【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

FTPと何が違う?レンタルサーバーで利用できるWebDAV機能とは?

公開日:2017.12.04更新日:2017.12.08 サイト運営・集客
WebDAV機能とは

自社サイトを公開するために、WebサーバーにHTMLファイルや画像ファイルをアップロードする場合、FTPの利用を検討される方が多いのではないでしょうか。
サーバーによってはWebDAV機能を備えたタイプもあり、WebDAV機能を利用したファイルのアップロードも1つの方法です。
今回は、WebDAV機能の概要やFTPとの違いについてご紹介します。

WebDAVとは?

WebDAV(Web Distributed authoring and Versioning、ウェブダブ)とは、HTTP(HyperText Transfer Protocol)を拡張したプロトコルであり、サーバー上のファイルを複数ユーザーで共有できるファイル共有の仕組みです。
Windowsエクスプローラーと同じ感覚で、自分のパソコンからサーバー上へドラッグ&ドロップでファイルのアップロード、そしてアップロードしたファイルの編集や削除を行えます。

WebDAVは、クライアントやサーバーのOSの種類にかかわりなく利用できる点がメリットです。一般的にファイルのやり取りは、OSのファイルシステムの影響を受けてしまいます。そのため、Windows、MacOS、Linuxといった異なるOS間では、ファイルをうまくやり取りできない場合がありますが、WebDAVの場合はそのような心配はありません。

WebDAVとFTPの違い

ファイルをサーバーにアップロードする方法として、FTP(File Transfer Protocol:ファイル転送プロトコル)がよく用いられますが、WebDAVとどのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、WebDAVとFTPの違いについてご紹介します。

ソフトをインストールする必要性

HTTPベースのため特別なソフトは不要FTPでファイルをやり取りする場合、FTPソフトをインストールする必要があります。
しかし、FTPソフトをインストールすることができない環境では、FTPによるファイルのやり取りはできません。

一方、WebDAVは、HTTPをベースにしたファイルをやり取りするため、特別なソフトのインストールが不要です。WindowsエクスプローラーやMacOSのFinderから、ファイルのアップロード・編集・削除を行うことができます。

 

ファイアウォールの設定変更を行う必要性

ファイアウォールの設定変更コンピューターの通信はポート(port)という窓口を通して行われます。各ポートはそれぞれの役割に応じてポート番号が割り当てられています。

FTPで使用するポートは20番と21番で、このポートを使用するためにはファイアウォール解除などの設定変更を行う必要性があります。

一方、WebDAVの場合は、インターネットの通信で使用する80番か443番のポートを使用するため、ファイアウォールの設定を変更せずに利用できます。これにより、セキュリティの関係でFTPが使えない状況であっても、WebDAVを使用する場合は、ファイルの共有が可能となるのです。

WebDAV使用時の注意点

大変便利なWebDAVですが、サーバーがWebDAVに対応していなければ、WebDAV接続はできません。また、サーバーの空き容量不足や、セキュリティ面にも注意が必要です。
WebDAVは、サーバーの空き容量を意識したり、不特定多数のユーザーがサーバーへアクセスすることを制限したりして、使用するようにしましょう。

おわりに

今回は、WebDAV機能の概要やFTPとの違いについてご紹介しました。
WebDAV機能により、デスクトップ上で自分のパソコンとサーバー間のファイルのやり取りを直感的に行うことができます。
サーバーにアップロードしたファイルを頻繁に修正する方は、WebDAV機能を利用できるレンタルサーバーがおすすめです。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年8月5日(木)12:00 ~ 2021年9月30日(木)18:00まで
内容

\18周年ありがとうキャンペーン/
対象サービスをご利用中の方、または期間中に新規ご契約される方を対象に 抽選で322名様に豪華賞品をプレゼントいたします。

あわせて

\新規ご契約ありがとうキャンペーン/
キャンペーン期間中に新規でXserverレンタルサーバーを12ヶ月以上でご契約いただきますと、初期費用が無料でご利用いただけます。

※ 2021年7月29日(木)18:00 ~ 2021年8月26日(木)18:00まで

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール