【レンタルサーバー比較なび】は、共有・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

自社ホームページの集客にTwitter・FacebookなどのSNS活用は必要?

自社ホームページの集客にTwitter・Facebookは必要?

IT化が進む現在、集客手段として「自社ホームページ」の運用は欠かせません。
しかし最近は「ホームページを開設しただけでは十分な効果が得られない」「さらに集客率を向上するならSNSの活用が必須」といった声を耳にすることが多くなっています。
ではSNS活用することで、果たしてどのくらいの好影響が見込めるのでしょうか。
そこで今回は、SNSの概要や活用手順のほか、自社ホームページの集客にTwitterやFacebookなどのSNS活用をおすすめする理由についてご紹介します。

SNSについて

SNSとは?

SNSとは?SNSとは「Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」の略称で、インターネット上でユーザー同士のつながりやコミュニケーションを促進・構築するための、サポートサービスのことです。

自分の趣味や興味のあるモノ・コト、居住地域、出身校などを公開することによって、友人・知人間だけではなく、共通の趣味を持っている人や自分の公開情報に興味を持ってくれる人と、新たな交流関係を構築することができます。

 

20代のスマホ利用者のほぼ全員がSNSを利用している

総務省が2017年に発表した「情報通信白書」によると、スマートフォンの普及に伴いSNSの利用者も増加傾向にあるようで、2012年時点での利用率は41.4%と全体の半数以下でしたが、4年後の2016年には71.2%にまで上昇しています。

年代別に見ると、2016年には20代が97.7%、40代でも80%を超える利用率となっており、スマートフォンを使用している人はほぼ何かしらのSNSサービスを利用しているということが分かります。

多くの企業も複数のSNSを利用している

2016年時点で最も利用者が多いSNSサービスは「LINE」で全体の67%、次いで「Facebook」が約32%、「Twitter」が27.5%となっています。
また、最近では写真や動画投稿が主流の「Instagram」も利用率を急速に伸ばしており、個人はもちろん、多くの企業も複数のSNSにオフィシャルアカウントを持ち、日々情報を発信しています。

国民1人につき最低1台は持っているというスマートフォン。その利用者の多くが、SNSも利用しているという現状を踏まえると、自社ホームページを運営するうえで、SNSの存在は無視できないといえるでしょう。

ホームページ集客にSNSを活用するには?

ホームページ集客にSNSを活用するには?ホームページ上で有益な情報を発信しているのに、なかなか集客率が上がらないという場合は、情報がうまく拡散できていないということが考えられます。

効率よく、効果的に情報を拡散するには、SNSの利用が有効です。
前述のとおり、SNSが欠かせなくなってきている現在、集客率をアップさせるため、すでに多くの企業が複数のSNSを活用しています。
まだ活用していない場合は、競合に差を広げられないためにも、早急にSNS対策に取り組むべきといえるでしょう。

【SNS活用手順1】アカウントを作成する

SNSを活用するには、まずは企業のオフィシャルアカウントを作成します。
SNS活用に慣れていない場合、まずはリアルタイム性が非常に高く、主要SNSの中で特に拡散力に優れた「Twitter」と、世界最大のSNSであり、ビジネス活用において必要不可欠なメディアともいわれている「Facebook」にアカウントを持つことをおすすめします。
アカウント名は、SNSユーザーに会社の存在を知ってもらうためにも、社名や事業名など、分かりやすい名前で登録するようにしましょう。

【SNS活用手順2】情報を投稿する

アカウントを作成したら、早速情報を投稿します。SNSユーザーが思わず反応したくなるような、もしくはファンになりたくなるような投稿内容を意識するようにしましょう。
自社サービスや商品の情報についてはもちろん、スタッフの人柄が分かる何気ない日記のような内容も、親近感や好感度アップにつながるためおすすめです。

フォロワー数の多い人気のある企業の投稿内容としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 社内ニュース(新商品・新製品情報、求人関連情報など)
  • 自社製品や新商品などに対してユーザーの意見を求める内容
  • 自社サービスに関連したマメ知識やお役立ち情報
  • くすっと笑えるような面白い内容のニュースや時事ネタ
  • スタッフ同士が仲良く仕事をしている写真や近況報告など

これらを参考に、なるべく毎日または定期的に投稿するようにしましょう。

ホームページ集客にSNSの活用をおすすめする理由

ホームページでSNSの活用をおすすめする理由SNSをうまく活用することで、自社ホームページの集客率が上がるだけでなく、企業や商品などの認知度や売り上げアップにもつながります。
ほかにもさまざまなメリットが考えられますが、企業としてSNSを利用すべきといわれる理由は、具体的にどのようなことが挙げられるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

広告宣伝費が抑えられる

TwitterやFacebookなどのSNSは無料で利用できるため、広告宣伝費をかけずに潜在顧客への情報発信が可能となります。

また、SNSユーザーが投稿情報を見て興味を持ったり、賛同したりしてくれた場合、「いいね!」ボタンを押してくれるため、投稿した情報がどのくらいの影響力があるのかをある程度測ることができるでしょう。

さらに、投稿を見たユーザーが「リツイート」または「シェア」をすることによって、そのユーザーとつながっている友人や知人に情報がわたり、情報拡散が繰り返されます。

SNSをうまく活用することで、コストをかけず、しかも短時間・短期間で多くのユーザーに自社の存在をアピールすることができることは、企業にとって最大のメリットといえるでしょう。

顧客と双方向のコミュニケーションが取れる

SNSを通じて不特定多数のユーザーと自由にコミュニケーションを取ることができることも、メリットの1つといえます。

SNSの中でも特にTwitterやFacebookは、顧客と双方向のコミュニケーションが取りやすいため、商品やサービスに関する意見・感想など、顧客の“生の声”を調査するツールとしても利用することができます。

その情報を元に、サービスの向上や改善、新商品開発につなげることができるため、企業にとってはとても有益なマーケティングツールともいえるでしょう。

精度の高いターゲットに広告を配信できる

SNSを利用して広告を配信することも可能です。TwitterやFacebookなどのSNSでは、大量のユーザー情報が蓄積されており、その情報を合わせて条件を絞り込むことができます。
そのため、精度の高いターゲットに向けて広告を配信することができるのです。

例えば、婚活に関するサービスの広告を出したい場合、Facebookではアカウント情報に登録されている「交際ステータス」を「未婚」としているユーザーに絞って限定的に配信できます。またTwitterでは、「婚活」「お見合い」など、特定のキーワードを投稿・検索しているユーザーにターゲットを絞って、広告を配信することが可能です。

ホームページはSNS連携を意識して制作しよう!

ホームページはSNS連携を意識して制作ホームページ運用を成功させるためには、SNS活用が欠かせないということがお分かりいただけたかと思います。
そのため、ホームページ自体も、SNS連携を意識して制作する必要があります。

現在、ホームページ制作時にSNS連携サービスを実施している制作会社は数多くあり、中でも代表的なところは以下となります。

 

 

 

 

  • マザー株式会社
  • 株式会社アイ・エム・ジェイ
  • 株式会社キノトロープ
  • NTTコミュニケーションズ

「NTTコミュニケーションズ」は、SNS連携サービスのみならず、レンタルサーバー会社としてのメリットを活かしたサービスが充実しています。
サーバーやホームページ制作・運営に関する知識が無くても、簡単に利用できるようサポートも徹底しているため、SNS活用はこれからという企業でも安心して任せることができるでしょう。

NTTコミュニケーションズ ホームページ選んでつくるプラン

おわりに

今回は、SNSの概要や活用手順のほか、自社ホームページの集客にSNS活用をおすすめする理由についてご紹介しました。
近年、多くの企業が自社ホームページの運営に力を入れており、さらにホームページへの集客率を上げる手段として、SNSを活用する企業も増加傾向にあります。
SNSを通じてコストをかけずに情報提供・拡散ができるほか、顧客の声を直接拾い上げることも可能です。SNSは、企業にとって単なるコミュニケーションツールではなく、マーケティングツールとしても重要になりつつあるといえるでしょう。
ホームページ制作・開設と同時に、SNSを連携させることをおすすめします。

中小企業向けレンタルサーバーおすすめランキング

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

KDDIウェブコミュニケーションズ
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 3,800円~
容量 無制限 ※共有サーバーのため稼働状況によって制限有
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプランのおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー
総合評価
4
口コミ
7
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

【KDDI CPIサーバー】マネージド専用サーバー マネージドプラン

KDDI マネージド専用サーバー マネージドプラン
総合評価
4
口コミ
3
月額価格 30,000円~
容量 100GB~
サポート サーバー移転代行サービス無料
サーバー種類 マネージドサーバー

【KDDI CPIサーバー】マネージド専用サーバー マネージドプランのおすすめポイント

1. webとメールのサーバーを分離できるので影響を受けない快適な環境での運用が可能。
2. 初心者向けの電話サポートありで、初めてのサーバー運用でも安心して利用できます。
3. 耐久性と信頼性を兼ね備え、高速読み書き可能なSSDを搭載!

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
種類
月額料金
容量
支払い方法
セキュリティ
Webアプリ
ケーション
サポート体制
現在の
口コミ件数
78

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

無料診断 受付中!
おすすめレンタルサーバーランキング

【NTTコミュニケーションズ】Bizメール&ウェブ ビジネス

NTTコミュニケーションズBizメール&ウェブビジネス

1. レンタルサーバー初心者でも安心の24時間サポート体制!
2. 大...

公式サイトを見る

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

1. ドメイン登録サービス会社が運用しているため、ドメインの取得からサーバー手配...

公式サイトを見る
    
今月のキャンペーン
SSL GMOグローバルサインのサイトシール