【レンタルサーバー比較なび】は、共有・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

LPOとは?Webサイトの運営でランディングページの最適化が重要な理由

ランディングページの最適化

Webサイトの運営では、コンバージョンを増加させるために、ランディングページがよく作成されます。近年はランディングページ作成と併せて、「LPO」に取り組む企業が少なくありません。
そこで今回は、Webサイトの運営でランディングページの最適化が重要な理由についてご紹介します。

LPOとは?

LPOとはLPOとは、「Landing Page Optimization」の略称です。日本語で「ランディングページ最適化」を意味し、具体的にはサイトが生み出すコンバージョン率の向上を目的として、ランディングページを最適化する取り組みを指します。

ランディングページには、「サイト来訪者が最初に目にするページ」という意味と、「コンバージョン獲得のために作成された縦長のページ」という意味の2つがありますが、一般的には後者を意味します。

 

LPO実施上の2つのポイント

LPOの実施には2つのポイントがあります。

【1】ユーザーのニーズと合致させる

1つ目のポイントは、ランディングページのコンテンツを、ユーザーのニーズに合致したものにすることです。アプローチしたいユーザーを明確にして、その層に合わせた情報を発信します。LPOで成果を上げるためには、ペルソナをしっかりと作り込んでおくことが大切です。

【2】サイトの構成を整理する

2つ目のポイントは、サイトの構成を整理し、情報をユーザーに分かりやすく伝えることです。ユーザーは自分にとって有益なサイトであるかどうかを判断し、場合によってはすぐにサイトから離れてしまいます。サイトのレイアウトやコンテンツを工夫し、ユーザーにサイトの有益性を認識してもらうことが大切です。

Webサイト運営におけるランディングページの重要性

Webサイト運営においてLPOが求められるようになってきた背景には、ランディングページの重要性が高まっていることが影響しています。
理由としては、以下の2点が挙げられます。

【1】ユーザーの目に触れる機会が多い

ランディングページは「ユーザーが最初に目にするページ」と「コンバージョン獲得に特化した縦長のページ」という2つの定義が存在します。いずれのケースについても、ユーザーの目に触れる機会が多いという点は共通しています。ランディングページの記載内容やレイアウトが、ブランドイメージを左右することさえあります。

【2】外部施策コストの高騰化

SEO対策やリスティング広告は、能動的に情報を検索しているユーザーにアピールするための「外部施策」として一般的です。しかし近年、外部施策のコスト高騰化が懸念されています。ランディングページをはじめとする内部施策は、コスト面での負荷が少なく、外部施策と同様の効果が期待できるため、最近は内部施策に注力するケースが増加しています。

ランディングページにはどのような情報を掲載する?

どのような情報を掲載する?ランディングページには、具体的にどのような情報を掲載するべきなのでしょうか。
情報を掲載する基準はサイトによってさまざまですが、基本的な考え方は「ニーズに対して必要な情報を過不足なく盛り込むこと」です。

ユーザーは検索ワードを入力して、ランディングページへとたどり着きます。検索ワードにはユーザーのニーズが反映されており、ランディングページにはこのニーズに呼応した内容が掲載されていなければなりません。

例えば、「スニーカー 配送料」という検索ワードでたどり着いたランディングページで、いつまでも配送料に関する記載を見つけられなければ、ユーザーはサイトを離れてしまいます。場合によっては、幅広いニーズに対応するために複数のランディングページを制作することも有効です。

おわりに

今回は、Webサイトの運営でランディングページの最適化が重要な理由についてご紹介しました。
ランディングページは、Webサイトのコンバージョンに大きく影響します。LPOを実施する際は、ターゲットユーザーを強く意識し、ニーズにマッチしたコンテンツを制作することが重要です。
適切なLPOを実施し、成果の出るランディングページにしましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプラン

KDDIウェブコミュニケーションズ
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 3,800円~
容量 無制限 ※共有サーバーのため稼働状況によって制限有
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】共用レンタルサーバー シェアードプランのおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー
総合評価
4
口コミ
7
月額価格 1,200円~
容量 200GB~400GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速・高性能サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限で使え、証明書発行も短期間!すぐにセキュアな環境が整います。
3. 自動バックアップ機能で、故障などによるデータの損失にも対応可能。

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバ

さくらインターネットレンタルサーバ
総合評価
4.0
口コミ
5
月額価格 515円~
容量 10GB~最大500GB
サポート 日本国内 24時間365日有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【さくらインターネット】さくらのレンタルサーバのおすすめポイント

1. ワンコインから、ホームページもメールも運用可能なサーバー!
2. クイックインストール機能で、CMSやショッピングカートのアプリケーションが簡単操作で利用可能。
3. 利用目的に合わせたプランの選び方ができるコスパの良さが魅力。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
種類
月額料金
容量
支払い方法
セキュリティ
Webアプリ
ケーション
サポート体制
現在の
口コミ件数
78

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

無料診断 受付中!
おすすめレンタルサーバーランキング

【NTTコミュニケーションズ】Bizメール&ウェブ ビジネス

NTTコミュニケーションズBizメール&ウェブビジネス

1. レンタルサーバー初心者でも安心の24時間サポート体制!
2. 大...

公式サイトを見る

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

XSERVERレンタルサーバー

1. 高速・高性能サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SS...

公式サイトを見る

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

【お名前.com】お名前.comレンタルサーバー

1. ドメイン登録サービス会社が運用しているため、ドメインの取得からサーバー手配...

公式サイトを見る
    
今月のキャンペーン
SSL GMOグローバルサインのサイトシール