【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

個人利用におすすめ!人気のレンタルサーバー3社比較

これから個人でウェブサイト(ホームページ)を作りたい、と考えている方向けに人気のレンタルサーバーを比較しました。

ここでの個人の利用目的は以下が当てはまります。

  • 情報発信ブログ
  • アフィリエイトブログ
  • ポートフォリオサイト

今回は数あるレンタルサーバーの中でも特に人気の『ロリポップ!レンタルサーバー』『エックスサーバー』『さくらのレンタルサーバ』を比較しています。

個人利用向けのレンタルサーバーの種類は?

結論から述べると、今回のような用途であれば「共用サーバー」で問題ありません。

各サーバーの特徴を簡単に説明します。

共用サーバー

物理サーバーを複数の契約者で共有します。イメージとしては1つの箱の中を簡易的なパーテーションで区切っているような形です。

同じ箱の中のウェブサイトによる影響を受けやすく、カスタマイズ性も低いが、低コストで利用できるのがメリット。

推奨サイト規模:小~中

専用サーバー

契約者一人ひとりが、1つの物理サーバーを占有できる。イメージとしては1つの箱の中に1人しか存在しない形。他のウェブサイトの影響は受けづらく、逆も起こりにくい。

サーバーのOSなどカスタマイズできるため、大規模サイトや、アプリケーション開発などに利用される事が多い。

推奨サイト規模:中~大

仮想(VPS)サーバー

物理サーバーを仮想的に専用サーバーとして区切って貸し出している。イメージとしては1つの箱の中に、一人ひとり専用の箱がある形。物理サーバーを共有している点では共用サーバーとは似ているが、カスタマイズ性が高い。

推奨サイト規模:中~大

開発用途ではなく、個人利用でかつ小~中規模サイトの範囲である、情報発信ブログやアフィリエイトブログ、ポートフォリオサイト用途であれば、WordPressが使え、低コストで運用できる「共用」サーバーでも充分です。

① 個人向けサーバーを月額で比較する

個人利用で最も重視したいのはレンタルサーバーにかかる毎月のコストです。レンタルサーバーの利用料は基本月額制ですので、運用していくために毎月かけられるコストをきちんと考える必要があります。

コストを左右する『ディスク容量』

レンタルサーバーにはディスク容量というサーバーに保存できるデータの容量がプラン別に決められています。アフィリエイトや、ブログなどのテキストメイン+画像数枚のページで運用していくのであれば、ディスク容量はいくら必要なのでしょうか。

ディスクの種類

各サーバーのディスクの種類はHDDSSD2つに分けられます。

この場合、WordPressなどのウェブサイトを考えている場合にはなるべく『SSD』を選ぶようにしましょう。SSDは処理能力が高く、ウェブサイトの表示スピードがアップするメリットがあります。

文字数で考える容量

全角の日本語は2Bです。1GBを使用するのにはおおよそ5億文字必要なほどです。

例えると3,000文字のページが16万ページ作成できます。もちろん、そこには画像や動画など使用することも加味する必要があります。

画像で考える容量

画像の大きさはウェブサイトによって異なりますが、メジャーなサイズで例えてみます。

フルHD1920×1080)サイズのJPG画像では0.8MBが目安です。GBに換算すると0.0008GBとなりますので、フルHDサイズの画像でも容量を圧迫しないことが充分にわかります。

一般的なウェブページサイズでは

ウェブページ1ページあたり1M3Mが平均なようです。もちろん、画像やJavaScriptなど様々な要素により変動はあります。

1GBでは2Mのページは500ページほど作成できます。100GBのプランがあるとすれば、5万ページが上限になります。

動画を扱う場合は注意しましょう!

例えば自身の作品として映像作品をウェブサイトに掲載する場合、YouTubeなどにアップロードした動画へのリンクや、動画の埋め込みであればディスク容量はそこまで気にする必要がありません。
ただし、直接サーバーにアップロードしたものを公開する場合は、当然サーバー上に保存されるためディスク容量は重要となります。動画は再生時間やビットレートなどに容量が左右されますが、高画質であればあるほど容量が必要ですし、数百MBにも達することはあります。

結論

上記を踏まえると、1GB使い切るのにもかなりのコンテンツが必要であるとわかります。

各サーバーで用意されているプランは数百GB~のものがほとんどですので、最低額プランでも全然問題有りません。

実際にテキストと画像がメインの当ウェブサイトのディスク容量をみてみると、200GBのプランに対して255ページほどあり、800MBの使用量でした。

月額費用をなるべく抑えたい方向けにWordPressが使用可能となる最小金額のプランで比較してみました。

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバ ロリポップ!レンタルサーバー
プラン X10 ライト ライト
ディスク容量 200GB 100GB 100GB
種類 SSD HDD SSD
データベース数 無制限 50個 1個
月額 1,100円~(税込) 524円~(税込) 275円~(税込)

※すべて12ヶ月契約での料金で比較
※データベース数=WordPressが使用できる個数

CHECKポイント

サーバー容量はどのサーバーも充分なほどありますので、動画など扱わないのであれば気にしなくても大丈夫です。月額費用だけでみてみると、さくらのレンタルサーバとロリポップ!レンタルサーバーがお得に見えますが以下の点に注目。

ディスクの種類SSDなのはエックスサーバーとロリポップ!レンタルサーバー

データベース数WordPressを複数使用するならエックスサーバーとさくらのレンタルサーバ。とくにエックスサーバーは無制限というのがポイントです。

次にエックスサーバーの最小プラン200GBを基準に他サーバーも比較してみました。同じくらいの容量でどのくらい差があるのかわかりやすいと思います。

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバ ロリポップ!レンタルサーバー
プラン X10 プレミアム スタンダード
ディスク容量 200GB 200GB 150GB
種類 SSD HDD SSD
データベース数 無制限 100個 50個
月額 1,100円~(税込) 1,571円~(税込) 550円~(税込)

※ロリポップ!レンタルサーバーは200GBプランがないため150GBで比較

総合的にみると月額費はロリポップ!には負けますがSSD搭載で、データベース数が無制限なエックスサーバーがこの中ではハイスペックかつ低コストなためおすすめです。

エックスサーバー

エックスサーバー
月1,000円~大容量・データベース数無制限が使える!
プラン X10
容量 大容量の200GB
データベース数 無制限

初期費用に注意

契約時には月額に加えて初期費用が発生することも。

そこまで高額な費用ではないですが、想定外な請求が発生してしまった…などにならないよう、予めチェックはしましょう。

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバ ロリポップ!レンタルサーバー
プラン X10 プレミアム スタンダード
初期費用 3,000円 1,048円~ 1,500円~

200GB基準で選んだプランにおける初期費用を掲載
※プランによって初期費用は変動します

初回のみ発生する初期費用は比較要素としては不向きですが、コストをなるべく抑えたいという方もいるはず。レンタルサーバー会社では高い頻度で初期費用無料キャンペーンや半額キャンペーン等を行っていますので、そういった機会に契約するのも手です。

レンタルサーバーのお得なキャンペーンを今すぐCHECK

支払い方法でお得に

契約したいレンタルサーバーが決まったら、支払いについてもチェックしましょう。同じサーバーの同じプランを契約していた場合でも契約期間や支払い方法で安くなる場合もあります。

エックスサーバーは更新費の【支払い方法】でお得に!

X10プラン(200GB)を3ヶ月更新で1年利用の場合

手動更新:1,200円✕3ヶ月×4回…14,400

カード払い更新:1,000円✕3ヶ月×4回…12,000

→カード払いで2,400円お得!

ロリポップ!レンタルサーバーは【契約期間】でお得に!

スタンダードを(150GB1年利用した場合

3ヶ月更新:660/月…1年間で7,920

12ヶ月更新:250/月…1年間で6,600

→長期間利用で1,320円お得!

さくらのレンタルサーバは支払い方法でお得!

プレミアムプラン(200GB)を1年利用の場合

月払い:1,571/月…1年間で18,852

年一括払い:15,714

→年一括で3,138円お得!

基本的には長く利用するとお得になる仕組みですが、エックスサーバーは支払い方法による割引なので、最短3ヶ月利用でもカード払いにすることでお得になることがわかります。

最低契約期間には注意

各社レンタルサーバーには最低契約期間というものが存在します。

例えば3ヶ月間だけ公開する予定のウェブサイトに対して、最低契約期間12ヶ月のレンタルサーバーでは、残りの期間無駄に料金を支払うことになってしまいます。

契約期間が長ければ、料金はお得になる場合もありますが、運用していない期間に損をしないよう目的に合わせた期間設定をしましょう。

② サポートで比較する

レンタルサーバーを比較する際のポイントとして次に重視したいのはトラブルが起きた際のサポート力です。

自力で対応する場合、サーバーの知識がないと復旧までに数日かかってしまうこともあります。特にアフィリエイトブログ等であれば、その数日間が収益に影響する事も考えられますので、何かあった時にすぐ相談・対応してくれるレンタルサーバーだと安心です。

サポートのメリット・デメリット

電話サポート:

メジャーなサポート体制。専門オペレーターに直接話して相談できるので安心。ただし電話が集中すると繋がらない場合も…。

メールサポート:

サーバー会社のメールフォームから問い合わせるもの。基本的に24時間以内に、何らかの連絡がくる。テキストでのやり取りなので、聞き逃しがなく安心。急ぎには少し不向き。

チャットサポート:

有人チャットでの対応。営業時間内と限られているが、電話が混み合っていても繋がりやすいメリットがある。また、テキストのやり取りなので後で見返すことが可能。

各レンタルサーバーのサポートを比較しました。

サーバー エックスサーバー さくらインターネット ロリポップ!
電話サポート 受付時間 平日10:00~18:00 休止中※復旧予定 平日:10:00〜18:00
メールサポート 24時間365日受付※原則24時間内に返信 24時間365日受付※営業時間内返信 24時間365日受付
チャットサポート 平日 10:00~18:00 平日・土日: 9:30〜13:00、14:00〜17:30
その他   オンラインサポートイベント有り  

※電話サポートについては2020年現在コロナウイルス感染症によってサポートセンターがやっていない場合があります。

メールサポートについては、どのサーバーも24時間365日受付対応しているようです。

ここで注目すべきは困った時に着実にサポートを受けられるかどうかを基準に考えてみましょう。

CHECKポイント

電話サポートについてはどのサーバーも平日のみとなっていますが、日中お仕事などある場合は10時~18時の間に問い合わせを行うことは、難しい場合もあります。

この場合、土日でもチャットサポートを行っているロリポップ!レンタルサーバーが、最も安心に利用できますね。

またロリポップ!レンタルサーバーはオンラインマニュアルや動画でのマニュアルも充実しており、サーバー知識が無い方も安心して利用することができるのが魅力です。

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ
リアルタイムにスタップと話せるチャットが嬉しい。
プラン スタンダード
容量 たっぷり150GB
チャットサポート 土日も対応!

③ 無料独自ドメインで比較する

レンタルサーバー契約時には無料でフォルトドメインが付与されます。

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバー ロリポップ!レンタルサーバー
初期ドメイン サーバーID.xsrv.jp ○○.sakura. ne.jp 〇〇+104種類から選べるロリポップ!のドメイン

もちろん、このようなドメインでウェブサイトを運用しても良いのですが、任意の箇所以外は他のユーザーと同じなため、オリジナリティに欠けますし覚えにくさもあります。

独自ドメインであれば、〇〇(好きな文字列)+トップレベルドメイン(.com / .net / .net等)を組み合わせた完全オリジナルのURLが作成でき、ウェブサイトやブランドのアピールになるため、独自ドメインは取得することをおすすめします。

ただし、基本的に独自ドメインは以下のようにレンタルサーバーとは別に購入する必要があり、さらには毎年更新する必要があるため年額がかかります。

  1. ドメインサービスで別途購入し、レンタルサーバーと紐付ける
  2. レンタルサーバー契約時に一緒にドメインも購入する

後者の場合、サーバーによっては契約時の無料特典や、時期によってはプレゼントキャンペーンなど実施していますので、毎年の費用を抑えたい場合はお得なサーバーを選ぶようにしましょう。

ここでは『.com』を独自ドメインとして購入した場合の費用と比較しました。

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバー ロリポップ!レンタルサーバー
プラン X10 プレミアム スタンダード
.comを購入した場合の年額 新規:286円
更新:1,298円
1,886円
※さくらのドメイン
新規:1,160円
更新:1,480円※ムームードメイン対象
無料独自ドメイン
1契約につき1ドメイン
1年間ドメインが無料 無し 契約期間中ドメインずっと無料
補足 2年目以降有料   対象プランを12ヶ月契約する必要あり

※対象のドメインはタイミングによって異なる場合があります。
※詳しい適応条件については、公式サイトでご確認ください。

CHECKポイント

短期利用であれば、エックスサーバー。長期利用を考えている場合は契約期間中ずっと無料で使えるロリポップ!レンタルサーバーがかなりお得とわかります。

④ セキュリティで比較する

最後の比較ポイントはウェブサイトのセキュリティです。これからウェブサイト運用を考えている方は『常時SSL化』は必ず対応しましょう。

SSLとは

簡単に説明するとSSL証明書をサーバーにインストールすることで、インターネット上の通信を暗号化する仕組みのことです。インターネットブラウザのURL入力欄に🔐マークが出ているウェブサイトはSSL証明書によって保護されています。

ウェブサイトをSSL化するメリット

大きくわけて2つあります。

① セキュリティリスクの回避

SSLを導入するとインターネット上の通信を暗号化することができます。それにより、なりすましや、改ざん、入力情報の盗聴など第三者による不正を回避することができます。

SEO(検索結果での上位表示)効果

Google検索エンジンでは、SSL化しているウェブサイトを優先的に表示することをアナウンスしています。

また、Googleの提供しているウェブブラウザ『Chrome』では、SSL化していないサイトへのアクセス時に警告を表示するようになりました。

そのような警告が表示されてしまうと、サイトへ訪れようとしたユーザーは不安に感じアクセスしなくなってしまう可能性があります。

どちらも、利用者が安全に利用できるウェブサイトを提供したいGoogleの狙いです。

SSL化デメリット

SSL証明書は年間で更新費が発生するため、それがデメリットと感じる方も多いようです。

SSL化しなかった場合に起こり得るリスクを考慮すると、多少の費用をかけてもSSL証明書は購入するべきでしょう。

SSL証明書を手に入れるには?

レンタルサーバーのオプションとして申し込む方法もありますが、現在はプラン自体に無料独自SSL証明書がついてくるレンタルサーバーもあり、今回比較している3社では無料独自SSLがついてきますのでこの点ではどのサーバーもおすすめできます。

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバー ロリポップ!レンタルサーバー
無料独自SSL Let’s Encrypt Let’s Encrypt Let’s Encrypt

※独自SSLの適用には独自ドメインである必要があります。

WordPress機能で比較する

ブログや、ポートフォリオサイト用途であれば、人気のCMSである『WordPress』を検討している方も多いと思います。

WordPressはウェブサイトを構築したことが無くても、ある程度の知識があれば簡単にページを作成することができます。また、テーマと呼ばれるテンプレートをインストールすることでデザインも簡単にカスタマイズできるのが魅力です。

WordPressのインストールはすべて手動で行う方法もありますが、自動インストール機能を利用すると失敗しにくく、簡単にセットアップでき、サイトオープンまでの手間を大幅に削減することができます。

WordPressの簡単インストール機能が備わっているレンタルサーバー

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバー ロリポップ!レンタルサーバー
プラン X10 プレミアム スタンダード
簡単インストール 簡単インストール クイックインストール機能 簡単インストール
前サイトからの引っ越し(移行) WordPress簡単移行 Snapup
※機能の一部
WordPress簡単引っ越し
費用 無料 無料 無料

こちらも、どのサーバーも対応していますが使いやすさなどもっと知りたい方は以下の比較記事も参考にしてみてください。

比較:WordPressの導入のしやすさで詳細に比較

不安な場合はお試し期間を活用!

各レンタルサーバーでは無料お試し期間を設けています。メールなど、一部の機能を制限されますが、使用感やサーバの機能などは一通り試せるので、無料お試し期間を活用して決めることもおすすめです。

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバー ロリポップ!レンタルサーバー
無料お試し期間 10日間無料 14日間無料 10日間無料

比較まとめ

これまでの比較を表にまとめました。

サーバー エックスサーバー さくらのレンタルサーバー ロリポップ!レンタルサーバー
プラン X10 プレミアム スタンダード
ディスク容量/種類 200GB/SSD 200GB/HDD 150GB/SSD
月額 1,100円~(税込) 1,571円~(税込) 550円~(税込)
データベース数 無制限 100個 50個
サポート 電話 受付時間 平日10:00~18:00 休止中
※復旧予定
平日:10:00〜18:00
メール 24時間365日受付 24時間365日受付 24時間365日受付
※原則24時間内に返信 ※営業時間内返信
チャット 平日 10:00~18:00 平日・土日: 9:30〜13:00、14:00〜17:30
無料独自ドメイン
※1契約につき1ドメイン
1年間ドメインが無料 契約期間中ドメインずっと無料
無料独自SSL Let’s Encrypt Let’s Encrypt Let’s Encrypt
WordPress 簡単インストール 簡単インストール クイックインストール機能 簡単インストール
前サイトからの移行 WordPress簡単移行 Snapup WordPress簡単引っ越し
※機能の一部
費用 無料 無料 無料
無料お試し期間 10日間無料 14日間無料 10日間無料

レンタルサーバー比較なび厳選!個人利用向けのレンタルサーバー

レンタルサーバー比較なびでは、3社の中で特に『コストパフォーマンス』『機能の充実性』が備わった2つのサーバーをピックアップしました。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
4
口コミ
7
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー
総合評価
2.6
口コミ
0
月額価格 250円~
容量 100GB~
サポート メールサポート(24時間365日受付)、リアルタイムにスタッフと話せるチャットサポートなど充実したサポート体制!
サーバー種類 共有サーバー

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバーのおすすめポイント

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンスで安心できる環境づくりをサポート!
3.速さと安定性を追求し、表示スピード向上と安定したパフォーマンスを実現。

現在の
口コミ件数
82

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ

1. ワンコインから、ホームページもメールも運用可能なサーバー!
2....

公式サイトを見る

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

CPIサーバー

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール