【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

レンタルサーバーはSSD1択!HDDの違いやおすすめサーバー3選

公開日:2021.04.26
hddsdd

レンタルサーバーはHDDかSSDで構成されたサービスの中から選びます。PCに校正されている場合、SSDは高額になりますがレンタルサーバープランではどうでしょうか?また、SSDならレンタルサーバーはどれでもいいのでしょうか?そんな疑問に回答するため、当記事ではSSDサーバーを選ぶ理由やオススメのレンタルサーバーを紹介していきます。

高性能のレンタルサーバーを選ぶために、HDDとSSDの違いを知ろう

HDD(ハードディスクドライブ)とは

HDDとは、データを保存できる記憶装置です。回転する円盤ディスクに書き込みや保存されたデータの読出しをすることができます。記憶できる容量単価が安いため、多くのパソコンに採用されています。

SSD(ソリッドステートドライブ)とは

SSD(ソリッドステートドライブ)とは、メモリーチップにデータの記録やデータの読出しをすることができる装置です。USBメモリをイメージすると良いでしょう。SSDは読み込み速度が高速で処理性能が高い一方でHDDよりは単価が高くなっております。

HDDとSSDの違い

①価格と容量が違う

HDDとSSDでは容量当たりの価格が違います。HDDの方が容量当たりの価格は安い一方で、高性能のSSDは容量当たりの価格がHDDに比べて高くなっています。


>そのためSSDのレンタルサーバーを選ぶと、HDDのレンタルサーバーに比べて利用料金が高いと考えられます。ところが、最近はSSDでもHDDの利用料金と変わらないレンタルサーバープランもあるため、SSDを敬遠する必要はありません。


今回紹介するオススメのSSDレンタルサーバーは、月額料金も安く利用ができます。


②読み込み速度が違う

HDDは、データの読出しをする際に円盤ディスクを回転させる必要があるため、SSDに比べて起動や読み込みに時間が掛かります。一方でSSDは読み込み速度が高速なため、OSの起動がわずか1分程度で完了する等、ストレスを感じません。


例えばお持ちのPC起動が遅くてHDDの場合、SSDだとストレスを感じないかもしれません。


③物理的な衝撃

HDDは円盤ディスクが回転するパーツで構成されているので、衝撃に弱くなっています。もしディスクに傷が入ったり衝撃が加わると、壊れてしまう可能性があります。一方でSSDは物理的な衝撃にHDDよりは強くなっています。

ストレージの種類

SSD HDD
価格 高め 安め
読み込み速度(回転速度) 速い 遅い
物理衝撃の耐性 強い 弱い

レンタルサーバーはSSDがオススメな理由

HDDとSSDどちらをレンタルサーバーに選べばよいか迷う人は、SSDのレンタルサーバーを選んだ方が良い理由を紹介します。SSDがオススメな利用は以下3つのポイントが挙げられます。


  • 表示速度が速いのでSEOに強い
  • WordPressはデータベース操作するのでSSDがよい
  • HDDと遜色ない金額でSSDのレンタルサーバーが選べる

表示速度が速いのでSEOに強い

HDDとSSDでは、SSDの方が処理性能が高いことはこれまでで説明してきました。処理性能が高いということは、ページの表示速度が速くなるのでユーザーに恩恵が与えられます。ページの表示速度は、既にSEOのランキング要素の1つになっていますので、少しでも検索結果に上位表示されたい場合は、SSDのレンタルサーバーを選択(採用)するのが良いでしょう。

WordPressはデータベース操作するのでSSDがよい

SSDの使いどころは、OSもしくはデータベースがあります。つまり、Wordpressはデータベースを操作するので、データベースにSSDを採用する方がWordpressの動作を早くすることが可能です。

1つのページを表示する場合であっても、色々とデータベースを操作するのがWordpressなので、Wordpressのレンタルサーバーを探すならSSDのレンタルサーバーを選ぶのが最良の選択です。

HDDと遜色ない金額でSSDのレンタルサーバーが選べる

SSDは、HDDと比べて処理性能が高いだけレンタルサーバーの料金は高くなると考えられますが、レンタルサーバーの競争が高いレベルになっている今、必ずしもそうでとは言えません。

驚くべきことに、SSDを採用しながらもHDDの料金と変わらずに提供する会社も出てきています。そのため、HDDと変わらない料金でありながら、SSDのレンタルサーバーを選ぶことができるのです。


例えば、ロリポップのHDDプランが、2020年8月には「ハイスピードプラン」と「エンタープライズプラン」のプランがオールSSDプランとなりました。これによって低価格でSSDのレンタルサーバーを利用することができるのです。


この記事の最後には、HDDと変わらない料金で提供する良質なレンタルサーバーを紹介しますので最後まで読んでください( *´艸`)

SSDのレンタルサーバーは「オールSSD」で選べ!!

SSDであれば、どのレンタルサーバーでもいいのかというと、そうではありません。レンタルサーバーのSSDの中でも、「オールSSD」で提供しているレンタルサーバープランを選ぶことが賢いレンタルサーバーの選び方です。

オールSSDとは?

オールSSDという言葉をいきなり使いましたが、「SSDならなんでもいいんじゃないの?」と思った方は注意が必要です。本当に高性能なSSDレンタルサーバーは、「オールSSD」がおススメです。

オールSSDとは、システム用(OS)であったりデータベース用に使われる両方がSSDで構成されているということです。OSがSSDであっても、データベースがHDDであったら、処理性能に差が出る可能性があります。


つまり、オールSSDの方がサーバーの処理が早く、ユーザーのストレスもありませんので、オールSSDのレンタルサーバーを選ぶ失敗ないでしょう!

オールSSDでオススメなレンタルサーバー

いよいよ、SSDレンタルサーバーを選びも大詰めになってきました。SSDのレンタルサーバーの中でも「オールSSD」のレンタルサーバーがおススメだと説明しました。

ここでは、オールSSDのレンタルサーバーを容量と料金で比較表にしています。必要な容量と料金からオールSSDサーバーを選びましょう。

 

プラン 容量 料金
ロリポップ ハイスピード 320GB 550円
エックスサーバー x10 300GB 990円
Conoha ConohaWing 300GB 931円
mixhost スタンダード 250GB 1,078円
ヘテムル ベーシック 200GB 880円
スターサーバー スタンダード 150GB 440円

オールSSDのレンタルサーバーで当記事オススメサーバー3選

前に紹介したオールSSDのレンタルサーバーの中から、当記事がオススメするレンタルサーバーを更に3つに厳選して紹介します。

信頼と実績で間違いないエックスサーバー

エックスサーバーはオールSSDだけではなく、WordPressなどPHPプログラムの処理高速化や大容量なのに料金が安いのでオススメです。多くのアフィリエイターや企業に採用されていますので、安心して利用ができます。


エックスサーバー
おすすめプラン X10
月額価格 990円
容量 300GB

国内最速を誇るConohaWing

最近、表示速度が速いと評判なのがConohaWingです。経過年数という実績ではエックスサーバーに軍配が上がりますが、サーバーの処理性能速度の評判も上々で利用者が急増しています。


ConoHa WING
おすすめプラン
月額価格 931円
容量 300GB


オールSSDで料金を抑えるならロリポップ

2020年8月に「ハイスピードプラン」と「エンタープライズプラン」のプランにオールSSDを採用して、品質向上に努めているのがロリポップです。エックスサーバーやConohaWingに比べて料金を抑えて、オールSSDサーバーを利用したいなら、ロリポップがおススメです。


ロリポップ!レンタルサーバー
おすすめプラン ハイスピード
月額価格 550円
容量 320GB
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール