【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

共有SSL(きょうゆうえすえすえる)とは

公開日:2016.10.27更新日:2016.11.01

【共有SSL】とは、サーバー業者に発行されたSSL証明書を、他のユーザーと共有して利用するSSL証明書のことです。
例えば、レンタルサーバーを提供している業者は、そのサーバーのドメインに対してSSL証明書を取得しています。 それを「共有SSL」として無料でユーザーに公開、サービス化しているのです。

サーバー業者が取得代行したものを共有するため手間は省けますが、ユーザーはその業者が指定するドメインでSSL証明書を利用することになります。つまり、通常のWebサイトのドメインが「http://○○○.com」だったとしても、SSL通信を行う場面においては「https://□□□-△△△.○○○.jp」のように、サーバー業者で取得したドメインに変換されて表示されるということです。

したがって、無料で手軽に利用できるというメリットがある一方、ドメインの変換により訪問者に疑惑や不信感を与え、個々のWebサイトとしては身元保証の信頼性が得られないというデメリットがあります。

関連用語

レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール