した場合、企業は機会損失による打撃を受けます。

したがって、不具合発生時は早急な対応が求められますが、トラブルを自社だけで解決しなくてはならない点はデメリットです。場合によっては問題解決を外部に依頼しなくてはならず、結果的に大きな出費となります。

 

 

 

 

 

【デメリット3】知識のある担当者が離職すると更新できなくなる

ホームページの運用・管理を1人の担当者に依存している場合、担当者が離職したタイミングで大きな問題が生じます。運用できるスタッフが育っていないと、ホームページを更新できなくなるのです。

最終的に後任を立てることになりますが、「残ったスタッフの中から誰をホームページ担当に選んで教育するのか」「新たに担当者を雇い入れるのか」など、新たな課題が生まれます。

ホームページ(Webサイト)を外注するメリット

ホームページ(Webサイト)制作の知識・技術に精通したスタッフが自社にいない場合、外注業者を利用することでクオリティーの高いサイトの制作と、安全な運用・管理が可能です。
以下では、ホームページを外注するメリットについてご紹介します。

【メリット1】業務負荷を軽減できる

業務負荷を軽減できるホームページ制作会社は、Webのプロフェッショナルです。単にサイトを作るだけではなく、「自社のビジネスにとってどのような設計が必要なのか」「より効果的な集客のためにはどんな施策が必要なのか」といった点について提案をしてくれます。
発注側は出されたプランを検討するだけで済むため、ホームページ制作に関わる業務負担を大幅に軽減でき、担当業務に集中できます。

 

 

 

 

【メリット2】運用・管理を代行してもらえる

運用・管理を代行してもらえるホームページ(Webサイト)を運用するためには、制作スキル以外にもさまざまな知識が必要です。また、ホームページは一度作って終わりではなく、サーバー・ドメインなどを含めた管理も求められます。

しかし、外注に制作を依頼する場合は、煩雑な業務はすべて一任することが可能です。トラブルが発生した際は迅速に対応してくれるため、無駄な労力や時間をかけなくて済みます。

 

 

 

 

【メリット3】デザイン・機能面で品質が高い

外注業者にはプロのデザイナーやコーダー、プログラマーが在籍しています。これまでの制作ノウハウが蓄積されていることに加え、トレンドについても把握していることから、顧客にとっても自社にとっても、魅力的で使い勝手の良いホームページが完成するでしょう。

ホームページ(Webサイト)を外注するデメリット

Web制作会社に外注すれば、制作から運用まで任せられます。しかし、自作に比べて劣っている点や、不便なこともあるのです。
以下では、ホームページを外注するデメリットについてご紹介します。

【デメリット1】費用が高い

外注の使用には当然コストが発生します。ホームページ制作サービスは企業によって提供されるサービスのため、自作するよりも費用が高くなることがあるのです。また、制作だけでなく、運用・管理に関わるランニングコストについても事前に確認する必要があります。

【デメリット2】自社で自由に更新できない

自作のメリットの項目でも説明したとおり、ホームページの更新は外注先に依頼することが一般的です。わずかなテキストの更新であっても、外注を通さなければならない点はデメリットといえます。

自作と外注、結局どちらが良いの?

ここまで、自作と外注のメリット・デメリットを見てきました。費用面だけを考えれば、自作によるメリットは大きいといえるでしょう。自社に知識・技術を持つスタッフがいる場合は、自作も選択肢の1つです。

一方で、末永く安定した運用・更新を考えると、外注することには多くのメリットがあります。特にトラブルの発生時やサーバー・ドメインの管理については、プロに任せたほうが安心です。これまでにホームページを開設したことがないという方は、制作から運用・管理までをワンストップで行ってくれる外注先を見つけると良いでしょう。

おわりに

今回はホームページの制作を自社で行う場合と、外注に依頼する場合のメリット・デメリットについてご紹介しました。
ホームページを、費用をかけずに制作したい場合は、自作が向いているでしょう。しかし、初心者がホームページの更新・運用を行うことは大変手間がかかります。
費用は外注先により大きく異なるため、予算の範囲内で外注先を選んでみるのはいかがでしょうか。

「ホームページ(Webサイト)は自社制作?外注?それぞれのメリット・デメリット」に関連する記事一覧

中小企業向けレンタルサーバーおすすめランキング

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 3,800円~
容量 無制限 ※共有サーバーのため稼働状況によって制限有
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプランのおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
4
口コミ
7
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

【エックスサーバー】エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネス
総合評価
3.5
口コミ
2
月額価格 4,560円~
容量 200GB~400GB
サポート サーバー移管からお任せ可能で初心者でも安心!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】エックスサーバービジネスのおすすめポイント

1.実績多数の「エックスサーバー」によるビジネス向けサーバー
2.プロによるサーバー移転・各種設定の無料代行サービスあり
3.Webサイト高速・安定化機能の「エックスアクセラレータ」が標準搭載!

キャンペーン情報

期限
2020年8月3日(月)12:00 ~ 2020年11月26日(木)18:00
内容
B10・B20・B30プラン:12ヶ月以上のお申込みで初期設定費【無料】

注意事項
・キャンペーン期間中にお申し込みいただいたサーバーアカウントが対象

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
種類
月額料金
容量
支払い方法
セキュリティ
Webアプリ
ケーション
サポート体制
現在の
口コミ件数
84

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ

1. ワンコインから、ホームページもメールも運用可能なサーバー!
2....

公式サイトを見る

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

CPIサーバー

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール