【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

コンバージョン(CV)とは?Webサイト運用で理解するべきコンバージョンについて

公開日:2018.03.27更新日:2019.08.28 サイト運営・集客
Webサイト運用で理解するべきコンバージョン

Webサイト運用においてとても重要な指標となる「コンバージョン(CV)」。
Webサイト運用を始めたばかりの方や、初心者の方にとってコンバージョン設定は少し複雑に思えるかもしれませんが、コンバージョンをどのように定義するかによって、売り上げなどの目標達成率にも大きく影響するため、コンバージョンについてしっかりと理解することが大切です。
そこで今回は、Webサイトを運用する上で理解するべきコンバージョンについて、詳しくご紹介します。

コンバージョン(CV)とは?

コンバージョン(CV)とは?コンバージョンとは英語の「Conversion」のことで「CV」と略称で表記されることも多くあります。
Conversionを直訳すると「変換・転換・交換」といった意味となりますが、Webマーケティングの分野では「Webサイト上で獲得できる最終的な実績や成果」のことを指す、重要な指標の1つとされます。

コンバージョンを設定し、結果を把握することで、自社Webサイトがどれだけ目標を達成しているのかが明確になるため、Webサイト運用において、コンバージョンを正しく定義・設定することはとても大切です。
Webサイト運用担当者またはマーケティング担当者にとっては、コンバージョン数を効率的に獲得し、向上させることが最大のミッションといえるでしょう。

コンバージョン(CV)の具体例

運用するWebサイトのコンテンツや目指すゴール、目的によってコンバージョンは異なります。
ここでは、コンバージョンの具体例をご紹介します。

ECサイトでは「商品購入」

ECサイトでは「商品購入」近年急激に増えているECサイト。自社商品の販売経路の1つでもあるため、多くの企業が活用しています。
そんなECサイトで最も重要となるコンバージョンは「商品購入」です。
この場合「コンバージョン率が上がる=売り上げアップ」のため、ECサイトにおいてはいかにコンバージョン率を上げるかが重要な施策ポイントとなります。

 

 

サービスや製品紹介サイトでは「お問合せ」や「資料請求」

サービス紹介サイトや製品紹介サイトでは、「お問合せ」や「資料請求」などがコンバージョンとなります。
商品購入につながらない限り、直接収益に関わってくるアクションではありませんが、企業にとっては「成果」といえます。
特に、サービスや製品の価格が高額である場合や、販売までにコミュニケーションを挟んだほうが売り上げにつながる見込みがある場合は、「お問合せ」や「資料請求」をコンバージョンとして設定することで、顧客獲得率アップにつなげることもできるでしょう。

情報提供サイトでは「会員登録」や「メルマガ登録」

情報提供サイトの場合は「会員登録」や「メルマガ登録」などがコンバージョンとなります。情報提供サイトの場合、会員登録やメルマガ登録があることで、閲覧数の維持や顧客育成などに役立ち、収益源獲得のチャンスにつながります。
また、運営している情報提供サイトで広告収入を得ている場合は「広告クリック」や「広告先の商品購入」などもコンバージョンとしてみなすことが可能です。
ユーザーのどういったアクションがゴールにつながるのかをふまえて、自社の情報提供サイトの運営方法に適したコンバージョンを設定しましょう。

おわりに

今回は、Webサイトを運用する上で理解するべきコンバージョンについてご紹介しました。
Webサイト運用を始めたばかりの方にとっては「コンバージョン」という単語自体あまり聞き慣れないため、どのようにWebサイト運用に影響するのか、分かりづらいかもしれません。
コンバージョンを定義・設定することは、費用対効果の把握や、予算管理などに役立つため、Webサイト運用において非常に重要です。
まずは、自社サイトでユーザーが取る行動の「最終的な成果」とは何かということをふまえ、適切なコンバージョンを定義してみましょう。

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年8月5日(木)12:00 ~ 2021年9月30日(木)18:00まで
内容

\18周年ありがとうキャンペーン/
対象サービスをご利用中の方、または期間中に新規ご契約される方を対象に 抽選で322名様に豪華賞品をプレゼントいたします。

あわせて

\新規ご契約ありがとうキャンペーン/
キャンペーン期間中に新規でXserverレンタルサーバーを12ヶ月以上でご契約いただきますと、初期費用が無料でご利用いただけます。

※ 2021年7月29日(木)18:00 ~ 2021年8月26日(木)18:00まで

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件

 

レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール