【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

ロリポップのライトプランで充分?と迷った時のポイントとは

公開日:2021.08.27更新日:2021.09.07 サーバー
ロリポップのLライトプランで充分?

自分の用途に合っていないサーバーを契約してしまうと運用後にサーバー移転など手間をかけなくてはなりません。そのためなるべく自分のスタイルにあったサーバーを選びたいものです。ただし、サーバー選びになれていない人やサーバー知識に疎い人は、どのプランが良いのか分からないのではないでしょうか。

そこで今回は「ロリポップのライトプランで充分?」と迷う人のために教えたいポイントを紹介していきます。

ロリポップのライトプランで自分のサイトは充分?と思った時に見たいポイント 

ライトプランで大丈夫かどうかを自分で知るためには基準となるポイントを知っておく必要があります。ここでは具体的なポイントを紹介していますがライトプランのスペックを確認しましょう。

プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
月額料金※1 110円~ 220円~ 550円~ 550円~
容量 20GB 160GB 200GB 320GB
転送量 200GB/日 500GB/日 700GB/日 900GB/日
初期費用 1,650円 →0円 1,650円 →0円 1,650円 →0円 0円

※1:月額料金は契約期間を36か月間とした割引価格を適用

ライトプランは下から2番目のプランで、36か月の期間で契約すると月額220円で利用することが可能です。

プランのスペックを基にライトプランで充分かどうかをポイント2つで解説していきます。

ポイント①:ライトプランの容量(投稿できる記事目安)と転送量(ユーザーのアクセス数)

ロリポップのライトプランの容量と転送量から、サイト運営できる規模感を知りましょう。もし、ライトプラン以上のサイト規模感が必要な場合はプランのアップグレードを検討する必要があります。

容量はサーバーに保存しておける容量ですので、どれくらいの記事をサーバーに保存しておけるかの目安になります。転送量はサイト訪問するユーザーがどれくらい耐えられるかの目安になります。

ライトプランの容量と転送量の目安は以下となります。

容量 160GB
容量に対する投稿できる記事数目安※1 80000記事
転送量 500GB/日
転送量に対する1日のアクセス数目安※2 25万PV※3


※1:記事の容量は1記事2MBを想定しております。
※2:ユーザーに表示するページサイズは1記事2MBを想定しております。
※3:PV(ページビュー)は1ページ表示するあたりの単位となります。

上記を見ると8万記事で1日25万PVにライトプランで耐えられるので、初心者にとってもかなりの規模感に耐えられるプランであることが分かります。また、ロリポップのライトプランは12か月契約で月額330円(36か月契約で月額220円)とかなり低料金ですので初心者の背中を押してくれるプランです。

ポイント②:ロリポップの表示(サーバー)速度

次にサーバーの速度について説明します。サーバーが遅いとサイトに来てくれたユーザーの画面表示が遅れるため離脱に繋がります。そのためサーバー速度は重要です。

また、サーバー速度も含めたページの表示速度は、Google等の検索表示結果の順位の1つの基準になっていますのでサイトの成果に直結するぐらい重要です。

「ロリポップが遅い!」という口コミを見た人へ

慎重な皆さんは、ロリポップの評判を見たかもしれません。中には「ロリポップが遅い!」という評判を見たかもしれません。確かにそういう口コミを見るケースには出くわしますが、どれくらい前の口コミかは確認頂いた方がよいかもしれません。

ロリポップの表示速度

ロリポップ「ロリポをなめるな!レンサバ界のドン露璃舗悪慈酸が復活!? 」より

過去に比べるとロリポップの表示速度は改善してます。特に、従来のライトプランでは利用不可能だった、高性能なモジュール版PHPをライトプランでも使えるようになったのは大きいと言えます。


かつて採用されていたCGI版と比較して、今のライトプランで利用できるモジュール版はかなり表示速度が速いことが分かります。オールSSDも搭載していることから、料金が安いわりに良いスペックでライトプランは利用することができます。

さらなる表示速度のコミットはハイスピードプランがオススメ

それでもロリポップの表示速度は充分ではないか?という不安が出るようであれば、上位プランの「ハイスピードプラン」を検討するとよいでしょう。ハイスピードプランであれば、HDDに比べて早いオールSSDを搭載して高速化に優れた「LiteSpeed」を採用しています。

サイトの成果にコミットしたいならハイスピードプランを候補に入れてもよいでしょう。

ロリポップのライトプランが充分だと思う理由6つ

ロリポップのライトプランが充分かどうかを知るためのポイントを紹介していきましたが、ここでは当サイトがロリポップのライトプランが充分だと思う理由を紹介していきます。

以下がライトプランでも充分だと思う理由です。

ライトプランが充分だと思う理由
  • 料金がとにかく初心者に優しい(安い)
  • 初心者には充分なスペック(容量・転送量)
  • 表示速度が改善された
  • 初心者に充分使いやすい管理画面
  • 12か月以上契約で独自ドメインがずっと無料
  • ユーザーの利用情報が充実

さらに各項目の解説をしていきます。

料金がとにかく初心者に優しい(安い)

ロリポップは他社レンタルサーバーと比較して料金設定がユーザーに優しい(安い)のが特長です。12か月契約でも充分な割引適用も受けられますが、36か月契約のライトプランは月額220円とかなりお財布に優しいです。初心者がまずはサイト運営を始めてみる!というケースにはおススメです。

初心者には充分なスペック(容量・転送量)

ライトプランが充分かどうかのポイントを解説した所でもお伝えしましたが、ライトプランであっても中々のスペックとなっています。初心者の方であれば充分なスペックと言えるでしょう。再掲となりますが、以下がライトプランの参考目安となります。

ライトプランの容量と転送量の目安
容量 160GB
容量に対する投稿できる記事数目安※1 80000記事
転送量 500GB/日
転送量に対する1日のアクセス数目安※2 25万PV※3


※1:記事の容量は1記事2MBを想定しております。
※2:ユーザーに表示するページサイズは1記事2MBを想定しております。
※3:PV(ページビュー)は1ページ表示するあたりの単位となります。

表示速度が改善された

ライトプランが充分かどうかのポイントでも解説したように現在のロリポップは従来に比べて表示速度が改善されています。早さを追求する方は上位プランの「ハイスピード」プランがオススメですが、サイト運用初期においては充分なサーバースペックを提供されています。

初心者に充分使いやすい管理画面

長年利用されていることも背景にありますが、初心者にとっても管理画面が使いやすくなっています。サイト運営が軌道に乗った時は触るケースも少ないと思いますが、ユーザーにとってメリットとなっています。

12か月以上契約で独自ドメインがずっと無料

契約前に知っておいて欲しいことですが、12か月以上契約では月額料金が安くなること以外に、独自ドメインが無料になる特典があります。他のレンタルサーバーでも比較的よくある特典になっていますが、申込前に知っておいて欲しいポイントとなります。

ユーザーの利用情報が充実

ロリポップ自体が長く提供されているサービスということもありますが、ユーザーの利用情報が少し検索すれば出てきます。他の方の利用体験や操作方法の説明があふれていますので、困った時に同じ体験をした人の情報をすぐに見つけることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ロリポップのライトプランでも充分なポイントが理解できたのではないでしょうか。もし、ライトプランが充分ではないケースに該当している場合は、プランのアップグレードを検討するのがおススメです。

ある程度のサイト規模でサイトの表示速度にコミットしたいなら、ハイスピードプランも検討するのがおススメです。


ロリポップ!レンタルサーバー
ロリポップレンタルサーバーの詳細
おすすめプラン ライトプラン
月額最安値 220円~
容量 160GB
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール