【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

ドメイン強化でサイトへの流入を増やす!ドメインパワーを上げる方法5つ

ドメイン強化でサイトへの流入

サイトを作成・運営する際には、いかにして検索順位を上げるかを考える必要があります。あるワードを検索エンジンに入力したときに上位表示されるサイトは、いわゆるドメインパワーが強いサイトです。

できるだけ多くの人をサイトに流入させるために、ここではドメインパワーを上げる方法を5つご紹介します。



ドメインパワーとは

ドメインパワーとはドメインパワーとは、各々のドメインが、Googleなどの検索エンジンからどの程度の信頼・評価を得ているのかを示す言葉です。

例えば、既に集客力があるサイトと新設されたサイトを比較すると、前者の方が検索エンジンで上位表示される傾向にあります。

また、ドメインパワーは「ドメインオーソリティ」とも呼ばれ、ドメインオーソリティの高いサイトのことを「オーソリティサイト」といいます。



ドメインパワーを上げる5つの方法

ドメインパワーを上げる5つの方法具体的にドメインパワーを上げる代表的な方法は、以下の通りです。


1.コンテンツの質を上げる

Googleなどの検索エンジンは、上位表示の基準としてコンテンツの質を重視しているため、ドメイン強化にはコンテンツの質が大きく関係してきます。


例えば、他サイトのコンテンツをそのままコピーしてコンテンツを作成した場合は、SEO上評価されにくいだけではなく、ドメイン自体がペナルティを受けるリスクもあります(ペナルティを受けると検索順位が下がる、または検索圏外になる)。さらには、著作権上の問題が生じる可能性もあるため、コピー&ペーストはサイト運営においてタブーの1つです。

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーにとってよりメリットのあるコンテンツを評価します。したがって、情報が間違っていない、読者の疑問や悩みを解決できる答えを書いている、オリジナリティがあるなど、質の高いコンテンツを作成するように心掛けましょう。


2.コンテンツの量を増やす

集客力が高いサイトはコンテンツの量も膨大です。

記事形式のコンテンツであれば、記事数を増やしてみましょう。文章主体であれば、11つの記事の文字数を増やすこともドメイン強化につながります。


ただし、あくまでコンテンツの質が重要です。いくら記事数や文字数が多くても、低品質の記事やコピーした文章を投稿している場合は、かえって評価が下がる要因になります。コンテンツの質を一定以上に保ったまま、量を増やしていきましょう。


3.内部リンクを貼る

内部リンクを貼るとは、「こちらの記事も関連性が高いため、読んでみてください」という意味合いで、自サイトのページに自サイトの別ページへのリンクを貼ることです。

効果的に内部リンクを貼れば、訪問者のサイト直帰率が下がって回遊性が上がり、結果的にドメインパワーの向上につながります。


4.質の高い被リンクを増やす

質の高い被リンクとは、例えばドメインパワーの高いサイト(オーソリティサイト)から受けるリンクのことです。被リンクの評価は、リンク元サイトのドメインパワーにも左右されます。

それならば、ドメインパワーの高いサイトで記事を作り、そこから自サイトにリンクを貼れば良いのではと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、一概にSEO上の意味はあるとはいえません。既にドメインパワーが高いサイトからの発リンクには「nofollow」という属性が付いており、リンク先のドメインに影響を与えない設定になっていることが大半なのです。

したがって、自然に被リンクが増えるような質の高いコンテンツ作りを意識しましょう。



5.更新頻度を上げる

サイトがいつ変更されるのか、どのくらいの頻度で更新されるかなどに基づいて決定されるものが検索エンジンによるクロールの頻度です。更新頻度が高い方がクロールされやすく、クロールのペースが速ければ、最新の状態のサイトがより早く検索エンジン上に反映されることを表します。他4つの方法のように直接的ではないにせよ、更新頻度もドメインパワーを間接的に高める方法だといえるでしょう。


おわりに

サイトを運営し、利益につなげていくのであれば、サイトの評価を示すドメインパワーは必ず考えなければならない要素です。ドメインパワーを上げる際には、まずコンテンツの質を上げることを優先し、それから量や内部リンクのことなども対策していきましょう。

検索エンジンからのサイト流入を増やしたい場合は、まずドメインパワーを上げることを意識してみてはいかがでしょうか。

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール