【レンタルサーバー比較なび】は、共有・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

データ転送量とは

【データ転送量】とは、サーバーから送出されるデータ量を合計したものです。ページ容量×アクセス数で計算されるため、アクセス数が増えるとデータ転送量が多くなります。データ転送量が増えるとサーバーに負荷がかかり、アクセスやページ表示がしづらくなります。

レンタルサーバーでは、サーバーや回線の負担を抑えることを目的として、毎月のデータ転送量に制限が設けられているケースがあります。共用サーバーの場合、特定ユーザーのデータ転送量が極端に増えると、同じサーバーを共有している他のユーザーが運営するWebサイトのレスポンスも落ちてしまいます。そのため、毎月のデータ転送量が一定の値を超えた際に追加料金が発生するレンタルサーバーも少なくありません。

関連用語

現在の
口コミ件数
80

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

無料診断 受付中!
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバ

さくらインターネットレンタルサーバ

1. ワンコインから、ホームページもメールも運用可能なサーバー!
2....

公式サイトを見る

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

KDDIウェブコミュニケーションズ

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2...

公式サイトを見る
    
今月のキャンペーン
SSL GMOグローバルサインのサイトシール