【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

Python利用におすすめなレンタルサーバーを比較する

python利用におすすめレンタルサーバーを比較

Pythonを使うレンタルサーバーを選ぶ比較基準

機械学習や業務効率化に役立つPythonを使いたい時、どのレンタルサーバーで動かせるか探すのが面倒な人も多いのではないでしょうか。今回はPythonを動かせるレンタルサーバーをピックアップした上で、どのレンタルサーバーがPythonに向いているかを比較します。

Pythonに適したレンタルサーバーを選ぶ比較基準とは

レンタルサーバーが利用できる会社は色々ありますが「Pythonはどのレンタルサーバーでも使えるの?」と言われると、どれでも使えるわけではありません。また、Pythonを使えるレンタルサーバーでも、スペックや機能は様々です。

自分が必要とするレンタルサーバーを選べるように、まずはPythonに適したレンタルサーバーを選ぶ比較基準を知りましょう。

比較基準には以下があります。

  • Pythonが使えるバージョン
  • データベース
  • 定期的な作業をするためのCron

これらのレンタルサーバー比較項目について、これから説明していきます。Pythonに適したレンタルサーバーを比較するために、今回ピックアップするレンタルサーバーは以下です。

今回比較するレンタルサーバー

  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • さくらサーバー
  • CPI

Pythonが使えるバージョンで比較する

Pythonを使う場合、Pythonが使えるバージョンを知っておく必要があります。現在使われているPythonは2と3のバージョンがあります。Pythonのバージョン2は古く、バージョン3の方が新しいバージョンです。

両方使えるに越したことはないですが、新しいライブラリはPython3のみ対応していたり、古いライブラリはPython2しか対応していないこともあるので、自分がPythonで行いたいことに合わせて選ぶ必要があります。

  エックスサーバー ロリポップ さくらサーバー CPI
プラン x10 エコノミー スタンダード 共用サーバー
料金※1 1,080円 270円 524円 4,104円
ディスク容量 200GB 100GB 100GB 500GB
Pythonのバージョン 2.7/ 3.6 2.7/3.4 2.7 2.7

※1:料金は税込で12か月契約を前提とした料金です。
※対応バージョンの確認は2020年12月12日現在です。

バージョンを比較してみると、エックスサーバーとロリポップがバージョン2と3に対応しています。どちらのバージョンが必要か分からない場合は、エックスサーバーとロリポップが良いでしょう。

データベース

格納されているデータを抽出して分析したり、スクレイピングしたデータを格納するためにはデータベースが必要です。Pythonで取得したデータを登録するためのデータベースの違いを各社のレンタルサーバープランを比較しましょう。

  エックスサーバー ロリポップ さくらサーバー CPI
プラン x10 エコノミー スタンダード 共用サーバー
料金※1 1,080円 270円 524円 4,104円
mysql
登録データベースの上限数 無制限 1※2 50 5
SQLite
PostgreSQL

※対応バージョンの確認は2020年12月12日現在です。
※1:料金は税込で12か月契約を前提とした料金です。
※2:ライトプランより上位ののスタンダードプランはMySQLのデータベース上限が50になります。

各社データベースを利用することに問題はないようです。MySQLで登録できるデータベース数に違いがあるようですので、必要とするデータベース数を参考に選ぶとよいでしょう。

PostgreSQLを利用したい場合はCPIサーバーが対応しています。エックスサーバーのMySQLの登録できるデータベース数は無制限となっていますが、ロリポップやさくらサーバーも料金プランを上げれば登録無制限プランがあります。

Cron設定

定期的且つ自動でPythonを実行したい場合にはCron設定ができるレンタルサーバーを選ぶ必要があります。Cronとは、プログラミングの一種であり、プログラムをあらかじめ設定したスケジュールに従って定期的に処理を自動実行してくれるものです。

レンタルサーバーでCronの設定ができることで、定期的な作業を自動化することができます。例えば毎日15時にスクレイピングしたい時などに利用することができます。

各社のCron設定を確認しましょう。

  エックスサーバー ロリポップ さくらサーバー CPI
プラン x10 エコノミー スタンダード 共用サーバー
料金※1 1,080円 270円 524円 4,104円
Cron
設定上限※2 無制限 5 5 300

※対応バージョンの確認は2020年12月12日現在です。
※1:料金は税込で12か月契約を前提とした料金です。
※2:Cronの使用がサーバーに負荷がかかる場合、利用制限される可能性があります。

Cron設定が複数ある場合は、エックスサーバーかCPIサーバーが良いでしょう。ただしCronで実行する負荷が高い場合は、どのレンタルサーバーも利用制限が掛かる可能があります。

負荷が掛かるようなCronの実行の場合は、共用サーバー以外の方法でサーバーを選ぶ必要があります。

最終的なPythonにおススメのレンタルサーバー

  エックスサーバー ロリポップ さくらサーバー CPI
プラン x10 エコノミー スタンダード 共用サーバー
料金※1 1,080円 270円 524円 4,104円
ディスク容量 200GB 100GB 100GB 500GB
Pythonのバージョン 2.7/ 3.6 2.7/3.4 2.7 2.7
mysql
登録データベースの上限数 無制限 1※2 50 5
SQLite
PostgreSQL
Cron
設定上限※3 無制限 5 5 300

※対応バージョンの確認は2020年12月12日現在です。
※1:料金は税込で12か月契約を前提とした料金です。
※2:ライトプランより上位ののスタンダードプランはMySQLのデータベース上限が50になります。
※3:Cronの使用がサーバーに負荷がかかる場合、利用制限される可能性があります。

Python環境に最適なレンタルサーバーの比較基準を解説してきましたが、最終的におすすめなレンタルサーバーはどこなの?と言う方のために当サイトがPython実行でおすすめするレンタルサーバーを2つに絞って挙げます。

当サイトがPython利用をしたい人にオススメするレンタルサーバーは以下の2つです。

  • エックスサーバー
  • ロリポップのレンタルサーバー

それぞれのレンタルサーバーがどうしておすすめできるか解説します。

穴がない総合力のエックスサーバー

エックスサーバーは、Pythonに必要なバージョン対応、データベース、Cron設定のどの項目でも穴がありませんでした。個人法人問わず様々なWordpressで採用されている実績も考慮すると、安心して利用することができるレンタルサーバーです。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

安価だがPython実行には十分な「ロリポップ」

Pythonの利用環境をレンタルサーバーで行う場合、安価でバランスが取れているのがロリポップです。今回紹介したエコノミープランは、利用するPython環境として十分なサポートです。手始めに安くPython利用したい場合に、ロリポップはおススメです。ロリポップはプランのアップグレードも可能なので、利用したいCron設定数や必要なデータベース数が増えたときは、アップグレードが可能です。

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー
月額価格 250円~
容量 100GB~
サポート メールサポート(24時間365日受付)、リアルタイムにスタッフと話せるチャットサポートなど充実したサポート体制!
サーバー種類 共有サーバー

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバーのおすすめポイント

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンスで安心できる環境づくりをサポート!
3.速さと安定性を追求し、表示スピード向上と安定したパフォーマンスを実現。

Pythonのレンタルサーバーに関するよくある質問

Pythonのレンタルサーバーの比較基準はどんなもの?

レンタルサーバーが対応しているPythonのバージョンは最低限確認しましょう。version2と3以降では使えるライブラリが違うので注意が必要です。他にはデータベースの数を見ておくとよいでしょう。

Pythonのレンタルサーバーを便利に使うために必要な機能は?

自動でタスク(プログラム)を実行することが可能なCron設定ができるレンタルサーバーを選ぶとよいでしょう。Pythonのタスクを定期的に実行するために必要なレンタルサーバーの機能です。

Pythonのレンタルサーバーでおすすめはどこ?

当記事ではPythonを使うことができるレンタルサーバーの中から主要なレンタルサーバー会社を4社ピックアップの上で、比較しています。最適なPythonのレンタルサーバーを選ぶことができます。

現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール