【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

サーバーにアクセスできない?エラーが起こるときに考えられる原因

2017.01.07 サーバー
サーバーにアクセスできない

Webサイトを運営していく中で起こるトラブルの1つに、サーバーにアクセスできなくなることがあります。サーバーにアクセスできなくなるにはさまざま理由がありますが、大きくは「クライアントエラー」「サーバーエラー」に分けられます。今回は、サーバーにアクセスできないときに考えられる原因についてご紹介します。


なぜサーバーにアクセスできない?

Webサーバーからクライアント(Webブラウザなど)に返すコード(3桁の数字)のことをHTTPステータスコードと呼びます。HTTPステータスコードは100番台~500番台まであり、400番台と500番台がエラーに関するコードです。

400番台は「クライアントエラー(Client Error)」に関するコードで、クライアント側に原因があることを表しています。

500番台は「サーバーエラー(Server Error)」に関するコードで、サーバー側に原因があることを表しています。

エラー時に現れるHTTPステータスコードがそれぞれの原因を表しているので、エラーが起きた際にはそちらを参考にして対策を考えることができます。


クライアントエラー(400番台)

クライアントエラー

クライアントエラーを表すステータスコードは、代表的な404 Not Foundの他にもさまざまな種類があります。










400 Bad Request

リクエストが不正であることを意味します。ブラウザのクッキーを消したりブラウザを変更したりすると改善することがあります。

401 Unauthorized

認証(Basic認証など)に失敗したことを意味します。

402 Payment Required

有料コンテンツの認証に失敗したことを意味します。

※まだ実装されておらず、将来使用するために予約されているコードです。

403 Forbidden

禁止されている、もしくはアクセス権限がないことを意味します。比較的遭遇しやすいエラーコードです。たとえば「.htaccess」の設定ミス、パーミッションの設定ミス、WAFの設定ミス、DNSが浸透していない、アクセス禁止を受けた場合などに表示されます。

404 Not Found

リソース(該当ページなど)が見つからないことを意味します。広く知られているステータスコードです。URLが間違っている、リンク切れしている場合などに表示されます。

405 Method Not Allowed

許可されていないメソッドを意味します。セキュリティ上の理由により許可されていないHTTPメソッド(GETPOSTPUTなど)でアクセスできない場合に表示されます。

406 Not Acceptable

Accept関連のヘッダに受理できない内容が含まれていることを意味します。

407 Proxy Authentication Required

プロキシ(Proxy)認証が必要であることを意味します。

408 Request Timeout

リクエストがタイムアウトしたことを意味します。サーバー側で設定されている待ち時間を超えた場合などに表示されます。


サーバーエラー(500番台)

サーバーエラー

次にサーバーエラー(500番台)をご紹介します。こちらのエラーが表示された場合は、サーバー側に問題があることが考えられます。









500 Internal Server Error

サーバー内部のエラーを意味します。CGIスクリプトなどに誤りがある場合に表示されます。

501 Not Implemented

サポートしていないリクエストであることを意味します。

502 Bad Gateway

不正なゲートウェイであることを意味します。ゲートウェイサーバーやプロキシサーバーが他のサーバー(上位サーバー)から不正なレスポンスを受け取った場合に表示されます。

503 Service Unavailable

サービスが利用不可であることを意味します。広く知られているステータスコードです。アクセス集中でサーバーが処理しきれない、サーバーがメンテナンスしているといった場合に表示されます。

504 Gateway Timeout

ゲートウェイのタイムアウトを意味します。ゲートウェイサーバーやプロキシサーバーがタイムアウトした場合に表示されます。

505 HTTP Version Not Supported

サポートしていないバージョンのHTTPであることを意味します。



おわりに

Webサイトを運営しているとさまざまなエラーに出くわすことがあります。表示されるエラーメッセージの番号がどのようなエラーを表しているのかを知っていれば、すぐに適切な対処を行うことができます。

もしサーバーにアクセスできない場合、まずはWebブラウザに表示されているエラー内容から、そのエラーのHTTPステータスコードを確認してみてください。


あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール