【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

サーバーを借りる時に意識したいデータベース管理システム「MySQL」とは?

2017.09.29 サーバー
7718-00069-1

会社ホームページを開設する場合、サーバーを借りてデータを格納します。しかし、サーバー内のデータがバラバラに保存されていては、必要なときに利用できません。
そこで、データの検索や更新がしやすいように整理したものがデータベースです。
今回は、GoogleやFacebook、Twitterでも利用されるなど、圧倒的なシェアを誇るデータベース管理システム「MySQL」についてご紹介します。

MySQLとは

MySQLとは、関係データベース管理システムの1つです。複数のメンバーでデータの共有や検索、更新するときにデータベースを使用します。

関係データベース管理システムもテーブル(表)形式でデータを管理しているため、表計算ソフトと似ているところがあります。
例えば、商品名や数量、単価といった商品データを表計算ソフトに登録しておき、検索機能を使って検索するという使い方です。

ただし、データベース自体は表計算ソフトのような検索機能を持っていません。MySQLのSQL(Structured Query Language:構造化問い合わせ言語)は、データベースを操作するための言語を指し、SQL文でデータベースに対して問い合わせ要求を行い、知りたい情報を取得します。

MySQLをインストールしたサーバーに、商品データやよくある質問(FAQ)などの情報を登録しておけば、それらの情報をWebサイトから閲覧することが可能です。

MySQLの特徴

MySQLはオープンソースであり、費用を抑えてサーバー構築を行うことができます。サーバーを運用する際に気になる点がセキュリティーですが、MySQLではSSHやSSLによるセキュアな接続が可能です。多くの企業に採用されていることからも分かるように、信頼性は高く、24時間365日の稼働でも安定して動作します。

また、データの一貫性を保つためにトランザクションを適切に処理する機能を備えている点も魅力です。トランザクションとは、データベースを操作する際の一連の不可分な処理のことで、通信障害でデータベースとの接続ができなくなった場合は、トランザクションが適切に処理されず、データに矛盾が生じる可能性があります。このような状況が起きることを防ぐため、MySQLはテーブルや行にロックをかける機能を備えているのです。

MySQLを使用するメリット

1.WordPressを使ったWebサイト制作が可能に

WordPressを使ったWebサイト制作が可能にWordPressでは、データベースとしてMySQLを利用します。WordPressとは、オープンソースのCMS(Content Management System:コンテンツ管理システム)の1つです。個人サイトはもちろん、多くのコーポレートサイトがWordPressで制作されています。

魅力ある自社サイトを制作するためにデザインは重要な要素ですが、WordPressには無料のデザインテンプレートもあり、コーポレートサイトにふさわしいデザインを選ぶことが可能です。

WordPressが利用される大きな理由は、Webに詳しくない担当者の方であっても、コンテンツの追加や修正などの日々の更新作業を簡単にできるからです。
WordPressの運用で分からないことがあった場合でも、書籍やWebで手軽に情報が手に入る点も魅力です。

2.あらゆるOSで動く

あらゆるOSで動くWebサーバーを構築する際は、LAMP環境を構築することが一般的です。
LAMPとは、サーバーOSによく採用されるLinux、WebサーバーソフトウェアのApache、データベース管理システムのMySQL、サーバー側で動くプログラミング言語PHPを指しています。

Linuxサーバーはフルオープンソースでまったくコストをかけずに構築することができます。サポートが受けられる商用版Linuxを利用する場合も、ライセンス料が高額なWindowsサーバーとは異なり、コストを抑えることが可能です。

しかし、Linuxサーバーの運用経験が少なく、Windowsサーバーを使いたいというときもあるでしょう。MySQLはWindows環境下でも動くため、使い慣れているWindowsサーバーにインストールして使うことが可能です。

おわりに

今回は、サーバーを借りるときに意識したいデータベース管理システム「MySQL」についてご紹介しました。
さまざまなデータベース管理システムがありますが、これからサーバーを運用するのであれば、広く利用されているMySQLがおすすめです。特にWordPressを利用する際はMySQLが必須であるため、レンタルサーバーを借りるときには、MySQLが使えるかどうかを忘れずに確認しましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール