【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

サイト運用に必要なレンタルサーバーのディスク容量はどれくらい?

2017.11.02 サーバー
サイト運用に必要なレンタルサーバー

サイト運用のためにレンタルサーバーを借りるとき、ディスク容量について悩む方は多いのではないでしょうか。
ディスク容量が大きいサーバーを選んだ場合、容量不足を心配することなくサイト運用できますが、レンタルコストがかかってしまいます。一方、ディスク容量の小さいサーバーを選んだ場合、サイト運用を続けているうちに、ディスク容量が不足してしまう可能性があるのです。
今回は、サイト運用に必要なレンタルサーバーのディスク容量についてご紹介します。

レンタルサーバーのディスク容量とは?

レンタルサーバーのディスク容量とは、サーバーのハードディスクの容量です。レンタルサーバーのプランによって、ディスク容量や機能、月額料金は異なります。
なお、ディスク容量は「~GB」と表示され、1GBは1,000MB(メバガイト)もしくは1,024MBとなります。

レンタルサーバーをWebサーバーやメールサーバーとして利用している場合、ディスク容量が不足してしまうと、サイト更新やメール受信ができなくなるため注意してください。
なお、レンタルサーバーはディスク容量が大きくなるほど、費用がかかってしまいます。そのため、サイト運用に必要なディスク容量を見極めて、適切なレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

レンタルサーバーの「Web領域」と「メール領域」

レンタルサーバーのディスク容量は、「Web領域」と「メール領域」の2つに分けることができます。Web領域は、サイトに必要なHTMLファイルや画像などのデータを置く領域です。一方、メール領域は、メールを保存するメールボックスのための領域となります。
レンタルサーバーには、Web領域で利用できるディスク容量とメール領域で利用できるディスク容量が、それぞれ指定されているものがあります。また、ディスク容量を2つの領域で区別していないレンタルサーバーもあるのです。

個人サイトの運営に必要なディスク容量について

必要なディスク容量について個人サイトを運営する場合、どれくらいのディスク容量が必要になるのかご存じでしょうか。

個人が運営するサイトは、画像を大量に掲載する場合などを除けば、ディスク容量は10GBもあれば十分です。
サイトのページ数が多い場合であっても、ページで使用するHTMLファイルの容量は小さいため、10GBのディスク容量で問題なく運営できるでしょう。

 

 

法人サイトの場合はメール容量に注意!

法人サイトの場合はメール容量に注意法人サイトの運営において、レンタルサーバーをWebサーバーとメールサーバーで兼用する場合は、メールの容量に注意してください。

レンタルサーバーをWebサーバー専用として利用していれば、個人サイトと同程度のディスク容量で済みますが、メールサーバーとして利用する場合は、社員全員分のメールを受信できるディスク容量を確保する必要があります。
なお、ディスク容量をWeb領域とメール領域で区別しないレンタルサーバーの場合、メール領域を大きく取れるため、40GB程度のディスク容量があれば良いでしょう。

おわりに

今回は、サイト運用に必要なレンタルサーバーのディスク容量についてご紹介しました。
レンタルサーバーのディスク容量とは、サーバーのハードディスクの容量です。なお、レンタルサーバーのディスク容量は、「Web領域」と「メール領域」の2つに分けることができます。
サイトの運営に必要なレンタルサーバーのディスク容量は、サイトに掲載する画像数や、受信するメールの容量などによって異なります。
運営するサイトに必要とされるディスク容量を考慮した上で、レンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
口コミ
3
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
口コミ
7
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年6月3日(木)18:00 ~ 2021年6月17日(木)18:00まで
内容
① もれなく永久無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン
.com .net .org .info .biz .blog の中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント中。※サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料

② もれなくサーバー初期費用が半額!
初期費用3,300円が1,650円に!

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
口コミ
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
現在の
口コミ件数
87

当サイトはユーザのみなさまからの声で運営されています。

    
レンタルサーバーの選び方
    
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール