【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

HDDとSSDの違いは?SSD搭載サーバーを利用するメリット

公開日:2018.03.12更新日:2018.02.15 サーバー
HDDとSSDの違い

HDD(Hard Disk Drive)に代わり、ノートパソコンなどで使用される機会が増えているSSD(Solid State Drive)。近年はサーバーでのSSDの利用も進んでいます。

そこで今回はSSDとは何か、SSDがサーバーに搭載されることで、どのようなメリット・デメリットがあるのかについてご紹介します。

SSDとは?

SSDとは?サーバーにはデータを保存しておくための記憶媒体が搭載されています。サーバーはこの記憶媒体から、目的となるファイルを読み込み、記録すべきファイルを書き込む動作を行っています。SSDやHDDはこの記憶媒体の一種です。

HDDとSSDは構造や仕組みが異なります。データの読み書きを行う際、HDDは高速回転する磁気ディスクへ磁気ヘッドを近づけます。イメージとしてはレコードプレーヤーに近いでしょう。一方、SSDは物理的な動作を行わず、電気的な信号を用いてデータの読み書きを行うことが特徴です。

 

普及が進むSSD搭載サーバー

サーバーに搭載される記憶媒体は従来、HDDが主流でした。現在もその傾向に変わりはありませんが、技術の発達でSSDの安定性や性能が向上し、トラブルが許されないサーバーでも、SSDの利用が増えてきています。

SSDは耐久性や耐衝撃性に優れており、かつ熱を持ちにくいという点が魅力です。サーバーの主要な故障原因であるHDDの劣化や過熱問題が解決できるということを考えると、SSDは今後ますます普及していくと予想されます。

SSD搭載サーバーを利用するメリット

SSD搭載サーバーを利用するメリットSSDが搭載されたサーバーの最大のメリットは、データの読み書きスピードにあります。磁気ディスクから物理的にデータを読み込むHDDに比べ、その差は歴然です。性能面でいえば、10倍以上の速度の差がつくこともあります。特にメールやデータベースといった、小さなデータを大量に扱う場面で効果を発揮します。

なお、RAIDという手法を用いたHDD搭載サーバーは、構成次第でSSD搭載サーバー以上のアクセススピードを実現できますが、コストパフォーマンスの面で不利になるケースが少なくありません。アクセス速度を追求しない限りは、SSD搭載サーバーをおすすめします。

なお、サーバーを自社や個人で運用する場合には、SSD搭載サーバーは、故障のリスクが少ないという点もメリットといえるでしょう。HDDは衝撃に弱く、万が一落下などさせた場合は、データを取り出せなくなる可能性があります。一方SSDは、多少の衝撃では故障しません。

SSD搭載サーバーを利用するデメリット

メリットの多いSSDですが、HDDに比べて価格が高いというデメリットがあります。画像や動画など、大容量のデータを扱うような場合にはHDDの方がコストの面で有利といえるでしょう。

なお、これまでは「SSDは低容量」ということが常識でしたが、最近では1TBを超える容量のSSDも登場しています。もちろん、技術的な意味での最大容量はHDDに軍配が上がりますが、一般的なサーバー運用においては十分な容量が確保できているといえるでしょう。

おわりに

今回はSSDとは何か、SSDがサーバーに搭載されることで、どのようなメリット・デメリットがあるのかについてご紹介しました。
SSDとは、電気的な信号を用いてデータの読み書きを行う記憶媒体の一種です。SSD搭載サーバーは、データの読み書きのスピードが早いことが特徴となります。また、性能面や耐久性などで、HDDサーバーより優れます。
SSDはHDDに比べて割高となりますが、サーバーの導入を検討している方は、SSD搭載サーバーも選択肢に入れて検討しましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年8月5日(木)12:00 ~ 2021年9月30日(木)18:00まで
内容

\18周年ありがとうキャンペーン/
対象サービスをご利用中の方、または期間中に新規ご契約される方を対象に 抽選で322名様に豪華賞品をプレゼントいたします。

あわせて

\新規ご契約ありがとうキャンペーン/
キャンペーン期間中に新規でXserverレンタルサーバーを12ヶ月以上でご契約いただきますと、初期費用が無料でご利用いただけます。

※ 2021年7月29日(木)18:00 ~ 2021年8月26日(木)18:00まで

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件

 

レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール