【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

Webサイト制作・運用で注意するべき著作権

2018.03.23 サイト制作
Webサイト運用で注意するべき著作権

IT化が急速に進む中、個人情報などの扱いにも注力されることが多くなった近年、「著作権」というワードを耳にする機会が増え、多くの企業でも著作権に対する意識の向上が見え始めています。特に注意すべきことが、Webサイトにおける著作権の侵害です。著作権について理解しないままWebサイトの制作・運用をしてしまうと、制作者や立案者に迷惑をかけることはもちろん、企業としてのイメージや印象を悪化させることにつながってしまいます。
そこで今回は、Webサイト制作・運用において注意すべき「著作権」について詳しくご紹介します。

著作権とは?

著作権とは?主に、音楽や書物、絵画、写真など、自分の考えや気持ちを反映し、作品として制作したものを「著作物」、その創作者を「著作者」といいます。
「著作権」とは、著作者がその著作物の利用を独占できる権利のことです。

日本では、著作権は作品を創作すると同時に自動的に発生します。
また、著作権は成人だけでなく、どんなに小さな子供であっても、プロやアマチュアなども関係なく、作品を創作した方に与えられる権利であり、著作者の死後50年が経過するまで権利は継続して保護されます。

著作権の内容とは?

著作権法は、大きく以下の2つに分けて定められています。

【1】著作者人格権

著作者人格権とは、著作物を通して表現されている著作者の人格や名誉にかかわる部分を保護する権利です。
著作者人格権には「公表権」「氏名表示権」「同一性保持権」という3つの権利が含まれており、著作物を公表する際の時期、形式、方法を決定したり、著作者が自分の著作物にその氏名を表示するかどうかを決めたり、著作物のタイトルや内容を誰かに勝手に変えられないよう保護したりする権利などが定められています。

【2】財産権としての著作権

財産権としての著作権とは、著作者が自分以外の人に著作物の利用を許可し、その使用料を受け取ることができる権利です。
著作者人格権は著作者自身の人格を保護する目的があるため、その権利を人に譲ることはできませんが、財産権としての著作権は、他人に譲渡や相続をすることが可能です。
これには、印刷やコピー機によって複写や録音などを行う権利である「複製権」や、未発行の美術関連著作物や写真著作物を多くの人に見せるための「展示権」、映画などを上映する「上映権」など、さまざまな権利が細かく定められています。

Webサイトを制作・運用する際に注意するべき著作権

Webサイト制作・運用で注意するべき著作権Webサイトを制作・運営する際には著作権には十分注意しなければなりません。
では、どのような著作権に注意すれば良いのか、代表的なものを具体的に見ていきましょう。

 

 

 

 

文章の著作権

Webサイトの制作・運用において、特に注意すべきといわれているのが「文章の著作権」です。
Webサイトは、サイト制作者に著作権が発生しています。そのため、掲載内容をコピーし、他サイトでそのまま使用してしまうと「著作権侵害」となるため注意が必要です。
著作権違反を避けるためには、オリジナルの文章を自分で制作するしかありません。他サイトの情報はあくまで参考程度にとどめるようにしましょう。

画像の著作権

Webサイト上にイラストや写真、図形などの画像を掲載する場合も注意が必要です。
当然のことながら、イラストや写真などの創作者には著作権があるため、無断で使用するのは著作権の侵害にあたります。そのため、必要な画像をネット上で検索し、ヒットしたイラストをそのまま使用することは避けなくてはなりません。
どうしても使用したい場合は、著作者に確認の上、了承を得てから使用するようにしましょう。

また、フリー素材としてネット上に掲載されている画像の場合、提供者(著作者)が定める規約の範囲内であれば了承を得る必要はありません。しかし、自社の広告や宣伝用の素材として商用で使用する場合は、使用許可が必要だったり、有料だったりするケースが多いため、使用条件・規約はしっかりと事前に確認することが大切です。

おわりに

今回は、Webサイト制作・運用において注意すべき「著作権」についてご紹介しました。
創作者がプロ、アマチュア、子供、成人に関係なく、世の中に出回っている文章やイラスト、写真などの作品にはすべて著作権が発生しています。著作権法によって著作物の権利はしっかりと保護されているため、著作物を利用する場合は、必ず事前に著作者の許可を得る必要があるのです。了承を得ないまま使用してしまうと、著作権侵害訴訟を起こされるケースもあるため、十分に気を付ける必要があります。

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件

 

現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール