【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

UnixとLinuxの違いは?WebサーバーのOSの種類と特徴

2017.01.13 サーバー
WebサーバーのOSの種類と特徴

OS」という言葉をご存じでしょうか。OSは、私たちがパソコンやスマートフォンを使用するときに、基本となるソフトウェアのことです。例えば、パソコンに搭載されているOSとしてはWindowsMac OS、スマートフォンに搭載されているOSとしては、AndroidiOSが一般的でしょう。また、OSの中には「サーバーOS」と呼ばれるものもあります。

今回はサーバーOSの種類、UnixLinuxについてご紹介します。



サーバーOSの種類

サーバーOSとは、サーバー用として開発されたOS、あるいはサーバー用として広く使用されているOSのことです。サーバーは、クライアント(Webブラウザなど)からの多数の要求に、迅速に応答することが求められます。そのため、サーバーOSはクライアントOSと比較しても安定性に優れ、高速な処理が可能でなければなりません。また、サーバー配下のコンピュータを管理する機能があります。

サーバーOSとして有名なものは、下記の通りです。


Unix

Linux

Windows Server

Mac OS Server


Windows Serverはマイクロソフト社の提供するサーバーOSで、クライアントOSWindowsシリーズと操作感はほとんど変わらないでしょう。

Mac OS ServerはApple社の提供するサーバーOSで、Mac OS ServerMac OSUnixBSD Unix)をベースとしたOSです。


次にUnixLinuxとはどのようなサーバーOSなのか、それぞれの特徴とともにご紹介します。



Unix(ユニックス)について

Unix(ユニックス)UnixはAT&Tのベル研究所によって開発されたOSです。

現在のUnixはさまざまなOSのベースになっており、Unixから派生したOSUnixOS)としては、BSDFreeBSDOpenBSDAIXSolarisHP-UXMac OSなどが挙げられます。他にも数多くのUnixOSが提供・公開中です。


ちなみに後述するLinuxは、Unixとはソースコード上のつながりを持っておらず、厳密にはUnixOSではありません。しかし、POSIXUNIXOSの互換性に関する標準規格)を満たしておりUnixと互換性があることから、UnixOSとして扱われる場合もあるようです。


Unixの特徴としては、下記の点が挙げられます。


・さまざまなOSのベースとなっており、派生OSが多い

・クローズドソース(Unix系の一部は現在もオープンソース)

・安定性・信頼性が高く、不具合や障害が起こりにくい

・マルチユーザー・マルチタスク(一台のコンピュータに複数のコンピュータを接続し、複数のユーザーが同時に利用可能)



Linux(リナックス)について

Linux(リナックス)Linuxは1991年、フィンランドのヘルシンキ大学の学生、リーナス・トーバルズ氏によって開発されたOSです。

リーナス氏は「Unixと互換性を持つOSを開発したい」と考えていましたが、Unixは商用のため大変高価でした。そこでリーナス氏は、独自のOSを開発しLinuxを作ります。Linuxは厳密に言うと、UnixOSではありませんが、Unixと互換性のあるOSUnix互換OS)です。ちなみにLinuxという名前は、開発者の「リーナス」と「Unix」を合わせて「Linux」と名付けられました。

Linuxはオープンソースのため、多くのエンジニアたちの手によって改良が重ねられ、現在では代表的なサーバーOS1つです。


Linuxの特徴としては、下記の点が挙げられます。


Unixと互換性がある

・オープンソース

Unix同様、安定性・信頼性が高く不具合や障害が起こりにくい

・マルチユーザー・マルチタスク


おわりに

今回はサーバーOSの種類、UnixLinuxについてご紹介しました。

サーバーOSの種類は「Unix」「Linux」「Windows Server」「Mac OS Server」があり、 特にUnixLinuxの違いはその形態といえます。Unixは企業が開発しているためクローズドソース(Unix系の一部はオープンソース)、Linuxは誰でも使用や改良が可能なオープンソースです。ぜひ、OSを選ぶ際の参考にしましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール