【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

法人・ビジネス向けレンタルサーバー比較ランキング(2021年版)

公開日:2016.09.22更新日:2021.11.09

法人向けレンタルサーバーはなんといっても安定した運用ができることが重要なポイントです。格安でレンタルができても、サーバーのトラブルが多いとなると利益よりもコストがかかる事態を招きかねません。高い稼働率や、もしもの時のために万全のサポート対応をしている、バックアップ機能が充実しているなども、運用において重要なポイントと言えます。また、お客様の個人情報など取り扱う場合にはセキュリティ機能の充実も欠かせません。ここでは法人向けレンタルサーバーのおすすめランキングを掲載しています。

法人向けレンタルサーバーを選ぶ上で知っておくべきサーバーの種類

サイト運営に必要なサーバーを選ぶ時は、いくつかのサーバーの種類の中から適切なものを選ぶ必要があります。1度選んだサーバーを違うサーバーに引越し(変更)するのは、手続きや作業の手間が発生しますので、なるべく一発で選んで頂いた方がよいと思います。

適切なサーバーを選ぶため、以下の3つのサーバー種類を知っておきましょう。

  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • VPSサーバー

それぞれにどうした違いがあるかは、以下を参考にしてください。

 

共用サーバー 専用サーバー VPSサーバー
利用形態 1台のサーバーを複数ユーザーで使用します。 1台のサーバーを契約者が貸し切り(専用)で使用することができます。 1台のサーバーに仮想的に専用サーバーを設けて使用してもらう
月額料金目安 100円~3000円 3000円~10000円 350円~10000円
保守管理 ほとんど提供元が行う 契約者が行う 契約者が行う
利用する上で必要な専門知識 ほぼ必要ない 必要 必要
他利用者の影響を受けるか 受ける 受けない 受けづらい
メリット
  • コストが抑えやすい
  • 運用・保守がラク
  • 専用サーバーのため、安定稼働が図れる
  • 安定稼働を図りやすい
デメリット
  • サーバーの同居人による影響を受けて
  • 保守や運用の管理者が必要
  • 共用より高い
  • 保守や運用の管理者が必要
  • 共用より高い
利用する運営規模 小規模~中規模 大規模 小規模~大規模

法人向けレンタルサーバー(ホスティング)の選び方

レンタルサーバーは、企業を運営する上で欠かせないものの1つです。特に、個人向けとは異なり、法人向けのビジネスサーバーは多くの顧客や社員が利用することが考えられるため、セキュリティや運営のしやすさなど気を付けるべきポイントがいくつかあります。

【ポイント1】 共用サーバーか専用サーバーか

多くの法人(企業)では、共用サーバーか専用サーバーのいずれかが使用されていることが多くなっています。そのため、この共用サーバーか専用サーバーで迷う方も多いのではないでしょうか。

サービス提供の規模や安定性、厳密性が求められる場合は、共用サーバーを選ぶことは少ないでしょう。大規模や安定稼働が厳しく求められるサイトの場合は、高くても専用サーバーの契約がおススメです。

しかし、共用サーバーは比較的安価で導入できることや、専門知識が少なくても容易に利用できることなどから、社内にインターネットに精通している方がいない場合におすすめできます。

その他には、共用サーバーと同程度のコスト感や専用サーバーの近い、VPSサーバーを導入している法人もあります。VPSサーバーも専用サーバーと同じく安定性が高くスピーディーに利用できますが、やはりある程度の専門知識がないと運営できないことがネックです。

【ポイント2】サーバーの反応速度

昨今、サイトのページ表示速度は重要性が高まっていますので、サーバーの反応速度は重要です。表示速度が遅いと、モバイルユーザーはサイトから離脱する可能性が特に高いので、反応速度はビジネスの成果に直結します。また、SEOの順位決定要因の1つに表示速度が組み込まれていることも、サーバーの反応速度は必要要件といえます。

ほとんどのケースで、サーバーの反応速度は料金プランの高さに比例します。格安な料金プランは、その分だけサーバースペックが低く、高いパフォーマンスは期待できません。

サイトの成果がビジネスに直結する場合は、反応速度をサーバー選定基準に求めるとよいでしょう。

【ポイント3】 セキュリティと安定稼働

セキュリティや安定稼働の面で見れば、やはり複数のユーザーが使用する共用サーバーよりも、専用サーバーやVPSサーバーに軍配が上がります。

共用サーバーも最低限必要なセキュリティ要件を満たしていることが多いですが、求められるセキュリティ要件が高い場合は、自由度やカスタマイズ性が高い専用サーバーが推奨です。

【ポイント4】 サポート体制で選ぶ

サーバー会社によってトラブルが起こった際のサポートに違いがあります。メール対応は24時間受付しているところが大半ですが、電話サポートはその限りではありません。おすすめは、緊急時の電話サポートの受付時間が長いサーバー会社です。

セキュリティ面と相まって、トラブルシューティングをいかに素早くできるかも、法人向けレンタルサーバーの重要な要素といえます。

【ポイント5】 低料金サーバーは安い反面リスクがあることに注意する

法人向けレンタルサーバーには様々なものがありますが、あまりに低料金のサーバーは安定した稼働性に不安があるため、利用は控えた方がよいケースがあることを認識しましょう。

低料金でスペックが低いレンタルサーバーは、サーバーの反応速度が遅いので、運用者に限らずサイト利用者にページ表示速度が遅いことの不便さを提供することになります。低料金過ぎず、多少高額でも高性能で信頼できるレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。

法人・ビジネスにおすすめのレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネス
総合評価
3.5
月額価格 5,016円~79,200円
容量 300GB~4TB
サポート サーバー移管からお任せ可能で初心者でも安心!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】エックスサーバービジネスのおすすめポイント

1.実績多数の「エックスサーバー」によるビジネス向けサーバー
2.プロによるサーバー移転・各種設定の無料代行サービスあり
3.Webサイト高速・安定化機能の「エックスアクセラレータ」が標準搭載!

キャンペーン情報

期限
2021年8月10日(火) ~ 2021年10月4日(月)まで
内容
キャンペーン期間中に、新規申込みした対象のサーバーアカウント(共有サーバープラン・専用サーバープラン)

12ヶ月以上の契約で初期費用が無料!3ヶ月、6ヶ月でも初期費用が半額!
プランによってはかなりお得なこの機会をお見逃し無く!!
  • B10/B20/B30・・・16,500円(税込) → 0円
  • マネージド専用エントリー・・・220,000円(税込) → 0円
  • マネージド専用ハイエンド・・・330,000円(税込) → 0円
  • マネージド専用ハイエンド+・・・385,000円(税込) → 0円

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing
総合評価
5.0
月額価格 1,320円~5,280円
容量 300GB~500GB
サポート WordPress初心者のためのマニュアル「ワプ活」がスゴイ!
サーバー種類 共有サーバー

【GMOインターネット】ConoHa WINGのおすすめポイント

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」を獲得!
2. WordPressかんたんセットアップで契約と同時に構築が完了!
3. 最低契約期間なしで、利用が1ヶ月に満たない場合は時間割で料金もオトク

キャンペーン情報

期限
2021年12月10日(金)18:00まで
内容
Early Winter キャンペーンを開催 キャンペーン期間中、WINGパックを新規でお申し込みいただくと、ConoHa WING通常料金から最大37%OFF、月額828円からWINGパックが使えます!

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年12月9日(木)18:00 ~ 2021年12月16日(木)18:00まで
内容
エックスサーバーではキャンペーン期間中に、新規にお申し込みいただいたサーバーアカウンの初期費用が無料になるキャンペーンを実施中です!

24ヶ月以上の契約で初期費用無料!
3,300円 → 0円

それ以外の方も初期費用半額!
※3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月でご契約でも初期費用半額!
3,300円 → 1,650円

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール