【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

サーバーへのアクセス集中に注意!データ転送量の制限とは?

公開日:2017.10.13更新日:2017.09.26 サーバー
サーバーへのアクセス集中に注意!

サイトへのアクセス数が急激に増えると、ページの表示に時間がかかったり、表示されなくなったりすることがありますよね。これは、サーバーから送出されるデータ量が増えることによって、データ転送量に制限がかかってしまうためです。さまざまな機会損失を防ぐためにも、サーバーのデータ転送量には十分に注意しなければなりません。
そこで今回は、サーバーのデータ転送量の詳細や制限、転送量の目安などについてご紹介します。

サーバーのデータ転送量とは?

ホームページをインターネット上で公開するためには、サーバースペース(データ保管場所)が必要です。サイトにアクセスがあると、サイトに掲載されている文字や画像、動画などの情報を、データ保管場所であるサーバーから、アクセス元である閲覧者のパソコンに送出します。データ転送量とは、閲覧者のパソコンに送出されるデータ量を表す数値のことです。
サイトへのアクセス数が多ければ多いほど、データ転送量は多くなります。

なおデータ転送量の過多は、サイトの表示が遅くなる原因の1つです。アクセスが集中することで、サーバーへの負荷が大きくなり、パフォーマンスが低下してしまいます。

データ転送量の制限とは?

データ転送量の制限とは?ほとんどのレンタルサーバーは、データ転送量の上限値を決め制限を設けています。サイトへのアクセスが集中し、データ転送量の上限値を超えてしまうと、一時的にサイトの非表示が強制実行されることがあるのです。

一方、データ転送量無制限としているレンタルサーバーの場合は、データ転送量が急激に増えたとしても、反応が遅くなるなどの影響は多少あるものの、サイトが完全に非表示になることはほぼありません。

データ転送量に制限がかかり、サイト自体が非表示になってしまうと、せっかくサイトに来てくれた訪問者の期待をそぐことになり、機会損失につながってしまいます。
サイト運営を円滑に行うためにも、サーバーを選ぶ際はデータ転送量の上限を意識して決めるようにしましょう。

データ転送量の目安は?

データ転送量の目安は?では、どのくらいのデータ転送量を想定しておくと、アクセスしにくい状況や非表示などの状態を避けられるのでしょうか。

一般的なサイトを例に、データ転送量の目安などを考えてみます。

 

 

 

 

  • ページ数:14ページ(テキストのみ×10ページ、画像あり×6ページ)
  • 1ページ容量:テキストのみ(40KB)、画像あり(200KB)
  • アクセス数:1日1,000回

上記のように仮定すると、月間転送量は以下のようになります。

1ページ40KB×10ページ×1,000アクセス×30日=12GB
1ページ200KB×6ページ×1,000アクセス×30日=36GB

月間転送量=48GB

これはあくまで概算的な数値となりますが、上記をふまえると、1カ月約50GBのデータ転送量をみておくと良いということが分かります。また、すべてのページに毎日均等にアクセスがあるということは考えにくいため、50GBというデータ転送量は「余裕がある」と判断できるでしょう。

上記のように、サイト1ページの容量を把握することで、データ転送量の目安を知ることが可能です。特に動画や画像を多く掲載するサイトの場合は、事前にデータの大きさなどを確認することをおすすめします。
サーバーを選ぶ際は、データ転送量の概算数値(容量)を把握して、余裕のあるサーバーを選ぶようにしましょう。

おわりに

今回は、サーバーのデータ転送量の詳細や制限、転送量の目安などについてご紹介しました。
ご自身が運営するサイトへのアクセス数が増えることはとても喜ばしいことですが、データ転送量が原因でサイトの表示に時間がかかってしまったり、非表示になってしまったりすると、せっかくアクセスしてくれた訪問者を残念に思わせてしまうことになります。
ご自身が運営するサイトの機会損失を回避するためにも、サイトの容量に見合ったサーバーを選ぶことが大切です。
余裕のあるサーバーを利用し、アクセス数アップを目指しましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年8月5日(木)12:00 ~ 2021年9月30日(木)18:00まで
内容

\18周年ありがとうキャンペーン/
対象サービスをご利用中の方、または期間中に新規ご契約される方を対象に 抽選で322名様に豪華賞品をプレゼントいたします。

あわせて

\新規ご契約ありがとうキャンペーン/
キャンペーン期間中に新規でXserverレンタルサーバーを12ヶ月以上でご契約いただきますと、初期費用が無料でご利用いただけます。

※ 2021年7月29日(木)18:00 ~ 2021年8月26日(木)18:00まで

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール