【レンタルサーバー比較なび】は、共有・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

404や500などのエラーの意味は?HTTPステータスコードについて

2017.07.21 サーバー
404や500などのエラーの意味

ユーザーとしてネットサーフィンをしている時に「404」や「500」といったナンバーが表示されるエラーページに遭遇した経験はありませんか?
このようなナンバーは「HTTPステータスコード」と呼ばれるものです。Webエンジニアにとっては必須といえる知識ですが、ホームページを運営している方やこれからホームページの作成を考えている方も覚えておいて損はないでしょう。
今回は、HTTPステータスコードの概要や分類など、ホームページ運営に携わる方なら覚えておきたいステータスコードについてご紹介します。

HTTPステータスコードとは?

HTTPステータスコードインターネットコンテンツの表示は「FireFox」「Google Chrome」といったWebブラウザーが、情報の提供主である「サーバー」側にリクエストを送ることによって可能となります。サーバーに対して、情報を受ける側が「クライアント」です。

Webブラウザーがサーバーから受け取る情報は「ステータスライン」「レスポンスヘッダ」「メッセージボディ」という3つの要素で構成されています。この内のステータスラインに組み込まれているものがHTTPステータスコードです。

HTTPステータスコードには、ブラウザーが行うべき処理が番号で示されています。通常、インターネットの通信に問題がなければ、私たちがブラウザー上でステータスコードを目にすることはありません。クライアントとサーバーの間で、何らかのエラーが発生した場合に、例えば「404 Not Found」など、ブラウザー上にステータスコードがあらわれます。

HTTPステータスコードの分類

ステータスコードの分類HTTPステータスコードは3桁の数字によって、意味を大まかに分類できます。
以下は、ごく一般的な分類です。

100番代

100番代のステータスコードは、リクエストの処理が進行中であることを意味します。
処理に時間がかかる場合などにあらわれますが、実際にユーザーが目にすることはあまりありません。

 

200番代

200番代のステータスコードは、リクエストが問題なく処理されたことを意味します。
通常のブラウザー利用では、200番代のステータスコードが繰り返されていることになります。

300番代

300番代のステータスコードは、リクエスト達成のために別の処理が追加で必要なことを意味します。
専門的には「HTTPリダイレクト」と呼称されている処理です。

400・500番代

400・500番代は、クライアント側のリクエストが処理できないときに用いられるステータスコードです。
私たちが目にするものは、このコードがほとんどでしょう。400番代
のステータスコードはクライアント側の問題、500番代のステータスコードはサーバー側の問題を意味しています。 

ECサイト管理者が知っておくべきステータスコード

以下では、ECサイト管理者の方に最低限知っておいていただきたい、いくつかのエラー系ステータスコードの意味をご紹介します。

400

400は、クライアントのリクエストに不正がある場合に表示されるエラーです。
多くの場合、ブラウザーのCookieやキャッシュのクリアなど、ユーザー側の対処で解決します。

404

ページが削除、もしくは移動しているときには404のエラーが表示され、そのページを閲覧できません。
多くのユーザーがこちらのエラーを目にしたことがあるのではないでしょうか。

500

500のエラーは、サーバー側のプログラムに問題がある場合にあらわれます。
「.htaccess」の記述ミスや「パーミッション設定」の確認が必要です。

503

サーバーに負荷がかかり、一時的にページが表示できなくなっている場合に503のエラーが表示されます。サイトの運営者にとって、最も避けたいエラーの1つです。
アクセスの集中が予想されるタイミングには、サーバーのスペックを上げておくなどの対策が求められます。

おわりに

ホームページの管理を行うにあたっては、404や500などのエラー系HTTPステータスコードに関する知識はある程度必要となります。
今回ご紹介したHTTPステータスコードは、あくまで最低限のものです。起こり得るトラブルに備え、なるべく深い知識を身に付けておくようにしましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

現在の
口コミ件数
70

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

ホームページ制作更新サービス選んで作るプラン
無料診断 受付中!
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【NTTコミュニケーションズ】Bizメール&ウェブ ビジネス

NTTコミュニケーションズBizメール&ウェブビジネス

1. レンタルサーバー初心者でも安心の24時間サポート体制!
2. 大...

公式サイトを見る

【大塚商会】アルファメールプレミア

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%ef%bd%9c%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%81%ae%e7%89%b9%e9%95%b7%ef%bd%9c%e3%83%ac%e3%83%b3

1. ビジネスに欠かせない、独自ドメインの取得・管理・更新費用が全て基本料金込み...

公式サイトを見る

【ニフティクラウド】ベーシックホスティング

ニフティクラウドベーシックホスティング

1. 分かりやすいマニュアルと、見やすいコントロールパネルで初心者でも安心。

公式サイトを見る
SSL GMOグローバルサインのサイトシール