【レンタルサーバー比較なび】は、共有・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

ネット風評被害は防げる?Webサイト運営における誹謗中傷対策

Webサイト運営における誹謗中傷対策

近年は個人・法人問わず、ネット風評被害に遭う方が増えてきています。なかには、特定のWebサイトが風評被害の対象になるケースも少なくありません。
そこで今回は、ネット風評被害の概要や、風評被害を防止するためのポイントについてご紹介します。

ネット風評被害とは?

ネット風評被害とは?ネットの風評被害とは、ネットで拡散されている情報により、法人・個人の信用や信頼性が損なわれることです。
例えば、自社で運営するWebサイトに対するネガティブな意見が、ネット上にアップされたと仮定します。そのネガティブな意見や情報にアクセスが集中し、拡散されてしまったらWebサイトだけでなく、運営を行う企業の信頼も失われてしまうでしょう。

ネットは、情報が拡散するスピードが速く、裏付けのない情報だとしても簡単に広まってしまいます。そのため、根も葉もないうわさで誹謗中傷の被害を受ける可能性もあるのです。これらの背景には、インターネット特有の匿名性に加え、デバイスやインフラの発達・普及が関係していると考えられます。

ネット風評被害で受けるWebサイトのダメージ

意図せずにネットの風評被害に遭った場合、Webサイトにおける損害はどのようなものが想定されるのでしょうか。

まず考えられる被害は、売上の低下です。商品やサービスの宣伝・販売を行うWebサイトがネットの風評被害を受ければ、企業に対する信頼も低下します。それを知ったユーザーは、Webサイトの利用や商品の購入を控えるでしょう。
また、これまで顧客だった方からの問い合わせが増える可能性も考えられます。ネットで拡散されている情報が誤りであっても、顧客は不安になるものです。このような顧客からの問い合わせ件数が増えれば増えるほど、対応にかかるコストも増えます。

さらに、Webサイトを運営する企業のイメージ低下も大きな問題です。前述した通り、売上への影響が懸念される他、関連事業についても何らかの被害が及ぶかもしれません。これは採用活動にも変化をもたらすと考えられます。ネットの風評被害により企業のイメージが落ち込めば、求人を出したとしても応募数が減少するでしょう。

ネット風評被害を防止する対策

ネット上に出回った情報を、完全に消去することはほぼ不可能です。そのため、ネット風評被害が起こらないよう対策を行う必要があります。
ここでは、ネット風評被害の対策のポイントについてご紹介します。

検索を使った調査

ネット風評被害を防止するには、火種となる情報をいち早くキャッチし、監視することが大切です。そのためには、定期的な検索(エゴサーチ)を利用しましょう。
匿名掲示板やSNSで、企業名やWebサイト名に関する書き込みを見つけたら、内容に誤りがないか確認してください。

適切な温度感での対応

Webサイトにとって不都合な情報がネット上に流れていたとしても、感情的に対応してはいけません。相手の感情を逆なでし、問題を大きくしてしまう可能性も考えられます。
ネット上で不都合な情報を見つけた場合は、状況をよく確認し、適切な対応を心がけてください。例えば、放置することで被害が拡大しそうなら、書き込みに対して反応せず、削除依頼を出すようにしましょう。起こっている問題が表面化しないよう対処することがポイントです。

コンテンツ内容や発信する情報には細心の注意を

コンテンツ内容や発信する情報には細心の注意を企業の名前を出して情報を発信する場合は、不適切な表現や軽率な発言がないよう注意しましょう。
また、会社のスタッフに対しては、プライベートで使用しているSNSで、業務に関する書き込みをしないよう教育してください。

 

 

 

 

おわりに

今回は、ネット風評被害の概要や、風評被害を防止するためのポイントについてご紹介しました。
ネット風評被害は、Webサイトの運営に悪影響を及ぼします。エゴサーチを活用して自社の風評を調査したり、発信する情報に注意したりするなどして、ネット風評被害は予防することが大切です。
Webサイトを運営する際は、ネット風評被害を防止するよう心がけましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDIウェブコミュニケーションズ】共用レンタルサーバー シェアードプラン

KDDIウェブコミュニケーションズ
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 3,800円~
容量 無制限 ※共有サーバーのため稼働状況によって制限有
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDIウェブコミュニケーションズ】共用レンタルサーバー シェアードプランのおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー
総合評価
4
口コミ
7
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速・高性能サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限で使え、証明書発行も短期間!すぐにセキュアな環境が整います。
3. 自動バックアップ機能で、故障などによるデータの損失にも対応可能。

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバ

さくらインターネットレンタルサーバ
総合評価
4.0
口コミ
5
月額価格 515円~
容量 10GB~最大500GB
サポート 日本国内 24時間365日有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバのおすすめポイント

1. ワンコインから、ホームページもメールも運用可能なサーバー!
2. クイックインストール機能で、CMSやショッピングカートのアプリケーションが簡単操作で利用可能。
3. 利用目的に合わせたプランの選び方ができるコスパの良さが魅力。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
種類
月額料金
容量
支払い方法
セキュリティ
Webアプリ
ケーション
サポート体制

 

現在の
口コミ件数
78

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

無料診断 受付中!
おすすめレンタルサーバーランキング

【NTTコミュニケーションズ】Bizメール&ウェブ ビジネス

NTTコミュニケーションズBizメール&ウェブビジネス

1. レンタルサーバー初心者でも安心の24時間サポート体制!
2. 大...

公式サイトを見る

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー

1. 高速・高性能サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SS...

公式サイトを見る

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

1. ドメイン登録サービス会社が運用しているため、ドメインの取得からサーバー手配...

公式サイトを見る
    
今月のキャンペーン
SSL GMOグローバルサインのサイトシール