【レンタルサーバー比較なび】は、共有・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

UIとUXの違いは?ユーザーエクスペリエンスを高める重要性

2018.03.12 サイト制作
UIとUXの違い

Webサイトの制作や改善の際は、ユーザーエクスペリエンス(UX)を高めることが重要です。ユーザーエクスペリエンス(UX)と似た言葉に、ユーザーインターフェース(UI)という言葉があります。UIとUXについて、意味を混同して理解している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、UIとUXのそれぞれの概要や特徴、UXを高める重要性についてご紹介します。

UIとUX

UIとは?WebサイトにおけるUI

WebサイトにおけるUIUIとは、「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略称で、「ユーザーと製品やサービスとの接点・接触する部分」の総称です。PCに文字を打ち込むキーボードや、タブレットやスマホのタッチパネル、アプリなどがUIといえます。

WebサイトにおけるUIとは、ユーザーの視覚に触れる部分、または使用する部分のことです。
例えば、ブラウザ上に表示されるフォントや画像、ボタン、フォームなどのサイト内の「パーツ」はすべてUIとなります。また、Webサイトの「見た目」や「操作性」などもUIに含まれます。

 

UXとは?WebサイトにおけるUX

UXとは、「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略称で、「ユーザーが製品やサービスを通じて得られる体験」の総称です。また、体験により抱いた「感情」や「感想」などもUXに含まれます。
例えば、PC用キーボードを使用することで得られる「タイピングしやすい」、「タイピングしにくい」などの感想がUXといえます。

WebサイトにおけるUXも、ユーザーがWebサイトを利用したときに抱く「感情」や「感想」を指します。
例えば、Webサイトを使用することで得られる「サイトが読みやすい」、「商品の購入までの操作が簡単だった」といった感想は、UXといえるでしょう。

UIとUXの違い

前述のとおり、UIは「ユーザーと製品・サービスとの接点」、UXは「UIを通じて得られる体験・感想」のことを指します。UIはUXに包括される概念ということができるでしょう。

ユーザーエクスペリエンスを高める重要性

UXが及ぼす影響とは?

UXを高めることは、Webサイトの運営において非常に重要です。
ユーザーがWebサイトを使用した際の満足度が高ければ、Webサイトに対してファンとなることが期待されます。Webサイトのファンが増え得ることで、会社の知名度や信頼性、売り上げの向上にも影響するでしょう。
そのためWebサイトは、「使い勝手が良い」「見やすい」「分かりやすい」といったUXを高める必要があるのです。

UI改善のためにはUXの再設計が必須

UI改善のためにはUXの再設計が必須UI設計または改善を検討する際は、まずはUXの再設計が必須となります。
つまり、ユーザー満足度の高いUIを設計するためには、UXを高める必要があるということです。

より優れたUX設計を行うためには、ユーザーの傾向を詳細に把握する必要があります。アクセス解析をしっかりと行い、性別や年代、地域ごとの特徴を把握したうえで、UXの改善を行うようにしましょう。

 

おわりに

今回は、UIとUXのそれぞれの概要や特徴、UXを高める重要性についてご紹介しました。
UIは、ユーザーと製品やサービスとの接点・接触する部分を指し、UXは、ユーザーが製品やサービスを通じて得られる体験を指します。
企業がファンを獲得し、リピート購入を促すためには、ユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させることが必要です。

サイトの改善を考えている方や、これからサイト制作を始める方は、UXを高めることを意識したサイト設計を行うようにしましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

 

現在の
口コミ件数
78

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

無料診断 受付中!
おすすめレンタルサーバーランキング

【NTTコミュニケーションズ】Bizメール&ウェブ ビジネス

NTTコミュニケーションズBizメール&ウェブビジネス

1. レンタルサーバー初心者でも安心の24時間サポート体制!
2. 大...

公式サイトを見る

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー

1. 高速・高性能サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SS...

公式サイトを見る

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

1. ドメイン登録サービス会社が運用しているため、ドメインの取得からサーバー手配...

公式サイトを見る
    
今月のキャンペーン
SSL GMOグローバルサインのサイトシール