【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

サイト運営で重要なアクセス解析とは?アクセス解析を実施する目的

公開日:2018.02.12更新日:2018.03.12 アクセス解析
サイト運営で重要なアクセス解析

Webサイトのアクセス数やコンバージョン向上は、サイト運営で常に意識しなくてはならない課題です。Web担当者は、サイトを改善するための施策を立てるために、アクセス解析について理解する必要があります。
そこで今回は、アクセス解析の概要や実施する目的、アクセス解析ツールの種類についてご紹介します。

アクセス解析とは?

アクセス解析とは?アクセス解析とは、サイトに訪れるユーザーのアクセス情報を集め、その行動や属性などを解析することです。
サーバーにアクセス解析ツールを組み込んでデータを取得し、定期的にデータを確認しながら、より良いサイトにするための施策について考えます。

 

 

 

アクセス解析を実施する目的

アクセス解析を実施する目的は、Webサイトの改善策をデータに基づき考えることです。
アクセス解析により、以下のような情報を取得できます。

  • 自社が運営するサイトにどれだけのユーザーが訪れているのか
  • 自然検索やブックマークなど、ユーザーの流入元情報
  • サイトに訪れたユーザーがどのページへ遷移し、どのページで離脱したのか

アクセス解析を実施することで、サイトに訪れたユーザーの行動や属性を把握できます。これらの情報を基に、成果を挙げるWebサイトの施策を考察できるようになるでしょう。

アクセス解析の流れ

アクセス解析は、具体的にどのような流れで行っているのでしょうか。
ここでは基本的なアクセス解析の流れについてご紹介します。

現状把握で目的・目標を設定

現状把握で目的・目標を設定まず、現状のサイトにはどれくらいの集客力があるのかを把握します。
「どのページに人気が集まっているのか」「あまり見られていないページはどれか」など、サイト内でのユーザーの行動から、サイトの強みと弱みを探り、サイトの現状を把握します。
サイトの現状把握ができたら、サイトの強みを生かし、弱みを克服する目的・目標を設定し、施策を実施しましょう。

 

 

施策実施後の効果測定

サイトの現状把握を通して改善点を明らかにし、施策を実施した後は、施策実施後の効果測定を行ってください。効果測定後、実施した施策に改善できる箇所がないかを考察します。
アクセス解析では、「目的・目標設定→施策実施→施策後の効果測定→施策の改善策を考察」といったPDCAサイクルを繰り返すことが重要です。

アクセス解析ツールについて

アクセス解析ツールは、アクセス解析を行うために必須といえます。なおアクセス解析ツールは、大きく3種類に分けることが可能です。
ここでは、それぞれのアクセス解析ツールの特徴についてご紹介します。

サーバーログ型

サーバーログ型は、サーバーに記録されたアクセスログファイルを基に、解析を行うタイプです。一般ユーザーだけでなく、Googleクローラーのサイトへの訪問状況も把握できます。
サーバーログ型はデータ取得を常時行っているわけではないため、リアルタイム分析することができません。また、アクセス解析はサーバーに大きな負荷がかかるため、比較的アクセス数の少ない小中規模サイト向けのアクセス解析ツールといえます。

Webビーコン型(タグ型)

Webビーコン型は、各ページに計測タグを設置し、解析サーバーにデータを集めて解析を行うタイプです。アクセス解析ツールとして有名なGoogleアナリティクスも、Webビーコン型に分類されます。Webビーコン型は設置が容易で、リアルタイム分析も可能です。

パケットキャプチャリング型

パケットキャプチャリング型は、Webサーバーと同一ネットワーク上に監視ツールを設置し、クライアントとWebサーバー間のパケットデータを収集・解析するタイプです。専用の解析サーバーが必要となりますが、取得できるデータが多く、解析スピードが速いことが特徴です。

おわりに

今回は、アクセス解析の概要や実施する目的、アクセス解析ツールの種類についてご紹介しました。
サイトの改善策を検討する際は、直感や経験だけに頼るのではなく、データに基づいて判断することが重要です。
アクセス解析でユーザーの属性や行動を確認した上で、どのような施策を実施するか検討するようにしましょう。

Bizメール&ウェブ ビジネス Web分析

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年8月5日(木)12:00 ~ 2021年9月30日(木)18:00まで
内容

\18周年ありがとうキャンペーン/
対象サービスをご利用中の方、または期間中に新規ご契約される方を対象に 抽選で322名様に豪華賞品をプレゼントいたします。

あわせて

\新規ご契約ありがとうキャンペーン/
キャンペーン期間中に新規でXserverレンタルサーバーを12ヶ月以上でご契約いただきますと、初期費用が無料でご利用いただけます。

※ 2021年7月29日(木)18:00 ~ 2021年8月26日(木)18:00まで

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件

 

レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール