【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

Webサーバー「Nginx」とは?Apacheとの違いについてご紹介

2017.12.18 サーバー
Nginxとは?Apacheとの違い

Nginxとは、インターネットを支えるWebサーバーの1つです。Webサーバーは「Apache」がもっともスタンダードといわれていますが、ApacheとNginxにはどのような違いがあるのかご存じでしょうか。
そこで今回は、Webサーバー「Nginx」の特徴や、「Apache」との違いについてご紹介します。

Nginxとは?

Nginxとは、パソコンやスマートフォンにWebサイトを提供するソフトウエアの1つで、エンジンエックスと読みます。オープンソースのWebサーバーで、無料での利用が可能です。
Apacheの代替となり得るといわれており、大手サイトなどでも利用されています。

Nginxの特徴

Nginxの特徴Nginxは、「C10K問題」というWebサーバーの接続上の問題点をクリアするために開発されました。

Cはクライアント、10Kは1万台を指していて、クライアントから同じタイミングで大量にアクセスがあると、メモリが不足してしまい、正常な処理ができなくなってしまうのです。

Nginxは同時リクエストを素早く処理することができるため、1日に膨大な量のリクエストが発生する、大規模なサイトでの利用に適しているといえます。

また、サーバーへの接続を経由する「リバースプロキシ」としての機能が備わっている点も、Nginxの特徴です。Nginxを経由することにより、本体のWebサーバーやアプリケーションサーバーの負荷を減らし、負荷分散装置「ロードバランサー」としての役割を果たすことができるのです。

なおNginxは、多くの機能がモジュール化されています。機能の取り外しができるため、使用しない機能を外して軽量化したり、独自の機能を開発して追加したりすることができます。柔軟にカスタマイズして利用できる点はメリットといえるでしょう。

NginxとApacheの違いについて

ここでは、NginxとApacheとの違いについてご紹介します。

静的コンテンツの処理が得意

静的コンテンツの処理が得意Nginxは、HTMLドキュメントや画像ファイルなどの静的コンテンツを処理する能力がApacheよりも高いといえます。また、同時アクセスが増えても、安定した動作が可能です。

その反面、Nginxは動的コンテンツの処理には向いていません。
なおApacheは、動的コンテンツの処理が得意です。動画配信やデータベースの処理など、複雑なアプリケーションを処理する場合はApacheを利用することをおすすめします。

Nginxをリバースプロキシサーバーとして利用して、動的コンテンツはApacheに処理させるという相互の利用も効率的です。

メモリ使用量が少ない

Nginxは同時リクエストを「多く、早く」処理することに特化しているため、本体をシンプルにすることで、メモリ使用量を少なくしています。
一方、Apacheは機能が豊富で拡張も可能ですが、メモリの使用量は多くなります。
また、Nginxはリクエスト数が増えてもメモリ使用量は変わりませんが、Apacheはリクエストの量に応じてメモリが消費されるのです。

おわりに

今回は、Webサーバー「Nginx」の特徴や、「Apache」との違いについてご紹介しました。
Nginxは、同時アクセスが増えても安定した接続が可能で、使用メモリが少ない軽量のWebサーバーです。そのため、アクセスの多い大規模サイトだけではなく、限られたリソースしか使用できない環境での利用にも適しています。
Nginx とApacheのどちらを利用するかで悩んだ場合は、それぞれの特徴を理解した上で検討するようにしましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール