【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

登録や更新、移管費用とは?ドメインにかかる費用の話

公開日:2017.02.02更新日:2017.09.22 ドメイン取得
ドメインにかかる費用の話

Webサイト運営にあたり、独自ドメインの取得は欠かせません。これは無料ドメインでもWebサイトを運営できますが、独自ドメインの方がSEOや管理のしやすさの面でメリットが大きいためです。

しかし、独自ドメインは無料ドメインと異なり、さまざまな費用が発生します。費用に対する不安から、ドメイン取得をためらっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自ドメイン取得(登録)に必要な費用、更新・移管費用についてご紹介します。



ドメイン取得(登録)費用

ドメインにはさまざまな種類があり、おなじみの「.com」や「.net」の他、最近では日本語ドメインと呼ばれる、日本語を利用したドメインも使えるようになりました。これらのドメインは種類やドメイン名によって取得(登録)費用が変わります。例えば、「.jp」のドメインは人気があり、取得費用も高くなります。


ドメインの取得費用は時期によっても異なります。ドメインを期間限定で格安で取得したり、サーバーとの同時申し込みで取得費用が安くなったりするなど、ドメイン取得業者がキャンペーンを実施することも少なくありません。ドメイン取得のコストをできるだけ抑えたい場合は、事前にキャンペーンなどの情報収集をしてから選ぶと良いでしょう。


ドメイン更新費用

ドメイン更新費用ドメインを継続して利用する場合、ドメインの更新費用を払う必要があります。ドメインは通常年間契約であるため、初年度が終わり2年目に入るときに更新費用が発生します。更新費用も取得(登録)費用と同様に種類やドメイン名によって価格が変わりますが、登録費用よりも高いことが多く、中には数倍の金額がかかることもあります。


また、ドメインの契約年数に応じて費用が上昇するパターンが一般的です。ドメインを取得する際は、ドメインの取得費用だけに目を向けるのではなく、取得後の更新費用も確認することが重要です。



ドメイン移管費用

ドメイン移管費用ドメインを移管する際には移管費用が発生します。ドメインの移管とは、簡単に言うとドメインの管理会社を変えるということです。ただし、管理会社を変更してもドメインは変わりません。携帯電話の番号を変えずに他社に乗り換える、携帯電話のMNP(携帯電話番号ポータビリティ)をイメージされると良いでしょう。



ドメインの仕組み

ドメインはインターネット上の住所のようなものですが、ドメインを管理する機関として「レジストリ」「レジストラ」2つがあります。

レジストリはドメインの登録申請を受け、データを管理する大本の団体です。「.net」「.com」「.jp」などのトップレベルドメイン(TLD)を管理しています。一方、レジストラはレジストリと契約をしている機関で、ドメインを代理店に卸しています。


ドメイン移管と移管費用

ドメインの移管は上述したレジストリは変更せず、レジストラを変更することを指します。ドメイン移管で転入してきたユーザーのドメイン契約期間を無料で延長するなど、お得なキャンペーンを実施する代理店もあります。


ただし、代理店の選び方によっては、キャンペーンが適用されないケースもあります。上述したようにレジストラの下に代理店が位置し、ドメインの管理業務を行っています。しかし、異なる代理店でもレジストラが同じという場合も少なくありません。このようにレジストラの変更を伴わない場合は移管とみなされず、キャンペーンが適用されないケースもあるため、注意してください。


おわりに

ドメインはWebサイトの住所のようなもので、長い付き合いになります。集客が見込めるドメインを選ぶだけではなく、登録や維持にどれだけの費用がかかるかを把握することもドメイン選びの重要なポイントです。ドメインで失敗のないように、事前の確認を怠らないようにしましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年8月5日(木)12:00 ~ 2021年9月30日(木)18:00まで
内容

\18周年ありがとうキャンペーン/
対象サービスをご利用中の方、または期間中に新規ご契約される方を対象に 抽選で322名様に豪華賞品をプレゼントいたします。

あわせて

\新規ご契約ありがとうキャンペーン/
キャンペーン期間中に新規でXserverレンタルサーバーを12ヶ月以上でご契約いただきますと、初期費用が無料でご利用いただけます。

※ 2021年7月29日(木)18:00 ~ 2021年8月26日(木)18:00まで

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール