【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

ネット風評被害は防げる?Webサイト運営における誹謗中傷対策

公開日:2018.03.05更新日:2018.02.15 サイト運営・集客
Webサイト運営における誹謗中傷対策

近年は個人・法人問わず、ネット風評被害に遭う方が増えてきています。なかには、特定のWebサイトが風評被害の対象になるケースも少なくありません。
そこで今回は、ネット風評被害の概要や、風評被害を防止するためのポイントについてご紹介します。

ネット風評被害とは?

ネット風評被害とは?ネットの風評被害とは、ネットで拡散されている情報により、法人・個人の信用や信頼性が損なわれることです。
例えば、自社で運営するWebサイトに対するネガティブな意見が、ネット上にアップされたと仮定します。そのネガティブな意見や情報にアクセスが集中し、拡散されてしまったらWebサイトだけでなく、運営を行う企業の信頼も失われてしまうでしょう。

ネットは、情報が拡散するスピードが速く、裏付けのない情報だとしても簡単に広まってしまいます。そのため、根も葉もないうわさで誹謗中傷の被害を受ける可能性もあるのです。これらの背景には、インターネット特有の匿名性に加え、デバイスやインフラの発達・普及が関係していると考えられます。

ネット風評被害で受けるWebサイトのダメージ

意図せずにネットの風評被害に遭った場合、Webサイトにおける損害はどのようなものが想定されるのでしょうか。

まず考えられる被害は、売上の低下です。商品やサービスの宣伝・販売を行うWebサイトがネットの風評被害を受ければ、企業に対する信頼も低下します。それを知ったユーザーは、Webサイトの利用や商品の購入を控えるでしょう。
また、これまで顧客だった方からの問い合わせが増える可能性も考えられます。ネットで拡散されている情報が誤りであっても、顧客は不安になるものです。このような顧客からの問い合わせ件数が増えれば増えるほど、対応にかかるコストも増えます。

さらに、Webサイトを運営する企業のイメージ低下も大きな問題です。前述した通り、売上への影響が懸念される他、関連事業についても何らかの被害が及ぶかもしれません。これは採用活動にも変化をもたらすと考えられます。ネットの風評被害により企業のイメージが落ち込めば、求人を出したとしても応募数が減少するでしょう。

ネット風評被害を防止する対策

ネット上に出回った情報を、完全に消去することはほぼ不可能です。そのため、ネット風評被害が起こらないよう対策を行う必要があります。
ここでは、ネット風評被害の対策のポイントについてご紹介します。

検索を使った調査

ネット風評被害を防止するには、火種となる情報をいち早くキャッチし、監視することが大切です。そのためには、定期的な検索(エゴサーチ)を利用しましょう。
匿名掲示板やSNSで、企業名やWebサイト名に関する書き込みを見つけたら、内容に誤りがないか確認してください。

適切な温度感での対応

Webサイトにとって不都合な情報がネット上に流れていたとしても、感情的に対応してはいけません。相手の感情を逆なでし、問題を大きくしてしまう可能性も考えられます。
ネット上で不都合な情報を見つけた場合は、状況をよく確認し、適切な対応を心がけてください。例えば、放置することで被害が拡大しそうなら、書き込みに対して反応せず、削除依頼を出すようにしましょう。起こっている問題が表面化しないよう対処することがポイントです。

コンテンツ内容や発信する情報には細心の注意を

コンテンツ内容や発信する情報には細心の注意を企業の名前を出して情報を発信する場合は、不適切な表現や軽率な発言がないよう注意しましょう。
また、会社のスタッフに対しては、プライベートで使用しているSNSで、業務に関する書き込みをしないよう教育してください。

 

 

 

 

おわりに

今回は、ネット風評被害の概要や、風評被害を防止するためのポイントについてご紹介しました。
ネット風評被害は、Webサイトの運営に悪影響を及ぼします。エゴサーチを活用して自社の風評を調査したり、発信する情報に注意したりするなどして、ネット風評被害は予防することが大切です。
Webサイトを運営する際は、ネット風評被害を防止するよう心がけましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年8月5日(木)12:00 ~ 2021年9月30日(木)18:00まで
内容

\18周年ありがとうキャンペーン/
対象サービスをご利用中の方、または期間中に新規ご契約される方を対象に 抽選で322名様に豪華賞品をプレゼントいたします。

あわせて

\新規ご契約ありがとうキャンペーン/
キャンペーン期間中に新規でXserverレンタルサーバーを12ヶ月以上でご契約いただきますと、初期費用が無料でご利用いただけます。

※ 2021年7月29日(木)18:00 ~ 2021年8月26日(木)18:00まで

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件

 

レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール