【レンタルサーバー比較なび】は、共有・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

サーバー引っ越し方法は?サーバー移管(移行)の手順と注意点

2016.09.24 サーバー
サーバー移管(移行)

 

自社内でWebサーバーを立ち上げている企業はあまり多くはありません。ほとんどの企業がサーバーレンタル会社のサーバーを利用しています。自社のWebサイトのレスポンス速度向上や、サーバーレンタル費用削減のために、サーバーの引っ越しを検討されている企業も多いことでしょう。

契約しているサーバーレンタル会社を別の会社に替える場合、サーバーの引っ越し、つまりサーバー移管(移行)を行う必要があります。そこで今回は、サーバー移管(移行)の手順と注意点をご紹介します。

 

サーバー移管(移行)の手順

 

手順レンタルサーバーの引っ越しであるサーバー移管の手順をご説明します。

 

一般的なサーバー移行手順

1.新レンタルサーバーの契約を行う

2.旧レンタルサーバーから自社のストレージにデータをダウンロードする

3.新レンタルサーバーにデータをアップロードする

4.新レンタルサーバーでの表示・動作確認を行う

5.ドメインのDNSを書き換える(新旧両サーバーが稼働状態に)

6.旧レンタルサーバーの契約を解除する

 

データベースを利用しているWebサイトの場合の追加手順

1.旧レンタルサーバーのデータベースを自社内のストレージにエクスポートする

2.新レンタルサーバーでデータベースを作成する

3.新レンタルサーバーにデータベースをインポートする

 

 

サーバー移管(移行)の注意点

 

注意点サーバー移管は、前述の通りに進めていけば比較的簡単に終了しますが、手順以外に注意しなければならないことがいくつかあります。

 

メールアドレスの再設定とメールソフトのメールアカウント追加

旧サーバーでメールアカウントを設定している場合、新サーバーで同じメールアカウントを設定する必要があります。また、DNS変更後、新サーバーへの移転が完全に完了するまでに半日~3日かかることがあります。そのため、旧サーバーのメールアカウントをすぐに削除してはいけません。

メールソフトのアカウントも、旧サーバーからの受信を可能にしておくとともに、新サーバーからも受信できるようにメールアカウントを追加する必要があります。旧サーバーのアカウントの削除は、旧サーバーの契約解除後に行ってください。

 

新サーバーでの表示・動作確認

表示・動作確認は自分のPCで行うことができますが、一般のユーザーではほとんど触ることのない、PC設定の一時的な変更が必要になります。そのため、表示・動作確認時のPC設定の変更については、詳しい知識を持った人にお願いするようにしましょう。

また、リダイレクトを行うCMSプログラムなどは、動作確認ができない場合があります。PCで動作確認ができない項目と、その対応策を事前に検討しておきましょう。

 

旧サーバーの契約期間について

表示・動作確認が終了したからといって、すぐに旧サーバーの契約を解除してはいけません。これは新しいサーバーへアクセスするためのDNS情報が半日~3日経過しないと反映されないためです。12週間は旧サーバーの契約は保持しておきましょう。

 

ルートからのパス変更有無の確認 

旧サーバーと新サーバーとで、ルートからのパスが同じであることを確認しておきます。もし異なっている場合には、パスの記述を変更する必要があります。

 

ドメインの移管作業

サーバーの引っ越しを機に、「○○○.com」から「○○○.jp」などのようにドメインを変更することを考えている企業もあるでしょう。変更する新旧ドメイン名の種類によって、変更作業の内容・手順が異なるため、十分な事前調査をする必要があります。

 

おわりに

Webサーバーの引っ越しというと、すべてのデータを新しいサーバーにコピー&ペーストするだけと思いがちですが、ご紹介したように、その他にもさまざまな手順や注意が必要です。注意点に対する事前の調査・確認を行い、その対応策をしっかり立てたうえで、移行手順書を作成すれば、失敗することはありません。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

KDDIウェブコミュニケーションズ
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 3,800円~
容量 無制限 ※共有サーバーのため稼働状況によって制限有
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプランのおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー
総合評価
4
口コミ
7
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバ

さくらインターネットレンタルサーバ
総合評価
4.0
口コミ
5
月額価格 515円~
容量 10GB~最大500GB
サポート 日本国内 24時間365日有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバのおすすめポイント

1. ワンコインから、ホームページもメールも運用可能なサーバー!
2. クイックインストール機能で、CMSやショッピングカートのアプリケーションが簡単操作で利用可能。
3. 利用目的に合わせたプランの選び方ができるコスパの良さが魅力。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
種類
月額料金
容量
支払い方法
セキュリティ
Webアプリ
ケーション
サポート体制
現在の
口コミ件数
78

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

無料診断 受付中!
おすすめレンタルサーバーランキング

【NTTコミュニケーションズ】Bizメール&ウェブ ビジネス

NTTコミュニケーションズBizメール&ウェブビジネス

1. レンタルサーバー初心者でも安心の24時間サポート体制!
2. 大...

公式サイトを見る

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

1. ドメイン登録サービス会社が運用しているため、ドメインの取得からサーバー手配...

公式サイトを見る
    
今月のキャンペーン
SSL GMOグローバルサインのサイトシール