【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

クラウドサーバーとは?特徴やメリット・デメリット

2017.01.05 サーバー
クラウドサーバーの特徴

スマートフォンやパソコンを使用するときには欠かせない「クラウド」や「クラウドサーバー」。聞いたことはあるけど詳しくは分からない、という方も多いかと思います。今回はクラウドサーバーについて、またクラウドサーバーのメリット・デメリットについてご紹介します。

クラウドサーバーについて

クラウドは、クラウドコンピューティングの略です。クラウドコンピューティングとは、従来ならローカルな端末上(パソコン、携帯電話など)で行う作業をインターネット上で、すべて実現できるようにしたサービス形態・環境のことを指します。

またクラウドには「雲」という意味があり、クラウドの利用者はデータの物理的な所在を意識せずに、必要なときに必要な分だけ、雲の中からデータを取り出すことが可能です。これはインターネット上にある、複数のサーバーが働くことによって成立しています。

クラウドサーバーもクラウドサービスの一種で、従来のレンタルサーバーなどとは異なり、アクセスの負荷に応じて必要なときに必要な分だけ、サーバーリソースを利用できます。サーバーリソースとは、サーバーを使用するときのサーバーのスペックを示すCPU性能や、メモリ容量、ディスク容量など、コンピューターシステムを稼働させるための資源を表す言葉です。

クラウドサーバーの特徴としては、アクセス数が多いときはサーバーリソースを増やし(スケールアウト)、少ないときはリソースを減らす(スケールイン)、というような柔軟な運用が可能な点です。

クラウドサーバーのメリット

コストの最適化

クラウドサーバーのメリット

クラウドサーバーの多くは従量課金制です。従量課金制とはサーバーリソースの使用量に応じた料金形態のことで、定額制などもあります。

例えばECサイトであれば「季節によってアクセス数が大きく変わる」「セールやキャンペーン中のときはアクセス数が増大する」といったことも考えられるでしょう。そのようなときに従量制であれば、コストを最適化することができます。しかし、サイトの規模によっては定額制よりもコストが高くなるケースもあるため、サーバー会社に事前に相談しましょう。


サーバー設置の初期費用が掛からない

社内でクラウドサーバーを設置する場合、初期費用や諸作業の手間はありません。例えば「サーバーのスペック確認」「設置場所の確保」「周辺機器の購入」などは一切必要なく、パソコンとインターネットにつながる環境さえ準備できていれば利用することができます。

サーバーのコピーが簡単

サーバーのコピーができるのは、クラウドサーバー最大のメリットといっても良いでしょう。サーバーの設置後、既に存在しているサーバーをすべてコピーし、もう1つ新しいクラウドサーバーを作ればサーバーの増設も簡単です。

クラウドサーバーのデメリット

継続的に利用すると、割高価格になりやすい

クラウドサーバーは、同じスペックのレンタルサーバーや専用サーバーと比較すると、割高に価格設定されていることが多いです。そのため、継続的に利用すると料金が高くつく可能性があります。しかし、メリットである「コストの最適化」によって、クラウドサーバーを継続的に使用しても割安になる場合もあるため、総合的にどのくらい費用が掛かるのかあらかじめ確認をしましょう。

セキュリティ対策は慎重に

クラウドサーバーのデメリット

クラウドサーバーは、どこからでもアクセスが可能でコピーもしやすく大変便利ですが、その分セキュリティ対策を強化しなければなりません。個人はもちろん社内では特に、重要なやり取りや個人情報に関しては、保護が必要です。セキュリティに特化した専用のサーバーも存在するため、用途に合わせてサーバーを変えると良いでしょう。







おわりに

今回はクラウドサーバーについてと、クラウドサーバーのメリット・デメリットについてご紹介しました。クラウドサーバーはインターネット上に構築されたサーバーのことで、利用者はクラウドサーバーを用いて、必要なデータを好きなときに取り出しできるのです。

個人や社内でクラウドサーバーの使用を検討している場合「サーバーのメリット・デメリット」や「サーバーの用途」によって、サーバーの種類を選びましょう。


あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール