【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

エックスサーバーとシン・レンタルサーバーはどちらがおすすめ?特徴や違いを徹底比較!

公開日:2022.05.13
エックスサーバーとシン・レンタルサーバーを比較

シン・レンタルサーバーは、サーバーの中で最も知名度の高いエックスサーバーをベースとして最新技術を導入している新世代レンタルサーバーです。2021年に提供が開始された新サービスなのでまだ情報量も少なく、エックスサーバーと何が違うのか分からないという方も多いかと思います。

今回はどちらのサーバーを選ぶべきか悩んでいる方のために、エックスサーバーとシン・レンタルサーバーのそれぞれの特徴を解説し、両サービスの違いを比較しているのでぜひ参考にしてください。

当サイトが比較した結果!

機能性や性能を重視したい人はエックスサーバーがオススメ! ➡エックスサーバー公式サイトをみる

安定性を重視したい人はシン・レンタルサーバーがオススメ! ➡シン・レンタルサーバー公式サイトをみる

エックスサーバーとは

レンタルサーバーの中で最も有名なエックスサーバーは、高速性、安定性、機能性など高いサービス品質で国内シェアNo.1を誇るレンタルサーバーです。WordPressの簡単インストールや無料の独自SSL、自動バックアップなどユーザーの利便性を考慮した手厚いサポート体制が充実しています。

プランはスタンダート、プレミアム、ベーシックの3つのプランから選択できます。

エックスサーバーの6つの特徴

  • 国内シェア1サービス(2021104日時点)
  • WordPressの簡単インストール&移行
  • 他ユーザーの影響を受けないリソース保証機能を導入
  • 無料独自SLL
  • 独自ドメインを無料で利用可能
  • 充実のサポート体制

シン・レンタルサーバーとは

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバーを提供しているエックスサーバー株式会社によって2021年に提供が開始されました。エックスサーバーのシステムをベースに最新技術を導入し、国内シェアNo.1を誇るエックスサーバーのさらなる進化を実現しています。世界最速クラスの圧倒的な表示速度と安定したサーバー環境を提供するシン・レンタルサーバーは、革新性を追求する新世代レンタルサーバーです。

プランはベーシック、スタンダード、プレミアム、ビジネスの4つのプランから選択できます。

シン・レンタルサーバーの6つの特徴

  • エックスサーバーの機能性や管理ツールを採用
  • 高速化技術「KUSANAGI」を導入
  • 最新のCPU搭載で高速な処理性能、アクセス集中時も安定したサーバー環境
  • サーバー移転やWordPressの設定代行サービス
  • 初期費用無料でリーズナブルな料金設定
  • 独自ドメインを無料で利用可能

エックスサーバーとシン・レンタルサーバーの違い

それでは、エックスサーバーとシン・レンタルサーバーの違いについて比較していきましょう。

今回はエックスサーバーでおすすめされているスタンダードプランと、シン・レンタルサーバーのベーシックプラン・スタンダードプランを比較しました。

エックスサーバーとシン・レンタルサーバー比較表

  エックスサーバー シン・レンタルサーバー
プラン スタンダード ベーシック スタンダード
初期費用 3,300円 無料
月額費用 990円~ 770円~ 1,540円~
独自ドメイン特典
無料お試し期間
CPU 6コア 6コア 8コア
メモリ 8GB 8GB 12GB
ディスクスペース 300GB 300GB 400GB
転送量 無制限 900GB/日 1200GB/日
SSL 無料独自SSL:無料 オプション
独自SSL:○
無料独自SSL:無料
オプション独自SSL:○
データベース MySQL:無制限 SQLite:○ MySQL:無制限 SQLite:○
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
nginx
RAID構成 RAID10 RAID10
セキュリティ診断
サポート体制 メール/電話/設定代行 メール/電話/設定代行
WordPress簡単インストール
WordPress簡単移行
WAF
自動バックアップ

※2022年5月時点

シン・レンタルサーバーの公式サイトではスタンダードプランをおすすめされていますが、比較表を見るとエックスサーバーのスタンダードプランとシン・レンタルサーバーのベーシックプランのスペックはほぼ同じということが分かります。その他のサポート機能やメール機能なども特に大きな違いはありません。

エックスサーバーとシン・レンタルサーバー、どちらを選べばいい?

比較表を見ても分かるように、シン・レンタルサーバーはエックスサーバーのシステムをベースとしているため採用している機能やコントロールパネルなどの管理ツールはほぼ同じです。そのため、これまでエックスサーバーを使用してきた方は、シン・レンタルサーバーへ変更しても使い勝手に大きな影響が出ることはほぼないでしょう。

大きな違いとしては、公式サイトでも主張しているようにエックスサーバーは「安定性」、シン・レンタルサーバーは「革新性」に重点を置いているという点です。

以上を踏まえて、サーバーを選ぶ際は目的や重視したいポイントに合わせて最適な方を選ぶと良いでしょう。

レンタルサーバーの選び方

ここからは、シン・レンタルサーバーとエックスサーバーがそれぞれどのような人におすすめなのかをご紹介します。レンタルサーバーを選ぶ際の基準としてぜひ参考にしてください。

シン・レンタルサーバーがおすすめな人

シン・レンタルサーバーをおすすめしたいのは以下のような人です。

初期費用や月額費用を抑えたい人

料金はサーバーを比較する際に重視したいポイントの一つです。

それぞれ一番低価格なプランで初期費用・月額費用を比較すると、エックスサーバーよりもシン・レンタルサーバーの方が安くサーバーを利用することができます。

  エックスサーバー シン・レンタルサーバー
プラン スタンダード ベーシック
初期費用 3,300円 無料
月額費用 990円~ 770円~

スペックを比較しても両サービスに大きな違いはありません。さらにシン・レンタルサーバーは初期費用がかからないため、なるべくコストを抑えて運用を始めたい方はシン・レンタルサーバーがおすすめです。

表示速度を重視している人

サイトを運用していく中で表示速度はユーザーの満足度に関わる重要な要素です。

シン・レンタルサーバーは、世界最速クラスのWordPress実行環境と評価される「KUSANAGI」を導入しています。その他にも高性能なCPUや障害耐性を兼備しているさまざまな最新技術を積極的に採用しており、圧倒的な速度を実現しているハイスペックサーバーです。アクセス集中時も他ユーザーの影響を受けずに安定したサーバー環境を提供することができます

注意

注意したいのは、シン・レンタルサーバーは転送量の上限が設けられている点です。そのため、現時点である程度PV数があるサイトのサーバー移管を検討している場合は、転送量無制限のエックスサーバーをおすすめします。

 

 

エックスサーバーがおすすめな人

次に、エックスサーバーは以下のような人におすすめしたいサーバーです。

転送量を重視したい人

ほとんどのレンタルサーバーはデータ転送量に上限を持たせていることが多く、シン・レンタルサーバーもプランごとに転送量の制限があります。一方、エックスサーバーはデータ転送量が全プラン無制限で利用可能となっています。

転送量が上限を超えてしまうと一時的にサイトが非表示になってしまうなどデメリットが大きいため、サイトへの大量アクセスによってデータ転送量が過多になることが予想される場合はデータ転送量が無制限のエックスサーバーを設置しておくと安心です。

運用実績を重視している人

サーバー選びの際、運用実績や知名度を重視している方は多いかと思います。シン・レンタルサーバーは2021年に提供開始したばかりのサービスですが、エックスサーバーは2003年に提供開始して知名度もあり、現在では国内シェアNo.1となっています。実績が長い分、ユーザーからの口コミも多く掲載されているのでサーバーを選ぶときの参考にできるでしょう。

ある程度PV数があるサイトをすでに運営している場合や、コーポレートサイトやサービスサイトのような安定性をより求めるようなビジネス用途であれば、エックスサーバーがおすすめです。

 

 

【結論】エックスサーバーとシン・レンタルサーバーはどっちがおすすめ?

ここまでエックスサーバーとシン・レンタルサーバーの特徴や違いを比較しましたが、最終的にどちらのサーバーを選ぶといいのでしょうか。シン・レンタルサーバーはエックスサーバーをベースとしているため、基本的にどちらを選んでも問題はありません。

つまりサーバーを選ぶ決め手は、「何を重視したいか」によって人それぞれ異なります

結論としては、「機能性や性能を重視するならシン・レンタルサーバー」、「安定性を重視するならエックスサーバーです。

新技術を搭載した高性能を重視するならシン・レンタルサーバーをおすすめします。シン・レンタルサーバーは最新の高速化技術をいち早く導入することで、エックスサーバーの最速性能をさらに発展させていきます。これからアフィリエイトやブログ運営に力を入れたいという方は高性能なシン・レンタルサーバーを選ぶといいでしょう。

信頼と実績がある安定性を重視するならエックスサーバーをおすすめします。国内で最も利用者数が多いということは、サポート体制が整っているのはもちろんですが、それほど機能や使い勝手に満足している方が多いということです。特に初心者の方はトラブルが少ないサーバーを選ぶことがとても重要です。もし困ったときは解決策をすぐにネットで調べられるという利点も大きいかと思います。

エックスサーバーとシン・レンタルサーバーは両サービスともに、10日間無料でサーバーをお試し利用することができます。一部利用できない機能もありますが、まずはお試しで実際に高速性や安定性を体験してみるのもいいかと思います。

まとめ

今回は、長年の実績がある「エックスサーバー」と、最新技術を取り込んだ新世代の「シン・レンタルサーバー」を比較しました。これからブログを始める方やサーバー選びで悩んでいる方はそれぞれの特徴やメリットを踏まえて、自分のサイトに最適なサーバーを見つけてください。

また、エックスサーバーとシン・レンタルサーバーをお得に利用することができる期間限定のキャンペーンが定期的に開催されているので、随時チェックしておくといいでしょう。

エックスサーバーとシン・レンタルサーバーのお得なキャンペーンはこちら!

エックスサーバー:12ヶ月以上の契約で利用料金が実質半額!

エックスサーバーでは12ヶ月以上の契約で、利用料金が実質半額になるキャッシュバックキャンペーンを実施中です!

より長期のご契約ほどキャッシュバック金額がアップ!この機会をお見逃しなく!

 

シン・レンタルサーバー:ご利用料金が30%OFF!

シン・レンタルサーバーでは、「ベーシック」プランを36ヶ月でご契約の方を対象に、月額539円(税込)から利用可能なお得なキャンペーンを実施中です!

さらに12ヶ月以上の契約で利用料金が実質半額!

 

レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール