【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

プロバイダー(ISP)とは?レンタルサーバーとプロバイダーの違い

2018.03.23 サーバー
レンタルサーバーとプロバイダーの違い

当たり前のように毎日使用しているインターネット。スマホやパソコンからインターネットにアクセスし、情報収集などに役立てていることでしょう。一般的になったインターネットですが、その仕組みについてはよく把握していない方も少なくありません。
「プロバイダーって何?」「レンタルサーバーって何のこと?」など、インターネットに関する疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、プロバイダーの役割や概要、レンタルサーバーとプロバイダーの違いについてご紹介します。

プロバイダー(ISP)とは?

プロバイダー(ISP)とは?プロバイダーとは、「インターネット接続サービスを提供する会社」のことです。
インターネットは、スマホを持っているだけでは接続できません。プロバイダーのサービスを利用することで、初めてインターネットへと接続することができます。
簡単にいえば、プロバイダーは「スマホやパソコンとインターネットをつなぐ役割」を担っています。

インターネットを高速道路、パソコンやスマホを自動車に例えてみましょう。自動車で高速道路を走るためには、料金所でお金を払わなくてはいけません。インターネットで料金所の役目を果たしているのがプロバイダーです。ユーザーはプロバイダーに決められた料金を支払うことで、インターネットを利用できるようになります。

インターネットに接続するためのプロバイダー選び

インターネット接続のためのプロバイダー選び上述した通り、インターネットに接続するためにはプロバイダーとの契約が必要不可欠です。
プロバイダーとの契約は、さまざまな手続きがあるため面倒に感じてしまうこともありますが、どのプロバイダーと契約を結ぶのかをよく考えることが大切です。各プロバイダーの料金や回線速度、アフターサービスなどを比較して、自社に合ったプロバイダーを選びましょう。

なお、プロバイダーが提供するインターネット回線サービスには、個人向けサービスと法人向けサービスの2種類があります。法人向けサービスの特徴は、「固定IPアドレスが与えられる」「通信速度制限がない」という点です。
独自ドメインでホームページを公開するときは固定IPアドレスが必須です(レンタルサーバーを利用する場合を除く)。また、個人向けサービスのように、一定のデータ通信量を超過したときに通信速度の制限を受けることはありません。

レンタルサーバーとは?プロバイダーとレンタルサーバーの違い

インターネットに詳しくない方の中には、プロバイダーとレンタルサーバーの違いが分からず、混乱してしまう方もいます。
レンタルサーバーとプロバイダーはまったく別物です。プラバイダーがインターネット接続サービスを提供する会社であるのに対して、レンタルサーバーとは、インターネット上でのデータ保管庫の貸し出しサービスを意味します。レンタルサーバーを借りることで、インターネット上に、自社ホームページに掲載する画像データや、社内で共有したいデータを保管することができるのです。

レンタルサーバーを借りるだけでは、インターネットに接続できません。また、レンタルサーバーを使用するためには、プロバイダーと契約してインターネットに接続する必要があります。

レンタルサーバーとプロバイダーは根本的に役割が違うため、きちんと把握しておきましょう。

おわりに

今回は、プロバイダーの役割や概要、レンタルサーバーとプロバイダーの違いについてご紹介しました。
レンタルサーバーがインターネット上のデータ保管庫であるのに対して、プロバイダーはインターネット接続サービスを提供する企業を指します。法人の場合はインターネット回線の通信速度や安定性が業務効率に大きな影響を与えるため、プロバイダー選びは慎重に行いましょう。

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件

 

現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール