【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

会社や法人向けのメールアドレスの作成方法

会社や法人向けのメールアドレスの作成方法

新しいビジネスを始めたり、起業した際に連絡先として必要になってくるメールアドレス。今回は、「仕事用のメールアドレスは必要?」、「会社で使うためのメールアドレスが欲しい」、「社員一人ひとりのメールアドレスが欲しい」とお考えの方向けに、会社専用メールアドレスの作成方法をご紹介いたします。

1. 会社専用のメールアドレスは「独自ドメイン」で作る

ビジネス用メールアドレスで、「社員名@会社名.co.jp」やサイトURL「https://会社名.co.jp」などの独自のアドレスを作りたい場合は、独自ドメインの取得が必要です。
ドメインとは、
サイトのURL:https://rentalsabako.co.jp/
メールアドレス:各アカウントID@rentalsabako.co.jp
このような赤文字の部分を指します。

独自ドメインを取得することで、このような会社名などが記載された専用のURLやアドレスを持つことができます。

独自ドメインのメールアドレスは、企業名や法人名のブランドアピールや、信頼度に繋がるものです。ぜひ、取得を検討してみてください。

また、独自ドメインは基本的には有料(使用料を年単位などで支払う)です。ただし、時期によってはレンタルサーバーの契約キャンペーンなどで、同時に独自ドメインを無料でプレゼントされるものなどがある場合があります。
プレゼントドメインは、サーバーにもよりますがレンタルサーバーを契約している期間中は維持費用がかからないものもあり、大変お得です。もしお得に、費用をかけず独自ドメインを利用したいとお考えなら、そういったキャンペーンを活用しましょう。

会社のメールアドレスは「.jp」?「.co.jp」?

ドメインのなかでも「〇〇.co.jp」や「〇〇.jp」などの部分をトップレベルドメイン(TDL)と言います。
トップレベルドメインとは、まず大きく一般トップレベルドメイン(gTLD)と、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)に分けられます。
そしてそのドメインの文字列はそれぞれ用途や意味を持っていることが多いのです。必ずしも、サイトの方向性とドメインの意味を合わせる必要はないですが、ドメインからサイトの内容をイメージされることも多いので、方向性を合わせるメリットはあります。

よく使われるトップレベルドメインをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

一般トップレベルドメイン(gTLD)とは

個人や、法人・企業問わず取得が可能なドメインで、比較的安いことがメリットです。 有名なものだと「.com」や「.net」「.info」などがあります。

「.com」:世界的に人気なTLDです。主に商用サービス用途を対象としていましたが現在は制限はありません。
「.net」:ネットワークを示すドメイン。どのようなサイトでも使用できます。
「.info」:情報サービス(ニュースやキャンペーン、メルマガ)などを示すドメインですが制限はありません。

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)とは

その名の通り、国を示すドメインです。日本であれば「.jp」がそれにあたります。ccTLDは用途を制限されているドメインが多く、費用も割高です。
しかし、取得が制限されているだけにサイトの信頼度はUPするメリットがあります。
法人や、企業であればこのccTLDでアドレスを作成することをおすすめします。

「.co.jp」:日本にある株式会社や、有限会社など主に企業のみが取得できるドメインです。取得には会社を日本で登記する必要があり、個人では取得できません。企業であればこちらのドメインがおすすめです。
「.ne.jp」:ネットワークサービス提供者のみが取得できます。
「go.jp」:日本の政府機関が取得できるドメインです。

こうしてみてみると、普段使っているサイトのドメインなど、なるほどと納得することがあるかと思います。
先程も申し上げたように企業であれば「.co.jp」を使うことが最も信頼度が高く、無難と考えられます。ただ、独自ドメインは年間維持費ががかかりますし、サービスの方向性とあわせて取得するのでも良いと思います。

今回は実際に「KDDIグループのレンタルサーバー「CPI」」を使ってドメインを取得しました。

2. 取得した独自ドメインをアドレスとして使うには

2-1. 独自ドメインを運用するサーバーが必要

会社専用のアドレスを使うには取得した独自ドメインのほかに、サーバーが必要となります。つまり、独自ドメインは取得しただけでは使用できないのです。
ドメインは住所、サーバーが家、メールが郵便物と例えると、住所(ドメイン)は存在しているけど、家(サーバー)がないので当然ポストもなく、郵便物を受け取れないという状態です。
ですので、独自ドメインを取得したら必ずレンタルサーバーも契約しましょう。

レンタルサーバーの運用目的が、サイト運用よりもメール運用目的であれば、セキュリティ面と、サーバーの安定性を優先してレンタルサーバーを選ぶと良いでしょう。また、メールのセキュリティサービスが充実しているサーバーもあるので、そういったサーバーを重点的に選ぶのもおすすめです。

    ドメインとサーバーを契約する方法としては、大きく以下の2つがあります。
  • 独自ドメインをドメイン販売サービスで取得してから、独自ドメインを利用できるレンタルサーバーを契約する
  • 独自ドメインとサーバーの契約を同時に行えるレンタルサーバーを利用する

既に独自ドメインを取得済みで、ドメイン取得先とは別サービスでレンタルサーバーを契約するときは紐付けるための別途設定が必要です。レンタルサーバーサービスのサイトに従って設定してください。

CPIレンタルサーバーのドメイン取得管理画面

今回の例の中でも使用している、「KDDIグループのレンタルサーバー「CPI」」では、独自ドメインの取得とレンタルサーバーに契約を同時にできるので、手間がかかりません。

2-2. 用途にあわせて会社用メールアドレスを使い分ける

例えば、「レンタル鯖子株式会社」という企業が、「rentalsabako.co.jp」という独自ドメインを無事取得したとします。
すると、
サイトのURL:https://rentalsabako.co.jp/
メールアドレス:各社員名@ rentalsabako.co.jp
というサイトアドレスとメールアドレスが生成されます。

そして今後、企業でこれらのメールアドレスを使用する場合は、「会社全体としてのメールアドレス」「サービスごとのメールアドレス」「社員個人用のメールアドレス」などのように使い分けたほうが良いでしょう。

    企業・法人のアドレスの例
  • info@ rentalsabako.co.jp(会社のサイトに載せる連絡先として)
  • shopping@ rentalsabako.co.jp(通販サイトがある場合)
  • sabako@ rentalsabako.co.jp(社員個人用として)

メールアドレスはこのように「●●●@ rentalsabako.co.jp」の●●●を自由に作成して増やすことができます。

3. メールアドレスをサーバーに追加する方法

ここではKDDIグループのレンタルサーバー「CPI」を例に、独自ドメインを契約したあと、コントロールパネルを使ってメールアドレスの追加をしてみます。今回は個人でも法人でも使用できる、「.●●●(ドメイン名).info」を取得しました。そのドメインをサーバーに追加し、「info@●●●.info」というメールアドレスを作る流れを紹介します。

3-1. サーバーに追加できるアドレス数を確認する

 

CPIレンタルサーバーのメールアカウント数

レンタルサーバーによっては作成できるメールアドレス数が20個などと制限されている場合があります。基本的にメールアドレス数は公式サイトの仕様表に記載がありますので、必ず確認をしましょう。

現在KDDIグループのレンタルサーバー「CPI」の公式サイトでは、追加できるアドレスは無制限となっています。

3-2. コントロールパネルにログインして、メールアドレスを作成しよう

CPIレンタルサーバーのユーザーポータルログイン画面

まず、ユーザーIDとパスワードを使ってユーザーポータルにログインしましょう。

 

CPIレンタルサーバーのユーザーポータル画面

ユーザーポータルにログインしましたら、「メールコントロールパネル」をクリックして開きます。

CPIレンタルサーバーのメールコントロール画面

メールコントロールパネルを開いたら、次に「メール」をクリックします。

CPIレンタルサーバーのメール管理画面

次に「メールアカウント管理(管理者用)」をクリックします。

CPIレンタルサーバーのメールアカウント管理画面

ページが移動したら、「メールアカウント新規登録・一括操作」をクリックします。

CPIレンタルサーバーのメール新規登録画面

ページが切り替わったら、「メールアカウント新規登録」欄の「アカウント名」に任意のアドレスを入力します。今回は「info@~」を作成するので「info」と入力します。

また、このメールアドレスを使用するためのパスワードも入力します。任意のパスワードを設定してください。

両方入力しましたら、「登録」をクリックします。

CPIレンタルサーバーのメール登録完了画面

「info@~」のアドレスが追加されました!

CPIレンタルサーバーのメール一覧

登録されたアカウントは、「メールアカウント管理」ページの下部、「現在の登録状況」から確認や設定ができます。

確認できたら、実際に作ったメールアドレスを使用して送受信のチェックを行いましょう。

4. 会社専用メールアドレスのメリットは?

ここまで会社用メールアドレスの作り方を紹介してきました。トップレベルドメインなど、企業や法人で使用するメールアドレスのドメインに独自の文言が使えると、それだけでも企業のアピールになります。しかし、独自ドメインは費用がかかってしまうので、取得しようか悩む方も多いかと思われます。
ですが、当サイトとしてはビジネスで利用するなら断然、独自ドメインを取得することをおすすめいたします。
最後に、各メールアドレスのメリット・デメリットをご紹介いたします。

4-1. 無料で作れるフリーメールアドレスのメリット・デメリット

フリーメールアドレスは、Yahoo!メールやGmailなどのサービスで取得できます。
フリーのメールアドレスの魅力は、なんといっても無料で取得できることです。しかし、個人利用するぶんには構わないのですが、ビジネス用のアドレスとしての利用は避けた方が無難です。

メリット
    • 無料
    • 手軽に利用できる
デメリット
  • セキュリティ面が脆い
  • 通販など、フリーメールアドレスを使用できないサイトも多い
  • 信憑性が薄い
  • 迷惑メールが多い

4-2. 独自ドメインのメールアドレスのメリット・デメリット

独自ドメインのメールアドレスは、信憑性があり、またアドレス自体が企業名や法人名のアピールツールとして活躍します。
メールアドレスの追加もできますので、様々な用途によって使い分けることができ、便利です。しかしながら、独自ドメインの契約費・維持費がかかるだけでなく、サーバーの契約費用もかかるため。費用面でのネックが多いです。

メリット
  • 好きな文字列でメールアドレスのドメインが作れる
  • メールアドレスが追加できる
  • ビジネス利用には、オリジナル性や、ブランド感がアピールできる
デメリット
  • 契約費など費用が発生する
  • 管理などはほぼ自分で行う

5. おわりに

いかがでしたか。ドメインの取得・作成はそこまで難しいものではありません。費用や、管理など多少手間がかかる部分もありますが、独自のメールアドレスは企業としての強みになりますので、この機会にぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

「中小企業の為の会社ホームページ作成方法」の関連記事

中小企業向けレンタルサーバーおすすめランキング

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 3,800円~
容量 無制限 ※共有サーバーのため稼働状況によって制限有
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプランのおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
4
口コミ
7
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

【エックスサーバー】エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネス
総合評価
3.5
口コミ
2
月額価格 4,560円~
容量 200GB~400GB
サポート サーバー移管からお任せ可能で初心者でも安心!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】エックスサーバービジネスのおすすめポイント

1.実績多数の「エックスサーバー」によるビジネス向けサーバー
2.プロによるサーバー移転・各種設定の無料代行サービスあり
3.Webサイト高速・安定化機能の「エックスアクセラレータ」が標準搭載!

キャンペーン情報

期限
2020年8月3日(月)12:00 ~ 2020年11月26日(木)18:00
内容
B10・B20・B30プラン:12ヶ月以上のお申込みで初期設定費【無料】

注意事項
・キャンペーン期間中にお申し込みいただいたサーバーアカウントが対象

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
種類
月額料金
容量
支払い方法
セキュリティ
Webアプリ
ケーション
サポート体制
現在の
口コミ件数
84

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ

1. ワンコインから、ホームページもメールも運用可能なサーバー!
2....

公式サイトを見る

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

CPIサーバー

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール