【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

独自ドメインの取得におすすめのサービスを比較!

公開日:2021.06.09更新日:2021.06.10
独自ドメイン取得におすすめなサービス

これからウェブサイトを立ち上げるのに独自ドメインを取得したい方におすすめのドメイン取得サービスをご紹介します。

記事の最後に、独自ドメインをお得に手に入れる方法をご紹介していますので、是非最後まで読んでみてくださいね。

ドメインとは

ドメインという言葉はなんとなく知っているという方は多いと思いますが、ここでは改めてどのような役割があり、どんな種類があるのかを整理したいと思います。

ドメインの役割

ドメインはズバリインターネット上の住所のような役割を果たします。ウェブサイトを作ったり、メールサーバーを立ち上げるための【サーバー】は家で、【ドメイン】は住所になります。

言い換えると、【サーバー】と【ドメイン】の両方が無いと、ウェブサイトの公開もメールもできません。

トップレベルドメイン(TLD)とは

ドメインにはトップレベルドメイン(TLD)と呼ばれる部分があります。

赤文字の箇所がトップレベルドメインです。

△△△.net
△△△.com
△△△.jp

トップレベルドメインにはgTLD(Generic Top Level Domain)やccTLD(Country Code Top Level Domain)などがあります。

gTLDとは

分野別トップレベルドメインと呼ばれ、そのカテゴリに該当しているのであれば世界中のどの地域からでも使用する事ができます。

gTLDの一例

gTDL用途対象
.com商業組織用個人・企業関係なく世界中のだれでも取得可能
.netネットワーク用個人・企業関係なく世界中のだれでも取得可能
.info制限なし個人・企業関係なく世界中のだれでも取得可能

ccTLDとは

国別トップレベルドメインと呼ばれ、国や地域ごとに割り当てられたドメインです。gTDLと異なり、その地域に住んでいる(住所がある)個人や、企業のみが使用することができます。日本でのccTLDは「jpドメイン」が該当します。

jpドメインの一例

ccTDL分類対象
.jp汎用JPドメイン個人・企業関係なく、日本に属する場合取得可能
.tokyo.jpなど都道府県型JPドメイン個人・企業関係なく、日本に属する場合取得可能
co.jp/ac.jp/go.jpなど属性型・地域型JPドメイン日本に属する企業・大学・政府など特定の組織が取得可能

条件によっては申請などの手間が発生する場合がありますが、裏を返せばその手間をかけてまでドメインを取得した信頼のできるサイトという証明にもなります

わかりやすいのは「co.jp」ドメインですが、申請時に企業情報を入力する必要があるため、取得しているだけでも信頼できる企業であるというアピールができます。日本企業の90%以上が使用しているため、ビジネス用途では取得はほぼ必須と言えます。

その他のドメインでも、サイトの属性に合わせてドメインを選ぶことはとても重要になります。

独自ドメインの重要性

ウェブサイトを立ち上げたいから「独自ドメイン」を取ろう!と考えている方は多いと思いますが、そもそも独自ドメインがなぜ重要なのかを簡単に解説します。

まず、ドメインには無料の「共有ドメイン」と有料の「独自ドメイン」の2種類があります。

共有ドメインとは

無料のレンタルサーバーや有料のレンタルサーバーでタダで付いてくるドメインは、初期ドメインとも呼ばれる共有ドメインです。

人気のサーバーの共有ドメインを見てみましょう。

レンタルサーバードメインサイトURL例メールアドレス例
エックスサーバー◯◯◯.xsrv.jphttps://www.◯◯◯.xsrv.jp△△△@◯◯◯.xsrv.jp
ロリポップ!レンタルサーバー◯◯◯.moo.jp 等https://www.◯◯◯.moo.jp△△△@◯◯◯.moo.jp
さくらのレンタルサーバ◯◯◯.sakura.ne.jphttps://www.◯◯◯.sakura.ne.jp△△△@◯◯◯.sakura.ne.jp

◯◯の部分は個別に割当てられた数字や、自由に設定できる文字列などになります。わかりやすく例えると、共有部分はマンション名でそれぞれ部屋番号が割り振られているイメージです。

共有ドメインのメリットはなんと言っても無料なので費用がかからないことです。

デメリットとしてはドメイン自体は他人と共有していますので独自性がないという点です。趣味のウェブサイトなどで、特にURLで独自性を出したい!などのこだわりがない方は問題ないですが、企業サイトやブランドサイトなどブランディングを重視するのであれば避けるべきドメインとなります。また、サービスサイトやECサイトなどのウェブ集客も注力されたい方は、共有ドメインはSEOに向いておらず、おすすめできません

SEOに向いていない理由としては、ドメインを共有している他サイトがGoogleからペナルティを受けた場合に自身も被害に合う可能性もあるということや、Googleの検索結果は多様性を持たせるため、同ドメインから2ページまでしか表示しない傾向があるというのが大きなポイントです。

独自ドメインとは

独自ドメインは好きな文字列で作れる有料のドメインとなります。先程の、「https://www.◯◯◯.xsrv.jp」の「xsrv」などが含まれない、完全にオリジナルな「https://www.◯◯◯..jp」の形が作れます。

独自ドメインは世界で一つだけのものですので、ブランディングにも役立ちますし、SEO対策にも強いメリットが有ります

独自ドメインは初回の取得費用、年単位で更新費用が発生します。有料にはなりますが、無料の共有ドメインよりも得る効果は格段に違います。よほど費用をかけたくない場合や、検索結果での露出は気にしない(検索される必要がない)などの場合でない限りは取得することを推奨します。

ドメインの取得方法

独自ドメインの取得方法は主に2つあります。

  • レンタルサーバー契約時に、同時に取得する
  • レンタルサーバーとは別にドメイン販売会社で取得

レンタルサーバー契約時に同時取得する

レンタルサーバー契約時に独自ドメインに取得できるサービスのメリットは、別で独自ドメインを取得する手間が発生しないことです。

また、サーバーによっては契約時に必ず独自ドメインを1つもらえる契約特典つきのサービスもあります。(※契約条件による)
必ずもらえなくても、プレゼントキャンペーンなどが年に数回開催される場合もあります。

サーバーの契約期間中は取得費用~更新費用が割引されるメリットがありますので、そういったレンタルサーバーを契約するのもオススメです。(キャンペーン内容により異なる)

ドメイン登録サービスで取得する

レンタルサーバー契約とは別で、ドメイン登録の専用サービスを利用する方法もあります。ドメイン同時に取得できないレンタルサーバーなどの場合や、同じレンタルサーバーで別のドメインを複数運用したい場合などは、この方法で取得することが多いです。

ドメイン登録サービスのメリットは、特典ドメインにはないトップレベルドメインを取り扱っていたり選べるドメインの豊富さです。

また、中古ドメインも扱っているサービスもあるため、素早くSEO対策をしたい場合に活用できます。ただし中古ドメインには良し悪しがありますから、購入前の調査は必ず行うようにしましょう。

ドメイン登録サービスの選び方

レンタルサーバーとは別にドメインを取得する予定の方向けに、ドメイン登録サービスを選ぶポイントをご紹介いたします。

ポイント
  1. 費用(初回取得費用・更新費用)
  2. Whois公開代行
  3. トップレベルドメインの種類

ドメインにかかる費用

ドメインの取得には【初回の取得費用】【毎年の更新費】とお金がかかります。費用に関してはサービスによって異なります。中でも見落としがちなのは、初回の取得費用が格安で、更新費用のその数倍かかるパターンです。ですので、特に【毎年の更新費】は必ずチェックをしましょう!

ドメインの更新は基本的に年単位ですので月々の負担にはなりにくいですが、少しでもコストを下げたい場合は更新費も安いサービスを選びましょう。

Whois公開代行

Whoisというのはそのドメイン登録者が誰であるかの個人情報になります。Whoisは、誰でも調べることができます。そのため個人サイトの場合は、個人情報を他人に見られてしまう可能性もあるのです。

Whois公開代行サービスがあると、そのドメイン登録者情報をドメイン登録サービス会社のものに書き換えてくれるのです。

※「co.jp」には使用できません。

トップレベルドメインの種類

gTLDは過去は22種類までしか存在していませんでしたが、現在はその枠が広がり様々なトップレベルドメインが存在します。

無難な「.com」を使うのもアリですが、例えば写真のギャラリーサイトを作りたい方であれば「.photo」というトップレベルドメインだとよりウェブサイトのテーマ性が伝わりやすいですよね。ブログであれば「.blog」ショップであれば「.shop」というようにサイトのテーマに合うドメインを使いたい場合は種類にも注目しましょう。

ちなみに「△△△.com」は既に使われていた場合でも、「△△△.blog」はまだ使われていないように、トップレベルドメインが異なれば取得できるドメインもあります。

おすすめドメイン取得サービス

最後に、おすすめのドメインサービスをご紹介いたします。

どのサービスも関連サービスとしてレンタルサーバーも提供していますので、サーバー未契約の方はそちらも是非チェックしてみてくださいね。

お名前.com

取り扱いドメインが500種類以上(2021年6月時点)のお名前.comは、その豊富さから目的に合ったドメインがきっと見つかります。人気のドメインが最安1円~取得可能です。

トップレベルドメイン取得費更新費サーバー同時契約特典
.com1円1,408円対象
.jp80円~1,309円~対象外
.co.jp4,020円5,720円対象外

Whois情報公開代行

1ドメインにつき 1,078円/年

お名前.com公式サイト

ムームードメイン

取り扱いドメインは400種類以上(2021年6月時点)のムームードメインはあのロリポップ!レンタルサーバーを提供しているGMOペパボのサービスです。

トップレベルドメイン取得費更新費サーバー同時契約特典
.com983円1,628円対象
.jp1,320円3,344円対象外
.co.jp4,378円4,378円対象外

Whois情報公開代行

1ドメインにつき1,320円 / 年

ムームードメイン公式サイト

XServerドメイン公式サイト

取り扱いドメインは70種類以上(2021年6月時点)で、お名前.comよりも少ない印象ですが、他のサービスと異なってWhois情報公開代行が無料であるところは大きなメリットとなります。

トップレベルドメイン取得費更新費サーバー同時契約特典
.com1円1,298円全プラン対象
.jp380円3,102円X20~対象
.co.jp4,136円4,136円X30のみ対象

Whois情報公開代行

無料

XServerドメイン公式サイト

各ドメイン取得サービスまとめ

トップレベルドメインお名前.comムームードメインXServerドメイン
.com取得:1円
更新:1,408円
取得:983円
更新:1,628円
取得:1円
更新:1,298円
.jp取得:360円~
更新:3,124円~
取得:1,320円
更新:3,344円
取得:380円
更新:3,102円
.co.jp取得:4,020円
更新:5,720円
取得:4,378円
更新:4,378円
取得:4,136円
更新:4,136円
Whois情報公開代行
※1ドメインあたり
1,078円/年1,320円/無料無料
レンタルサーバーお名前.comレンタルサーバーロリポップ!レンタルサーバーエックスサーバー
※2021年6月時点の価格

無料で独自ドメインを取得する方法は?

ズバリ、レンタルサーバーの契約と同時に取得することをオススメします。
ですので、レンタルサーバーを探している段階から特典に独自ドメインが付与されるのか?適用条件はなんなのか?を確認するようにしましょう!!

お得にドメイン取得もできるレンタルサーバーまとめ

お名前ドットコムレンタルサーバー

お名前ドットコムレンタルサーバーを契約することで無料になるドメインは以下になります。
ドメインのなかでも利用率の高いメジャーなドメインは網羅されています。

対象ドメイン

.com / .net / .org / .biz / .info / .xyz / .link / .click / .tokyo / .blog

特典内容

レンタルサーバーをご契約中はドメインが無料

適用条件

更新後12ヶ月はレンタルサーバー契約が必要

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバーを契約することで無料になるドメインは以下になります。
メジャーなドメインの他、オンラインショップやビジネスなど様々な用途で使えるドメインが豊富にあるため、URLから他サイトと差別化できることがメリットです。

対象ドメイン

.com / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink /.ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks

特典内容

レンタルサーバーをご契約中はドメインが無料

条件

レンタルサーバー契約期間が12か月以上
レンタルサーバー自動更新の設定

エックスサーバー

エックスサーバーを契約することで無料になるドメインは以下になります。
X10プランではメジャーなドメインのほか、法人向けのX20プラン以上ではjpドメインも特典として含まれるなど大変おトクになっています。ビジネス用途でのサーバーとドメインを探している方にはエックスサーバーをオススメします。

エックスサーバーでは契約期間に関わらず、新規契約の方にドメインをプレゼントするキャンペーンも毎年行っていますので見逃さないようにしましよう。

対象ドメイン

▼X10プラン
.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog のいずれか

▼X20プラン
.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .jp のいずれか

▼X20プラン
.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .jp / .co.jp / .or.jp / .ne.jp / .gr.jp のいずれか

特典内容

レンタルサーバーをご契約中はドメインが永久無料

条件

レンタルサーバー契約期間が12か月以上
レンタルサーバー自動更新の設定


エックスサーバー
おすすめプランX10
月額価格1,100円~
ドメイン永久無料特典取得費用、更新費用がレンタルサーバー契約中は永久に無料!
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール