【レンタルサーバー比較なび】は、共有・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

法人や会社で独自ドメインを使いたいときの取得方法

企業サイトを立ち上げる際に、最初の一歩としてドメインとサーバーの設定があります。
今回は、会社のホームページや、企業のメールアドレスを作成する時に避けては通れない「独自ドメイン」を取得する方法をご紹介いたします。

独自ドメインについて

無料ドメインと独自ドメインの違い

無料ドメイン(サブドメイン・サブディレクトリ型)

無料のブログや、無料のホームページスペースサービスでは「http://△△△(あなたのID).●●●.jp/」や「http://●●●.jp/△△△(あなたのID)/」といったサブドメイン、サブディレクトリ形式で、自身のホームページアドレスが生成されます。無料ドメイン 無料ドメインは、「http://●●●.jp」が親となり、複数人で1つのドメインをシェアしている状態です。
無料なので費用はかかりませんが、デメリットとしては、「http://●●●.jp」がサービスを終了する場合には、自身のサイトを手放さなければならないというリスクがあります。

独自ドメイン

独自ドメインとは、「http://●●●.jp」の●●●部分が、自分の好きな文字列で生成できるドメインです。 独自ドメイン 独自ドメインは有料ではありますが、自分で管理ができるため、先ほどの無料ドメインのようなデメリットはありません。

独自ドメインはどこで、どうやったら手に入る?

独自ドメインを取得するには、基本的にドメイン登録サービスを契約します。ドメインは取得しただけでは使えず、運用するためには、サーバーを用意する必要があります。
順番としては、ドメインを先に取得し、サーバーを契約する方法もありますし、サーバーの新規契約時に同時にドメインを取得する方法もあります。 また、サービスによっては、サーバーを契約時に、独自ドメインを一個付与するようなキャンペーンなどもありますので、まずはレンタルサーバーをチェックしてから決めるのがオススメです。

>>同時にドメインも取得できる人気のレンタルサーバーランキング

ドメインは売ることができます!

サイトが閉鎖、会社名が変更でドメインが不要になった場合は「中古ドメイン」として売却することができます。サイトで利用したドメインは、検索エンジンからの評価をを引き継ぎます。その評価や、さまざまな要素によって、ドメインは価値が決まります。取得年数やアクセス数、情報量などによって、買い取り価格が決まるのです。

逆に、中古ドメインは買う事もできます。しかし、リスクもあるため企業サイトにはおすすめできません。中古ドメインはサイトの評価を引き継いでいる状態で売られているため、過去のサイト(ドメインを売った側)が検索エンジンからペナルティを受けていたりすると、せっかく作ったサイト(中古ドメインを買った側)がインデックスされないなどの問題が起きる場合があります。
中古ドメインを使用する際には、過去にどのようなサイトで使用されていたのかを調べてから購入を検討するのが無難です。

企業サイト向けの独自ドメインは?

独自ドメインのメリット

企業が独自ドメインを取得すると、次のようなメリットがあります。

  1. ドメインに企業名を入れることにより、企業の認知度や、ブランディングに貢献する
  2. ドメインを取得していると、ユーザーからの信頼性に繋がる
  3. サイトを長く運営すればするほど、検索エンジンからもドメインが評価されやすくなる

独自ドメインはメールアドレスにも使えますので「社員の名前@会社の名前.co.jp」などの企業名の入ったメールアドレスを作成できます。また、企業サイトに限った話ではないですが、独自ドメインを使用していると、サイトのサーバーを移転する際にURLを変更する必要がありません。
ですので、自然についた被リンク(良質なリンク)をそのまま保つことができ、SEOの観点からも有利と言えます。

企業向けの独自ドメイン「.co.jp」

ドメインには「.com」や「.net」、「.jp」や「.org」など多様な種類が存在します。 ドメインの種類と、違いについてはこちらの記事を参考になさってください。

>> ドメインの種類について

企業サイトを作る際のドメインに特に決まりはありませんが、できる事ならば「.co.jp」ドメインで取得することをおすすめいたします。
「.jp」ドメインは国ごとに異なるドメインで、こちらは日本固有のドメインになります。個人や、法人関係なく誰でも使えるドメインです。
「.co.jp」ドメインは、日本の企業や法人のみが取得することができる専用のドメインです。
一つの組織で、一つだけ取得することができ、かつ日本国内で登記している法人であることが条件となります。※法人登記をしていない個人事業主や、非営利法人は取得ができません。
よって、信用性はかなり高いものとなります。

自営業や、個人事業の場合は、取得も楽で、低コストな「.com」を利用することをおすすめいたします。

サービスにより異なりますが、「.co.jp」ドメインは年間で3,700円前後、「.com」は1,000円程度で利用できます。

独自ドメインを取得しよう

wwwアドレス 独自ドメインを取得する前に、使用したいドメインの文字列を決めます。ドメインは企業名または、サービス名や商品名など、企業をアピールできるものを設定しましょう。

ここで簡単に独自ドメインのポイントをご紹介いたします。
  1. 簡単で覚えやすいドメインにする
  2. なるべく短いドメインにする
  3. ややこしい、他社と類似しているようなドメインは避ける
  4. 長く使用することを考えた文字列にする(例えば流行した言葉などの入力は避ける)

以上を意識しながら、ドメイン名を決めましょう。
ドメイン名が決まったら、まずそのドメインが使用できるかどうかを、ドメイン登録サイトで確認します。
確認が完了したら、ドメイン登録サイトのフォームに従って登録をしましょう。
最後に、ドメインとレンタルサーバーを連結します。各サービスサイトの指示に従って、設定してください。
※レンタルサーバーの契約内でドメインを取得した場合には、連結作業は必要ない場合があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。独自ドメインは年間で千円~数千円と、意外と費用負担が少ないと感じた方も多いのではないでしょうか。
無料ドメインは確かに費用はかからずに済みますが、企業サイトのURLとして使用するにはメリットを感じる部分はあまりありません。 さらに企業サイトは、検索エンジンでの表示順位なども集客に影響するため、SEOの観点からも、独自ドメインは取ることをおすすめいたします。

独自ドメインを取得したあとはホームページをつくりたい!という方へ

独自ドメインを取得して、これから会社・企業のホームページを作りたい、でもよくわからない…という方へ。
レンタルサーバーを提供しているNTTコミュニケーションズでは、ホームページ制作更新サービスを取り扱っています。しかもビジネス向けに特化!申込み情報を元に、デザイン・構成を提案、実際のイメージを確認しながら、サイト作成が可能です。
更にホームページ制作だけでなく、ドメイン取得・管理やサーバーの準備・管理、ホームページの更新まで、サイト運営で必要な作業を一括で任せることができます。なるべく工数をかけたくない…という方におすすめのサービスです。
2017年5月31日まで初期費用1万円引きのキャンペーンを行っており、制作・ドメイン取得・サーバー契約すべてまとめても初期費用は37,500円。サーバー費用とサイト更新を合わせた月額は5,780円ととてもリーズナブルです。

NTTコミュニケーションズのホームページ制作更新サービスはこちら

※利用にあたってはNTTコミュニケーションズ「Bizメール&ウェブ ビジネス」のレンタルサーバーの契約が必要となります

「中小企業の為の会社ホームページ作成方法」の関連記事

中小企業向けレンタルサーバーおすすめランキング

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

KDDIウェブコミュニケーションズ
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 3,800円~
容量 無制限 ※共有サーバーのため稼働状況によって制限有
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプランのおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー
総合評価
4
口コミ
7
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

【KDDI CPIサーバー】マネージド専用サーバー マネージドプラン

KDDI マネージド専用サーバー マネージドプラン
総合評価
4
口コミ
3
月額価格 30,000円~
容量 100GB~
サポート サーバー移転代行サービス無料
サーバー種類 マネージドサーバー

【KDDI CPIサーバー】マネージド専用サーバー マネージドプランのおすすめポイント

1. webとメールのサーバーを分離できるので影響を受けない快適な環境での運用が可能。
2. 初心者向けの電話サポートありで、初めてのサーバー運用でも安心して利用できます。
3. 耐久性と信頼性を兼ね備え、高速読み書き可能なSSDを搭載!

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
種類
月額料金
容量
支払い方法
セキュリティ
Webアプリ
ケーション
サポート体制
現在の
口コミ件数
78

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

無料診断 受付中!
おすすめレンタルサーバーランキング

【NTTコミュニケーションズ】Bizメール&ウェブ ビジネス

NTTコミュニケーションズBizメール&ウェブビジネス

1. レンタルサーバー初心者でも安心の24時間サポート体制!
2. 大...

公式サイトを見る

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

1. ドメイン登録サービス会社が運用しているため、ドメインの取得からサーバー手配...

公式サイトを見る
    
今月のキャンペーン
SSL GMOグローバルサインのサイトシール