【レンタルサーバー比較なび】は、共用・VPS・マネージドサーバーの比較・ランキングサイトです。

サイトリニューアル時は要注意!SEO評価を引き継げる301リダイレクトとは?

公開日:2017.10.20更新日:2017.09.26 サイト制作
SEO評価を引き継げる301リダイレクトとは?

WEBサイトのリニューアルに伴い、URLの変更が発生する場合は、301リダイレクトを設定する必要があります。301リダイレクトとは、SEO評価に関わる重要なステータスコードです。
301リダイレクトに関して、重要性があまりよくわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、301リダイレクトの重要性や注意点についてご紹介します。

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、URL変更時に設定が推奨されている、転送処理のためのステータスコードです。
301リダイレクトを設定することで、古いURLの訪問者を自動的に新しいURLへ転送できます。サイトリニューアルの際は、301リダイレクトを忘れずに設定しましょう。

なお、301リダイレクトは恒久的な移転の場合に設定します。一時的な転送処理の場合は、302リダイレクトを設定してください。

SEOの評価を引き継ぐ?301リダイレクトの重要性

301リダイレクトの重要性301リダイレクトを設定することで、SEOの評価を新しいURLに引き継ぐことができます。

移転前のURLが多くの外部リンクを獲得し、検索エンジンから高い評価を受けている場合、新しいサイトに評価を引き継がないことは大きな損失といえます。
新しいサイトに、旧サイトのSEOの評価を引き継がせる場合は、301リダイレクトの設定を必ず行ってください。

なお、301リダイレクトはページレベルで転送が処理されるため、引き継ぎに時間がかかる場合もあります。

301リダイレクトによるURLの正規化

301リダイレクトによるURLの正規化1つのコンテンツに対して複数のURLが存在する場合、301リダイレクトによってURLを1つに統合しましょう。

検索エンジンのルールに合わせて、正規のURLに統合することを、URLの正規化といいます。

 

 

 

以下では、URLの正規化が必要な例をご紹介します。

  • URL初めに「www.」のあるURLとないURLがあり、両方が正しくアクセスできる場合
  • トップページの拡張子「index.html」があるURLとないURLがあり、両方が正しくアクセスできる場合
  • コンテンツは1つだが、アクセスされるデバイス別に複数のURLが設定されている場合

1つのコンテンツに対して、複数のURLが存在している場合、検索エンジンによるコンテンツの評価は分散してしまいます。URLの正規化により、評価対象となるコンテンツを1つに統合しましょう。

301リダイレクトを設定する際の注意点

サイトリニューアル時に301リダイレクトを設定する際は、以下の点に注意してください。

正しいリダイレクト先を設定する

301リダイレクトを設定した場合は、正しいURLに転送できているか確認しましょう。
間違えて設定すると、Googleから不正なリダイレクトと認識され、ペナルティ対象となってしまう可能性があります。

ページごとに設定する

リダイレクトはページごとの設定が必要です。すべてのページをトップページにリンクさせるのではなく、該当するページごとに設定しましょう。
正しいページに設定されていないと、SEOの評価を引き継ぐことができません。

ペナルティ評価も引き継がれる

301リダイレクトを設定した場合、SEOの評価が引き継がれますが、ペナルティ評価も引き継がれてしまいます。
ペナルティ評価を受けたページは、ペナルティを解決してから、301リダイレクトを設定しましょう。

おわりに

今回は、SEOの評価を引き継げる301リダイレクトについてご紹介しました。
サイトリニューアルの際、古いURLから新しいURLにスムーズに誘導できることはもちろん、SEOの評価も引き継げることから、301リダイレクトの設定は大変重要です。URLを統合することで、評価の分散も防ぐことができます。
間違った301リダイレクトの設定は、ペナルティやインデックスの削除などの原因となるため、十分注意してください。301リダイレクトの設定前に、リンク先を必ず確認して、設定後も動作確認を忘れずに行いましょう。

あなたにピッタリのサーバーが見つかる!レンタルサーバー無料診断

このコラムを見ている方におすすめのレンタルサーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」

CPIサーバー
総合評価
3.5
月額価格 4,400円~
容量 300GB~
サポート 24 時間 365 日専任スタッフによる有人監視
サーバー種類 共有サーバー

【KDDI CPIサーバー】シェアードプラン「SV-Basic」のおすすめポイント

1. webアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準搭載!
2. Google Apps for Workとの連携でビジネス利用に最適。
3. サイトリニューアル時のテスト領域やバックアップ機能を標準搭載。

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー
総合評価
5
月額価格 1,100円~4,400円
容量 300GB~500GB
サポート 安心の自動バックアップ体制!
サーバー種類 共有サーバー

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバーのおすすめポイント

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!
2. 独自SSLが無料・無制限!短期間で証明書発行、さらに自動でインストールまで対応
3. 人気のCMS「WordPress」が手間なく簡単にインストール可能!

キャンペーン情報

期限
2021年8月5日(木)12:00 ~ 2021年9月30日(木)18:00まで
内容

\18周年ありがとうキャンペーン/
対象サービスをご利用中の方、または期間中に新規ご契約される方を対象に 抽選で322名様に豪華賞品をプレゼントいたします。

あわせて

\新規ご契約ありがとうキャンペーン/
キャンペーン期間中に新規でXserverレンタルサーバーを12ヶ月以上でご契約いただきますと、初期費用が無料でご利用いただけます。

※ 2021年7月29日(木)18:00 ~ 2021年8月26日(木)18:00まで

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット さくらのマネージドサーバ
総合評価
4
月額価格 13,200円~
容量 700GB
サポート 申し込み前からサービス利用中まで無料電話サポートあり!
サーバー種類 マネージドサーバー

【さくらインターネット】さくらのマネージドサーバのおすすめポイント

1. サーバー1つを専有できるので他のユーザーの影響を受けず快適で安定したサーバー環境で運用が可能!
2. 専用のサーバーを使いたいが、面倒な管理・運用はまかせたいという方におすすめ。
3. 容量も充実しており、コンテンツを多く扱うホームページには最適。

レンタルサーバー条件検索

キーワード検索
サーバーの種類
月額料金 円 〜
ストレージの種類
ストレージ容量
利用目的
WordPress機能
支払い方法
サポート体制
こだわり条件
レンタルサーバーの選び方
今月のキャンペーン
おすすめレンタルサーバーランキング

【エックスサーバー】XSERVERレンタルサーバー

エックスサーバー

1. 高速性・機能性・安定性の優れた高品質サーバーが月額900円から利用可能!<...

公式サイトを見る

【GMOペパボ】ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

1.簡単インストール機能でたったの1分で設置可能。
2.高速レスポンス...

公式サイトを見る

【GMOインターネット】ConoHa WING

conohawing

1. 国内主要レンタルサーバーと応答速度を比較した結果、圧倒的速さで「No.1」...

公式サイトを見る
無料診断 受付中!
SSL GMOグローバルサインのサイトシール