【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

【2022年最新】共用サーバー比較ランキング

公開日:2022.09.12
共用サーバーランキング

個人のウェブサイトから、法人のウェブサイトまで幅広い用途で使えるおすすめの共用サーバーをご紹介します。

共用サーバーとは

共用サーバーは、1台の物理サーバーを複数人でシェアして使うサーバーのことを指します。イメージとしては賃貸マンションのように一棟の建物の中に複数の部屋がある形がわかりやすいかと思います。

共用サーバーは、レンタルサーバーの中でも圧倒的な低価格で利用でき、運用や管理はホスティング会社が行なうため、専門的知識を必要としないことから、初心者の方も安心して簡単に利用できるのが特徴です。

いますぐランキングを見る

共用サーバーを選ぶ前に確認したいこと

共用サーバーは低コストで利用できるレンタルサーバーです。ただし、低コストが故に共用サーバーの利用は、向き・不向きがあります。そのため、やりたいことが共用サーバーで実現できるのかどうかは、共用サーバーを契約する前にしっかり確認しましょう。

共用サーバーのメリット・デメリット

共用サーバーは、基本的に趣味のウェブサイトやアフィリエイトブログのような個人利用から、コーポレートサイトのような小~中規模の法人に利用されています。また、ブログやコーポレートサイト運営に導入されるWordPressのインストール機能が充実していることが多いので、初心者でも使いやすいメリットがあります。

デメリットは、共用サーバーはサーバーのシステムについて細かいカスタマイズはできないことや、1台の物理サーバーを複数人で共有しているため、同じサーバー内のサイトの影響を受けやすい・与えやすいという点は注意が必要です。

メリット デメリット
  • 初心者でも使いやすい
  • 低コストで運用できる
  • 保守・運用はホスティング会社が行う
  • 契約後、構築を待たずにすぐに使える
  • 同じサーバーを共有しているサイトの影響を受けやすい
  • OSなどのシステム関係はカスタマイズ不可能
  • 安すぎるサーバーは低スペックの可能性がある

ビジネス用途における大規模サイトなら専用サーバーがおすすめ

専用サーバーとは、1台の物理サーバーを独占できるレンタルサーバーです。

そのため、共用サーバーと異なり他サイトの影響を受けることはありません。またOSやソフトウェアなどのシステムについてもカスタマイズ性が高いが特徴です。

大規模なECサイトや、サービスサイトなど大量のアクセスが想定される場合は、専用サーバーの利用を検討することもおすすめします。

専用サーバーについてはこちら

共用サーバーを選ぶポイント

共用サーバーのメリット・デメリットを踏まえ、共用サーバーが利用目的に適しているならば、次のステップは共用サーバーの選ぶポイントを理解する必要があります。共用サーバーを選ぶポイントは以下5つがあります。

共用サーバーの選ぶポイント
  1. ディスク容量はどうか
  2. 導入コスト・ランニングコストはあっているか
  3. サーバーの表示速度・転送量は充分か
  4. WordPressの機能が充実しているか
  5. サポートは充実しているか

それぞれの選ぶポイントを解説していきます。

① ディスク容量はどうか

サーバー上のデータを保存するためのディスク容量については、レンタルサーバーの利用目的によって異なってきます。40GBで十分な場合もあれば、200GB以上必要な場合もあります。

個人のウェブサイトやアフィリエイトブログの場合

テキスト+写真などの図で構成された通常のウェブサイトを運用したい場合はあまり容量について気にしなくても良いでしょう。

全角1文字あたり2Bを目安として必要な容量を考えてみます。

例)10,000文字のテキストのみのページを作成した場合

2B×10,000=20,000B=20KB=0.02 MBの容量

テキストのみだと1MBに到達するページを作るのも相当な文字数が必要なことがわかります。使用する画像も、大きなサイズでなければおよそ100KBにも満たない場合がほとんどです。

ちなみに、Googleが快適に見ることができるページの容量として推奨している1ページあたりの容量は1.6MBです。1.6MB GBに換算すると、0.0016GBなので1GB使い切るにはおよそ600以上のページが必要です。

通常の小規模~中規模のウェブサイトであれば、今後ページが増えていくことを想定しても、最低50GBあれば充分なほどでしょう。

メールサーバーとしても利用したい場合

ディスク容量は、ウェブサイトなどのデータを保存するための「Web領域」とメールを保存するための「メール領域」の合計値で表記されていることがほとんどです。

300GB(全体)=250GBWeb領域)+50GB(メール領域)
※割り振り自由なサーバーもあります。

また、メールボックスの数によって必要なメール領域の容量が変動しますので、特に法人向けの場合は企業規模や従業員数に合わせたメール領域を充たせるレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

例)1GBのメールボックスが100人分必要な場合

1GB×100=100GB は最低でも必要

今後従業員が増える場合なども考慮して、ディスク容量に余裕のあるレンタルサーバーを選ぶのがベストです。

動画などのコンテンツがある場合

動画などの容量が大きいコンテンツについてはサイトに公開する方法によって変わってきます。You Tubeなどの動画サイトにアップロードした動画を埋め込む形であればディスク容量の逼迫は気にする必要がありません。

反対に、動画を自身のサーバーにアップロードしたい場合はディスク容量が必要になります。

例)iPhone12のデフォルト設定(1,080p HD/30 fps)で撮影した場合

1分間あたり約60MB

画質やフレームレートなどで変動はするものの、およそ16本の動画で1GBを使用することになります。

稀に動画をアップするくらいであれば、そこまで容量を気にする必要はありませんが、高画質で1分以上の動画の公開が目的だったり、動画素材販売などを目的としたウェブサイトであれば、容量は多めの方が安心です。

上位プランへの変更ができるサーバーがおすすめ

数ヶ月、数年と運用していくうちにディスク容量が足りなくなるということもあるかもしれません。その際はディスク容量を増やす必要がありますが、同じサーバーで上位プランへの変更が可能なレンタルサーバーが手続きもスムーズなためおすすめです。

ワンプラン式のサーバーでは、上限に達した場合、他のレンタルサーバーへ引っ越しが必要になり、なれない作業で手間もかかります。

現時点でどのくらい容量を使うのかがわからない…という方も、いざとなったら上位のプランへ変更できるレンタルサーバーを選ぶと良いでしょう。

② 導入コスト・ランニングコストはあっているか

コストが魅力的な共用サーバーですが、安いところでは月額100円程度から利用できるようなプランもあります。

コストは低いに越したことはないですが、あまりにも安すぎるレンタルサーバーの場合は、それなりの理由があると思ったほうが良いでしょう。

激安・無料のレンタルサーバーの特徴
  • 容量が少なすぎる
  • WordPressが使えない
  • サーバーが安定しない
  • 処理速度が遅すぎる
  • サポート体制が充分ではない
  • 機能性が低い
  • スポンサー広告が表示される(無料のレンタルサーバー)

安定したサーバーの稼働や速度、使いやすさを求めるのであればあまりにも安すぎるレンタルサーバーの検討は慎重に行いましょう。

導入コスト

共用サーバーの導入コストとして初期費用が発生するレンタルサーバーもあります。価格帯としては1,000円~3,000円と幅がありますが、頻繁に新規契約キャンペーンの特典として初期費用無料となるサービスも多いため、なるべくコストを抑えたい方はタイミングを見逃さないようにしましょう。

ランニングコスト

レンタルサーバーのランニングコストは通常プランで月額1,000円~2,000円くらいを見込んでおくと良いでしょう。

先程も説明したように、安すぎるサーバーには不安要素が多く存在します。1,000円~2,000円前後であれば、容量も充分でサーバー稼働も安定しているレンタルサーバーを契約できます。

法人向けの場合は月額3,000円~で、サーバー監視やバックアップなど、いざという時のサポートが充実しているレンタルサーバーをおすすめします。

③ サーバーの表示速度・転送量は充分か

サービスサイトやアフィリエイトブログなどアクセス数が重視されるサイトを運用する場合は、サイトの表示速度が速いレンタルサーバーがおすすめです。

サイトの表示速度を重視する理由
  • 表示が遅いウェブサイトはユーザーの不満につながり、離脱されやすい
  • 検索エンジン【Google】は、ページの表示速度をサイト評価の指標にしている

このような理由から、表示速度が速いウェブサイトは訪問ユーザーの満足度に直結し、検索結果(SEO)において良い評価を得やすい傾向にあります。

表示速度が速いレンタルサーバーを選ぶポイントは大きく2つあります。

1. スペックや特徴をチェックする

まずはレンタルサーバーのスペックが以下の条件を充たしているかどうかをチェックしましょう。

  • 表示速度への取り組みを大々的に謳っている
  • ディスクがオールSSD/RAID10仕様である
  • Webサーバーソフトウェアに処理の早いLiteSpeedかNGINXを使用している
  • コンテンツキャッシュ機能やブラウザキャッシュ機能が充実している

2. 転送量をチェックする

転送量とは、レンタルサーバーにおけるデータの通信量のことを指します。

転送量とは

ウェブサイトにアクセスがあると、サーバーはウェブサイトの情報(テキスト・画像・動画etc)を訪問ユーザーへ送信します。その際に発生するのが転送量です。

転送量はページの容量とアクセスの数の分だけ発生します。アクセスが多ければ多いほど転送量も比例して増えるため、大量のアクセスでも安定してコンテンツを表示するには使える転送量に余裕のあるレンタルサーバーを選ぶようにしましょう

およそ3MBのページに1日のアクセスが10,000PV見込めるウェブサイトであれば、最低でも必要な転送量は以下になります。

1日に必要な転送量

3MB×10,000PV=30,000MB=30GB/日

レンタルサーバーの転送量はサービスやプランごとに1日あたりの目安が設定されていますが、最低でも900GB/日前後~が多いようです。

スペック表にて『転送量:無制限』と記載されている場合でも、おおよその目安は設けられていることが多くありますから見落とさないようにしましょう。

転送量が足りない場合に起こりうる問題
  • 転送量に制限がかかり、ページの表示が遅くなる
  • ウェブサイトへアクセスできなくなる(サイトが落ちる)
  • あまりにも転送量が多いとホスティング会社から警告がくる

今後アクセスが増えた場合でも安定したパフォーマンスができるレンタルサーバーを選びましょう。

④ WordPressの導入機能が充実しているか

WordPressを使ったウェブサイトを作りたい場合は、以下の機能が標準搭載されているレンタルサーバーがおすすめです。

おすすめのWordPress機能
  • WordPressかんたんインストール機能
  • WordPress移行機能

WordPressを使うには、サーバーにWordPressをインストールする必要があります。インストールは手動で行なうこともできますが、複雑な設定も多いため特に初心者にとってはおすすめできません。

WordPressをかんたんにインストールしてくれる機能があれば、必要な項目を入力する程度であとは自動でお任せできます。エラーなども起きにくく、なによりインストールにかかる時間も短縮できますよ。

⑤ サポートは充実しているか

レンタルサーバーやウェブサイトになんらかのトラブルが起こった際の対応や、サーバーの使い方がわからない時のサポート体制もレンタルサーバー選びにとって重要なポイントです。

ほとんどのレンタルサーバーでは、電話サポート窓口があるものの集中して繋がらないことが多くあります。その場合はチャットサポートなど、電話以外で迅速に対応してくれるような問い合わせ窓口があるレンタルサーバーは心強いです。

また、契約者自身が自己解決できるようにマニュアルに力を入れているレンタルサーバーがおすすめです。例えばテキストだけでなく動画マニュアルも用意されているようなレンタルサーバーであれば、より操作方法などわかりやすいため特に初心者の方は重視したいポイントです。

法人向けのレンタルサーバーであれば、お問い合わせサポートのほかにオプションとしてウェブサイトの改ざん検知や設定代行などのサポートサービスがあるサーバーがおすすめです。

おすすめの共用サーバーランキング

これまでのポイントや機能などを比較した結果、共用サーバーのおすすめは以下になります。

レンタルサーバー   ポイント おすすめプラン ストレージ 初期費用 月額費用(1ヶ月換算) 最安月額費用(1ヶ月換算) 転送量目安 WordPress
簡単インストール
WordPress
簡単移行
サポート
【GMOインターネット】
ConoHa WING
詳細を見る WordPressが契約と同時に構築完了する、初心者に一押しのサーバー WINGプラン 300GB(SSD) 無料 ~1,320円(1ヶ月毎契約) 740 円(36ヶ月毎契約) 約900GB/日 ・電話
・メール
・チャット
【エックスサーバー】
エックスサーバー
詳細を見る 処理速度も速く、定番の人気レンタルサーバー スタンダード 300GB(SSD) 無料 1,320円(1ヶ月毎契約) 990円(36ヶ月毎契約) 約900GB/日 ・電話
・メール
【GMO ペパボ】
ロリポップ!レンタルサーバー
詳細を見る 初心者、かつコストも抑えたい欲張りさんにおすすめの老舗サーバー。 ハイスピード 350GB(SSD) 1,500円 1,320円(1ヶ月毎契約) 550 円(36ヶ月毎契約) 約1,000GB/日 ・電話
・メール
・チャット
【カラフルラボ】
カラフルボックス
詳細を見る プラン変更の自由度が高く、アダルトサイト利用が可能なサーバー BOX2 300GB(SSD) ・無料(3ヶ月以上契約)
・2,200円(1ヶ月契約)
1,452円(1ヶ月毎契約) 968円(36ヶ月毎契約) 約600GB/日 △有料 ・電話
・メール
・チャット
LINE
【さくらインターネット】
さくらのレンタルサーバ
詳細を見る 最近SSD実装へ。下位プランも安いためコスト重視ならおすすめ。 プレミアム 200GB(SSD) 1,048円 1,571円(1ヶ月毎契約) 1,310円(12ヶ月毎契約) 約800GB/日 ・電話(休止中)
・メール
・チャット
【お名前.com】
お名前.comレンタルサーバー
詳細を見る ワンプランでわかりやすいレンタルサーバー 300GB(SSD) 無料 1,430円(1ヶ月毎契約) 990円(36ヶ月毎契約) 約900GB/日 ・電話
・メール
・チャット(休止中)
【エックスサーバー】
Xserverビジネス
詳細を見る 人気のレンタルサーバーのビジネスプラン。安定したサーバー稼働を求める方におすすめ。 スタンダード 300GB(SSD) 16,500円 5,016円(1ヶ月毎契約) 3,762円(36ヶ月毎契約) 約900GB/日 ・電話
・メール
【KDDI CPIサーバー】
SV-Basic
詳細を見る 大手KDDIが提供のビジネス向けレンタルサーバー 500GB(SSD) 22,000円 4,840円(3ヶ月毎契約) 4,180円(12ヶ月毎契約) 目安非公開 ・メール
・チャットボット”
【NTTコミュニケーションズ】
Bizメール&ウェブ ビジネス
詳細を見る 大手NTTが提供のビジネス向けレンタルサーバー。WordPress機能が少ないため玄人向き。 80GB(不明) 3,300円 6,270円~(1ヶ月毎契約) 6,270円~(1ヶ月毎契約) 約2.5GB/日 ・電話
・メール
【GMOクラウド】
iCLUSTA+
詳細を見る GMO提供のビジネス向けレンタルサーバー。メールアドレス数などに制限がついている分安い。 ミニ 300GB(SSD) 5,500円 1,446円(1ヶ月毎契約) 1,027円(12ヶ月毎契約) 制限無し △有料 ・電話
・メール

上位3つのレンタルサーバーに関して、ご紹介いたします。

第1位:ConoHa WING

conohawing
月額 ~1,320円(1ヶ月毎契約)
容量 300GB(SSD)
転送量 約900GB/日
表示速度機能 ・Nginx
・コンテンツキャッシュ機能
・ブラウザキャッシュ機能


ConoHa WINGのおすすめポイント

  1. 契約と同時にWordPressがインストール。設定の手間なくすぐに使える!
  2. わかりやすいコントロールパネルとマニュアルで初心者におすすめ
  3. 表示速度改善のための機能や仕様で爆速表示が可能。
  4. 上位プラン⇔下位プランの変更ができるからコストも無駄なく調整できる!
  5. 契約期間が1ヶ月に満たない場合は時間課金でオトクに使える

ConoHa WINGはGMOインターネットが提供する、「時間課金制」のレンタルサーバーです。
レンタルサーバーというえば月額制が定番です。例えば一時的にしか使わないという場合に、初期費用+1ヶ月分の料金を払わなければいけないのは、ややもったいないと感じる方も多いのではないでしょうか。
ConoHaは、ベーシックプランであれば1時間2.2円から使う事ができます。1ヶ月は使わない、でも一時的に必要であるというシーンにぴったりです。

また、WINGパックという長期利用割引を活用することで、独自ドメインが2つ契約中は永年無料で使えることも大きな魅力となっています。

ConoHa WINGは、契約と同時にWordPressのインストール・構築も行なうことができるため、契約完了時点でWordPressがサーバーにインストールされた状態から利用開始できるのも大きなメリットでしょう。特に難しい手続きも不要なため、初心者でも安心してインストールを完了することができます。


ConoHa WINGはどんな口コミが多い?

SNSなどの口コミを見ていると、エックスサーバーに不満があるユーザーが乗り換えていることが多いようです。エックスサーバーでは『遅い』と感じていた表示速度もConoHa WINGに移行することによって改善したなどの口コミが多く見受けられました。


第2位:エックスサーバー

エックスサーバー
月額 1,320円(1ヶ月毎契約)
容量 300GB(SSD)
転送量 無制限
表示速度機能 ・Nginx
・Xアクセラレータ Ver.2(静的ファイルキャッシュ+PHPの高速化)
・KUSANAGI


エックスサーバーのおすすめポイント

  1. 安定性が高く、高速なサーバーを求めている人におすすめ
  2. 高速のWordPress実行環境を実現する「KUSANAGI」を導入
  3. 共用サーバーにありがちな他ユーザーの影響を受けづらい「リソース保証機能」があるから安定した稼働が可能
  4. エックスサーバー独自の「Xアクセラレーター Ver.2」でウェブサイトのパフォーマンスを向上
  5. サーバーのスペックアップやサービス向上が頻繁に行われている

エックスサーバーは個人・法人問わず利用者が多い、老舗のレンタルサーバーです。
老舗が故にコントロールパネルのデザインが少し古く、レンタルサーバーの利用が本当に初めてという方には直感的な操作は難しいかもしれませんが、お試し期間を活用してその操作性をみてみるのも良いでしょう。

エックスサーバーはサーバーの速度向上に力を入れており、その中の1つの取り組みとして「KUSANAGI」の導入があります。KUSANAGIはWordPressを始めとしたCMSを実行するための仮想環境で、キャッシュとは異なりCMSのパフォーマンスそのものを高速化することが可能です。そのKUSANAGIを無料で使えるのはエックスサーバーのおすすめポイントと言って良いでしょう。


エックスサーバーはどんな口コミが多い?

SNSなどの口コミを見ていると、エックスサーバーはやはり新規契約ユーザーが多いようで、ブランド力があるため人気なようです。一方でロリポップとエックスサーバーとで迷っているユーザーもおり、初期費用+月額1,000円付近だと少しコストが高いと感じるユーザーもいるようです。

初期費用に関しては、キャンペーンで無料や半額になっている場合が多いので、エックスサーバーを契約したい方はキャンペーンを見逃さないようにしましょう。


第3位:ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー
月額 1,320円(1ヶ月毎契約)
容量 350GB(SSD)
転送量 約1,000GB/日
表示速度機能 ・LiteSpeed
・ロリポップ!アクセラレータ
・モジュール版PHP


ロリポップ!レンタルサーバーのおすすめポイント

  1. 毎月低予算でサイトを運用したい人におすすめ
  2. 長期利用期間が長ければ長いほど、月額換算費用はお得に、36ヶ月更新で550円!
  3. Webサーバーソフトウェアに「LiteSpeed」を採用しているからスピーディーなウェブサイト表示が可能
  4. 初心者向けのマニュアルの他、レンタルサーバーの基本がわかるコンテンツが充実

「ナウでヤングなレンタルサーバー」のキャッチコピーで知られるロリポップ!レンタルサーバーはGMOペパボが提供する低価格の共用サーバーです。
ロリポップ!のサービスが始まった当初はビジネス向けの高価格帯レンタルサーバーがほとんどでしたが、ロリポップ!が個人向けのレンタルサーバーの先駆けとも言える低価格のレンタルサーバーを提供したことでいわゆる個人サイトを持つユーザーが増えるきっかけを作ったとも言えます。

ブランドリニューアルをしましたが今でもそのコンセプトはあるようで、低価格から使えるプランが充実しています。低価格プランではなく、ハイスピードプランをおすすめしたい理由としてはwebサーバーに「LiteSpeed」を採用しているのがこのプラン以上になるためです。
その他にも自動バックアップが無料(復元は有料)になるなど、ロリポップのプランの中でコスパが良いのはハイスピードプランとなっています。


ロリポップ!レンタルサーバーはどんな口コミが多い?

ウェブ上の口コミを見ていると、やはり低価格という面に定評があるようでした!またハイスピード以下のプランでは【WordPressが使えないこと】や、【表示速度が遅い】といった意見も見受けられ、コストを優先しすぎることのデメリットについても意見が多いようです。ロリポップ!レンタルサーバーを契約するのであればやはりハイスピード以上を選ぶようにしましょう。


まとめ

共用サーバーランキングと、その中でもおすすめな上位3サービスをご紹介しました。
みなさまの初めてのレンタルサーバー、ウェブサイト運用の参考にしてください。

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing
総合評価
5.0
月額価格 1,320円~5,280円
容量 300GB~500GB
サポート WordPress初心者のためのマニュアル「ワプ活」がスゴイ!
サーバー種類 共有サーバー

【GMOインターネット】ConoHa WINGのおすすめポイント

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」を獲得!
2. WordPressかんたんセットアップで契約と同時に構築が完了!
3. 最低契約期間なしで、利用が1ヶ月に満たない場合は時間割で料金もオトク

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
① ~2022年9月30日(金)18:00まで
② ~2022年8月25日(木)18:00まで
内容
① 19周年ありがとうキャンペーン
対象サービスをご利用中の方、もしくは期間中に新規契約する方を対象にiPadやNintendo Switchなど抽選で豪華賞品をプレゼント!

② キャッシュバックキャンペーン
12ヶ月以上の契約で利用料金が実質半額に!
より長期のご契約ほどキャッシュバック金額がアップするこの機会をお見逃しなく!
人気のスタンダードプラン300GBの場合
12ヶ月契約→ 6,600円 キャッシュバックで【実質550円/月】
24ヶ月契約→ 12,540円 キャッシュバックで【実質522円/月】
36ヶ月契約→ 17,820円 キャッシュバックで【実質495円/月】


【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー
総合評価
4
月額価格 110円~
容量 20GB~1TB
サポート メールサポート(24時間365日受付)、リアルタイムにスタッフと話せるチャットサポートなど充実したサポート体制!
サーバー種類 共有サーバー

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバーのおすすめポイント

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンスで安心できる環境づくりをサポート!
3.速さと安定性を追求し、表示スピード向上と安定したパフォーマンスを実現。

【カラフルラボ】カラフルボックス

カラフルボックス
総合評価
2.5
月額価格 528円~23,078円
容量 150GB~1,000GB
サポート 充実したサポートサイトと電話・メールサポート(24時間受付)、ライブチャット完備!
サーバー種類 共有サーバー

【カラフルラボ】カラフルボックスのおすすめポイント

1.レンタルサーバーでも安心の「地域別自動バックアップ」を標準搭載!
2.充実の8プラン! 低コストでSSDを搭載した高速・高スペックサーバーが使える!
3.Webサイトの安全を保つ最新の診断技術で、サイトのリスクを“自動”で対処するWebセキュリティ!

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ
総合評価
4.0
月額価格 524円~4,714円
容量 10GB~500GB
サポート チャットでリアルタイムに相談できる
サーバー種類 共有サーバー

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバのおすすめポイント

1. レンタルサーバー業界でも老舗のレンタルサーバーがワンコインから利用可能
2. クイックインストール機能で、WordPressを始めとしたCMSのアプリケーションが簡単操作で導入可能
3. 無料CDN付きプランでサイトの高速表示ができる!

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール